これから出産を迎える人にアドバイス!夫に準備をしてもらうこととは?

スポンサーリンク
妊娠・出産
スポンサーリンク

妊娠出産をはじめて迎える場合、自分自身はもちろんのこと、夫にも様々な準備を整えて貰う必要があります。

男性は特に仕事もあり生活が大きくは変わらないので、一緒に事前準備……例えば育児用品の買い物などをしていても、出産前は父親としての実感が漠然としていることが多いです。

ですから「準備は万全!」と思っていても、実は想像もしてなかったことで苦労した……なんて話もよくあるんですね。

ここではこれから出産を迎える方に向けて、夫に準備してもらうことについてのアドバイスをいくつかしていくので、ぜひチェックしていってくださいね!

スポンサーリンク

【夫の出産準備4選!その1:妻がいなくても生活できるための準備】

よく考えなくてもいつか絶対訪れる出産後の入院期間、これは通常でも4~5日帝王切開などでは最低でも1週間前後は入院することになるんですね。

その間夫は実家が近くにあるなどの場合を除いて基本的に一人で生活することになりますし、もし里帰り出産を計画しているのならこの期間は1~2ヶ月以上にもなります。

その間一人で生活していくための準備を整えてなかったら……大変なことになるのは、想像するまでもないですよね。

 

妊娠初期にお腹がポコポコ鳴る!胎動なの?赤ちゃんの影響は?

 

夫は妻がいない間も家で生活を送ることになるので、一人で生活できるための準備をしておく必要があるんです。

そのためのポイントとしては

・置き場所の把握をしておく
・日用雑貨は買いだめておく
・掃除、洗濯、料理の基本を覚える

などが大切です。

例えば着替えやシャツの置き場所を把握してなく、いつも「取って~」と頼んできているような旦那さんの場合、一人になったら困るのは当然ですよね。

旦那さんが関わる部分、衣服の場所から生活用品の場所、またゴミ袋の場所など、できるだけ家の中を把握しておいてもらいましょう。

日用雑貨は量も多く基本的に妊娠中からお休みの日に合わせて購入していることが多いと思いますが、日頃仕事で疲れている旦那さんにとってはやっぱり買い物も大変です。

事前にちょっとづつ買いだめておき、一人で生活している間はそれを使って生活してもらうくらいが安心だと思います。

掃除や洗濯、またキッチンの基本的な使い方などを把握しておくことも大事で、これをしていなかった場合、里帰り中の1ヶ月分の着替えは全て購入、洗濯物が積み上がっているなんてことも……。

もったいないしその後は大変だしと溜め込んでしまうといいことは何もないので、掃除や洗濯、キッチンの使い方なども事前に教え、出来るように準備してもらいましょう!

【夫の出産準備4選!その2:入院グッズの把握をしておいてもらう】

これは意外と妻自身も気づかない落とし穴なのですが、出産時の入院はとても慌ただしく、本人がしっかり対応できない場合もありえます。

また自宅でいきなり陣痛がはじまってとりあえず自分だけ病院に向かい、重たい入院グッズはあとから旦那さんに持ってきてもらう可能性もあるんですね。

そして妻は病院に到着するとすぐにお産の進行具合のチェックや診察、着替えなどで慌ただしくなり、書類や手続きは旦那さんの役目になることも多いです。

こういうときに「カバンのどこに保険証があるのかわからない」「妻に着替えを持ってきてと言われたけれど、どこにあるのかわからない」と戸惑ってしまう方が多いんですね。

入院グッズは一人で用意してしまう方も多いと思いますがここは夫婦どちらも把握しておいたほうがよく、カバンの中身や保険証の場所など、お互いに把握しておくようにしましょう!

【夫の出産準備4選!その3:出産は大変であることを知り、気持ちの準備をしてもらう】

里帰り出産の場合などもありますが、それでも出産前の陣痛の時間、一緒に乗り越えてもらうことで気持ちが和らぐ方も少なくありません。

立ち会い出産を希望している場合ならなおのこと、事前に出産の知識を得ておき、当日に備えて気持ちの準備をしてもらうことは大切です。

陣痛の痛みが訪れているタイミングでは痛い部分をさする、手を握る、助産師さんの指示に従ってサポートをするなど、一緒に乗り越えてもらえれば本当に嬉しいですよね。

もちろん当日にならないと分からない、経験していないことは分からないことはありますがそれは夫婦どちらも同じ、できるだけ出産時の知識も事前に得ておき、心構えをしておいてもらいましょう!

【夫の出産準備4選!その4:出産後も忙しいことを知ってもらい、気持ちの準備をしてもらう】

これも結構抜けてしまっている方が多いのですが、出産後の出生届の提出や健康保険の加入、乳幼児医療費助成などの申請、児童手当の申請など、手続きが山程あります。

具体的には

・出生届提出
・子どもの健康保険加入
・乳幼児医療費助成申請
・児童手当給付金申請
・出産育児一時金
・出生連絡票提出

などがあり、旦那さんにしてみても日頃の仕事や病院へ顔を出すことに加え、一気にやるべき仕事が増えてしまうんですね。

どれもうっかり忘れていたなどがあっては困る大切な手続きなので、できれば事前にリストアップしておき、いつまでに終らせておくなども相談しておくと安心だと思います!

【まとめ】

出産は夫婦にとっても大きなイベントであり、夫に準備をしてもらうこと、心構えをもってもらうことなどもたくさんあります。

お互いにはじめてで混乱もしてしまいますが、落ち着いてひとつずつ準備し、いざそのときとなった場合に慌てずこなせていけるようにしておきたいところですよね。

またこれを一気に夫に伝え任せようとしても難しく、妻側としても夫のできる準備や役割を知り、準備をしておこうと思ってもらっていることへの感謝の気持ちも大切です。

お互いに思いやり協力しあって新しい家族が増える準備を整えること、これが今後の幸せな家庭にも必ず繋がりますので、決して焦らず感謝の気持ちを持って、準備を進めていきましょう!

よく読まれている記事
妊娠・出産
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました