【2019年最新情報】お盆の新幹線混雑予想ピークは?満席の場合の裏ワザとは?

乗り物

毎年ニュースになるほど、お盆休みの新幹線の混雑はすごいですよね。

でも、やはりお盆には帰省したいものですから、何とかして混雑を避けられる方法を模索したいですよね。

避ける方法を考える前に、混雑予想を調べる必要があるでしょう。

考えられる範囲で予想してみたので、ぜひ参考にしてみてください。

新幹線の混雑予想2019!混雑のピークは?

 

一般的にお盆は、8月13日から8月16日の4日間になります。

やはりお盆には、ご先祖様のお墓参りをしたいものですよね。

今年の休日は、11日が日曜日、12日が振替休日で、長期連休となる会社が多く、かつ大企業では、8月10日から8月18日の10連休なんて羨ましいところもあります。

例年どおり、新幹線が最も混雑するのは、お盆の帰省の8月13日から16日の間の4日間だと予想できます。

2018お盆シーズン到来!混雑する交通機関。

特にお盆の墓参りでふるさとに帰省するため、下りが12日の夕方から13日にピークを迎え、上りは15日の夕方から16日にピークを迎えるだろうということです。

ピーク時は乗車率が150%を超えると予測できます。

新幹線路線別混雑状況は?

MOK_shinkansenhayabusa

東海道新幹線は、乗車率100%越えは当たり前だと思います。

しかし、12日が振替連休のため、下りのピークは例年より、大きく混雑が緩和されるでしょう。

ただし、上りは16日で例年並みの混雑が予想される。

御代替わりの5月に大連休があったことと、11日から休める会社も多く、今年は全体的に混雑は緩和されるでしょう。

ただしなるべく、早くから動かれる方が良いと思います。

お盆の時期の指定席、グリーン席はいつからチケット予約可能?

このような混雑避けるためにはチケットの確保何より重要ですよね。

チケットはいつから予約できる?

新幹線の指定席の予約は1ヶ月前から可能になります。

当然自由席では、1か月前に予約したとしても、座席は確保できません。

8月12日の指定席をとるならば、7月13日ですね。

大体、お盆時の予約は1週間から10日ほどで満席になってしまいます。

指定席の予約方法は?

指定席の予約方法は、主に3種類あります。

①JRの駅の窓口(みどりの窓口)や券売機

②旅行会社のカウンター

③JR各社によるインターネット

新幹線混雑時期の自由席攻略方法!立ちっぱなしになってしまったらどうする?

travel-778338_1280

頑張ったんだけど、指定席もグリーン席も取れなかったと言う場合は、自由席になってしまいますね。

自由席に座りたい場合は、始発の電車時刻の30分前に並ぶのが確実な方法でしょう。

もしくは列が長い場合は、その電車を見送ってなるだけ早い順番で次の電車に乗れるように列に並んでおけば座れると思います。

他にも、各駅停車の新幹線を選ぶ方が座れる確率が高です。

立ちっぱなしなってしまった場合は、スーツケースを持って行っていれば椅子代わりに座れるので、ちょっと便利ですよ。

なかなかグッズを持っていっても、すごい混雑で新幹線の狭い通路では使えないと思うので、座りたいならピーク時を避ける方が良いでしょう。

まとめ

新幹線は指定席のチケットを確保できても、車内が混雑している場合は、自由席に入りきらなかったお客さんがなだれ込んできます。

座っていてもかなり息苦しい状態になりかねないので、そんな状況が嫌な場合はグリーン車を予約して快適な空間を確保することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました