他人の手料理やおにぎりが食べられない!なぜ?心理は?克服方法は?


世の中には、他人の手料理を口にできない人がいます。意外とその数は多く、特に日本では素手で握るおにぎりが、そう言った人たちの天敵の筆頭として知られています。

あなたのまわりにもそういった人がいませんか?自分が大丈夫な場合、どういう心理なのか理解しにくいことでしょう。

スポンサーリンク

他人がつくった手料理やおにぎりが食べられない人の心理とは?病気なの?

他人が作った手料理やおにぎりが食べられない人の心理として、潔癖症な人ももちろんいますが、多くの場合は、子供の時のトラウマやそれまでの環境などが考えられるそうです。

ですが、現代人には、手料理が苦手な人や潔癖症のような考え方をする人が多いと思います。日本は特にそうですが、町もとてもきれいです。ゴミが落ちていることもなく、下水のにおいがすることもないでしょう。

コンビニに並ぶ工場で作られた料理も見慣れています。スーパーに売られている野菜や果物には、泥や虫はついておらず、枝や葉すらもないですよね。お肉は血だまりがあることなく、きれいな状態でパック詰めになっています。

家にいても、ゴキブリやネズミ、ハエがいることが少ないですよね。50年前であれば、まだ汚れやほこり、虫、泥などが身近でしたが、現在は疎遠になったものばかりなので、虫が苦手な人や土いじりが苦手な人も多いですよね。

そんな環境が身近となった日本人にとって、手料理は不衛生だと思うのも無理はありません。きちんと管理、洗浄されているか分からない状態は危険です。どんな菌があるか分からないから、避けたくなるものです。

潔癖症子ちゃんの悩みと日常生活-1 おにぎりが食べられない?!




他人がつくった手料理が食べられない人は外食はできないの?

ただ、多くの場合、他人が作ったことには変わりなくても、レストランやコンビニ、市販のお菓子や手作りであってもお店のお団子やおにぎりは大丈夫だと言う人が多いです。そこには、きちんと衛生管理がなされている安心感があるからです。

友達や他人が家で作った料理は、管理が不十分な場合もあるので、信用が置けないために食べられないのです。

ただ、お店であっても、とても古く、衛生管理が行き届いていないと思った場合は、食べられなくなることもあります。

一番多いのが、屋台です。屋台は外で調理する上、料理になにもかぶせず、そのまま放置されている場合があります。そういった状態を見て、食べらなくなります。

【除菌】潔癖症だけど質問ある?【殺菌】


他人の手料理を食べられない人はどうやったら克服できるの?治療方法は?


他人の手料理が食べらない状態では、結婚した時にとても困ります。相手が作ったものを口にできず、結婚相手のお母さんが作った料理も口にできないのは気まずいですよね。

しかし、こういった場合でも、多くの人は、自分の家族が作ったものは食べられる場合が多いんです。それは相手がどのように管理して、どこでどのように調理しているのか知っているから安心できているからです。

そのため、不特定の人の手料理を食べられるようになるのは難しくても、特定の人の手料理を食べられるようになるのに、特別なことは必要ありません。その人がどのように料理をしており、どんな場所で作っているのかを知り、さらにその人自身をよく知れば自然と平気になります。

もっと荒療治がしたければ、中国や台湾、フィリピン、香港などの近場の国に1か月でも暮らしてみるといいですよ。不衛生な環境に慣れれば、自然と気にならなくなります。

他人の手料理を食べられない人が恋人になった!どうやって接するべき?


他人の料理を食べられない人が恋人になった場合が一番、困りますよね。恋人といっしょに料理を食べたいと思うのが自然です。いっしょに暮らそうと思うのであればなおのこと克服してほしいものでしょう。

相手として、無理に食べさせない方がいいでしょう。最初は、いっしょに料理をしてみるといいでしょう。相手の家でいっしょに料理をしてみると、意外と相手も大丈夫だと思います。それを何度か行えば、相手があなたに慣れてくれることでしょう。

そうなれば、相手のキッチンであなたが一人で料理をしても大丈夫だと思います。ただ、自分の家のキッチンであなただけで作るものを食べられるようになるには時間がかかるかもしれません。そこは、時間をかけて少しずつ自分が清潔に保っていることを知ってもらうことから始めないといけません。

衛生面がきちんとしていると分かれば、相手は安心してあなたの料理を食べられるようになると思いますよ。

【最後に】


潔癖症とまではいかなくても、友達や他の家の親が作った料理が食べられないと言う人は現代人には多いものです。普段から、清潔感のある環境に慣れてしまっている私たちは手料理ではなくても、温泉やホテルのベッド、公共交通機関のシートでも不潔に感じてしまう場合があります。

治すには、一度、日本を出てしまうのが手っ取り早いですよ。日本がいかにきれいな国であるのか、痛感すると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です