病気平癒のお守り・御利益が有名な東北のお寺・神社3選!お参り・ご祈祷のお作法は?

スポンサーリンク
お寺・神社・教会
スポンサーリンク

自分や大切な人が病気になった時に、「病気が治りますように」と願いを込めてお守りを手に取る、または御祈祷を受けるということは多いと思います。

病気平癒」という言葉をお守りで見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?健康祈願のお守りもありますが、病気平癒と何か違いはあるのでしょうか?

そこで東北で病気平癒の御利益があるお寺神社を探している方に、病気平癒の意味、お参りの仕方をはじめ、病気平癒で有名な東北のお寺や神社を3カ所(毛越寺、仙台東照宮、中野不動尊)ご紹介します!

スポンサーリンク

病気平癒ってそもそもどんな意味?お参りの作法は?

病気平癒(へいゆ)とは?

病気平癒とは、治療中の病気が完治して回復すること事をいいます。

神様にただ「治して下さい!」と丸投げするのではなく、ご本人が神様から背中を押していただき、良い状況を引きつけやすくしてくれるのです。

とても心強いですね?

また、病気平癒はどんな病気に対しても回復することを願います。

病気平癒以外にも健康祈願など色々な種類のお守りがありますが、迷ってしまう時は、あなたの希望で選ぶといいですよ?

今の病気がとにかく治って欲しい!という強い思いなら、病気平癒を選びましょう!

002

お参りの作法

神社へ祈祷しに行くことはあまりありませんので、正式な作法を知らないという方は多いと思います。

お願いごとをするのに、神様に無礼があってはいけませんよね?

お参りの仕方をまとめてみました。覚えておくと良いですよ?

神社編

一礼してから鳥居をくぐり、左右どちらかに寄って進みます(参道の中央は神様の通り道なので)。

手水舎で手水をとりお清めをして、本殿で拝礼をします。
※参拝者が手水でお清めをする施設を手水舎(ちょうずや、てみずや)と言います。

≪手水のしかた≫
1.ひしゃくを右手で持って、水をくみ左手にかけます。
2.ひしゃくを持ちかえて、右手に水をかけます。
3.再びひしゃくを右手に持ちかえ、左の手のひらに水をため、その水で口をすすぎ、左手に水を流します。(この時にひしゃくに直接口をつけない様にして下さいね。
4.最後にひしゃくを立て、自分がさわった柄の部分に水をかけて洗い流し、元の位置に戻します。

≪拝礼の仕方≫
おさいせん箱の前に立ち会釈をして、おさいせんを入れ、二礼二拍手一礼で拝礼します。

≪二礼二拍手一礼の仕方≫
1.深いお辞儀を(二回)繰り返す。
2.両手を胸の高さで合わせ、右手を少し下にずらし、拍手を(2回)する。
3.両手をずらさず合わせてお祈りする。
4.両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀をする。

お寺編

1.門の前で浅いお辞儀をする。
2.神社と同じように手水をする。
3.お線香をあげる。
4.浅いお辞儀をし、おさいせんを入れて鈴を鳴らす。
5.胸の前で手を合わせお祈りする。(拍手は打たないで下さいね。
6.最後に浅いお辞儀をする。

手水の作法

ご祈祷の作法

服装は特に決まりはありませんが、肌の露出の多い服はちょっと神様に対して失礼ですよね?

スーツ等のフォーマルな服装が無難ですよ?

祈祷を受ける前は必ず手水をします。

ご祈祷料は一般のお祝い用のちょうちょ結びののし袋を使い、表には「御初穂料」、「御玉串料」、「御礼」などと記入します。

お守りは持ち歩きましょう!

お守りはあれもこれもではパワーが分散してしまうそうなので、今の自分に本当に必要なものだけを持つようにしましょう。

たくさんのお守りを一緒に持つと神様がケンカをすると聞いたことがありますが、それは大丈夫です!でも神様は喧嘩は怖そうですよね?

お守りはかばんや財布など、いつも持ち歩くものにつけるのが一番効果的です。

家に置く場合はしまい込まず、なるべく高く目につく場所に置きます。

また、お守りの御利益は1年です。

古いものは頂いた神社などにお返ししましょう。

また、お守りは人からもらった物の方が、その人の願いが込められている分、効果がアップするので、人が買ったお守りも効果はあります!

お守りをネットで買うことに、迷う方もいますよね?でも安心してください!

行かないからといってお守りの効果が薄くなるということはないです。

お守りに願いをこめる気持ちは一緒なのですから!

今回は病気平癒で有名な東北のお寺や神社を3カ所(毛越寺、仙台東照宮、中野不動尊平山)をご紹介します。

全国から病気平癒に訪れる方がいる神社もあります。

是非参考にしてみて下さいね!

病気平癒で有名な東北のお寺・神社3選:その1.毛越寺

岩手県の毛越寺(もおつうじ)は、2011年(平成23年)6月26日、「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の構成資産の一つとして世界遺産に登録され、初詣である「元朝参り」も一層賑わいを増しています。

毛越寺では開山にまつわる伝説にある白髪の老人の姿で現れたとされる「薬師如来(やくしにょらい)」が、ご本尊として安置されています。

薬師如来は、左手に持つ壺の中に、あらゆる病を治してしまう霊薬が入っているとされていて、そのご利益は身体の病のみならず、心の病社会の病とすべて治してくれると言われています。

毛越寺は、身体健康・延命長寿・交通安全・厄除・家内安全・商売繁盛にご利益があると言われています。

祈祷時間:拝観時間/午前8時30分〜午後5時
※11月5日~3月4日は午前8時30分~午後4時30分

拝観料:大人500円、高校生300円、小中学生100円

初穂料:公表されておりません。

■岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58

毛越寺

車:一関ICから約15分 平泉・前沢ICから約10分
公共交通機関:平泉駅より毛越寺まで0.7km(徒歩7分、車3分)

駐車場:町営毛越寺駐車場を利用。時間 8:30〜17:00。年中無休。台数 330台。
料金 大型車 750円、マイクロ 600円、普通車 300円、自動二輪 50円

天台宗 別格本山 毛越寺

天台宗 別格本山 毛越寺
岩手県平泉、天台宗別格本山毛越寺は、国の特別史跡、特別名勝に二重指定された、平安時代の優美な浄土庭園に境内の四季折々の花が彩る観光地です。

病気平癒で有名な東北のお寺神社3選:その2.仙台東照宮

東照宮は、徳川家康公を御祭神としてお祭りしている神社です。

将軍家によって創建された日光や久能山の東照宮を始め、御三家や各藩主によって全国各地に創建されました。

仙台市にある仙台東照宮(せんだいとうしょうぐう)は、1654年に徳川家康公をお祀りしたいということで、3代将軍徳川家光公に許しを請い伊達忠宗が創建しました。

家康公は薬師如来の生まれ変わりといわれ、病気平癒の御神徳があります。

国の重要文化財に指定され、毎年八万人近くもの参拝者が訪れています。

仙台東照宮は、病気平癒・開運厄除・家内安全・学業成就・商売繁盛などのご利益があると言われています。

祈祷時間:午前9時~午後4時30分 社務所祈祷受付にて(予約不要)
参拝は終日可能です

初穂料:5千円以上

■宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1

仙台東照宮

電車:JR仙山線「東照宮駅」下車すぐ
バス:仙台駅前17・19番乗車「東照宮1丁目」下車すぐ
車:東北自動車道「仙台・宮城IC」下車20分

駐車場:無料駐車場100台、大型バス駐車可能(要予約)、8:00~17:00

仙台東照宮-神社|宮城県仙台市にある国指定重要文化財 公式ホームページ

仙台東照宮 – 神社|宮城県仙台市にある国指定重要文化財
仙台東照宮(せんだいとうしょうぐう)は仙台藩二代藩主伊達忠宗公によって1654年に創建された、宮城県仙台市青葉区東照宮にある神社です。本殿以下4棟が国の重要文化財に指定されております。東照宮の祭礼は仙台祭と呼ばれ、仙台城下町最大の祭として江戸時代大変栄えました。

病気平癒で有名な東北のお寺神社3選:その3.中野不動尊

福島県の中野不動尊(なかのふどうそん)には日本三大不動尊の3つの不動明王(厄除不動明王、眼守不動明王、三ケ月不動明王)が祀られていることで有名です。

中野のお不動様」と親しまれ多くの人が参拝してきたパワースポットで、初詣の時期には多くの人が県内外から訪れ、参拝者数は福島県内でもトップクラスです。

厄払いをはじめとする様々なご利益があり、病気平癒の「六三除け」でも有名です。

六三除けとは「人の生命を害する六根の妄執と三毒とを取り除くこと」で中野不動尊が発祥の地とされており、中野不動尊の歳祭りは別名「六三祭り」と言われています。

中野不動尊は、心願成就、六三除け、病気平癒、身体堅固、厄落としなどのご利益があると言われています。

祈祷時間(受付):午前8時30分〜午後4時30分

※冬期間の10月〜12月は午後3時30分までとなります。
※総受所にて申込み。予約不要。
※「祈祷申込用紙」を印刷し記入の上で持参可能

祈祷申込書

ご祈祷・お守り | 中野不動尊

祈祷料:五千円以上

■福島県福島市飯坂町中野字堰坂28

中野不動尊

タクシー:福島駅より約25分
電車:福島交通飯坂線で約25分 終点「飯坂温泉駅」で下車後、タクシーで約10分
車:東北自動車道「福島飯坂インター」を降り山形方面へ約10分。東北自動車道「福島大笹生インターチェンジ」を降り約5分(IC出口を右折し、2つ目の信号を左折)。

駐車場:第1駐車場から第5駐車場、無料

中野不動尊【公式サイト】

中野不動尊【公式サイト】|福島県福島市 厄除け難除けの日本三不動
福島県福島市にある日本三不動のひとつに数えられるお寺です。厄払い・ご祈祷ほか、初詣・お参り・七五三・観光など。スペシャルコンテンツ「境内散策」にて、美しい境内写真と共に音声ガイドをお楽しみ頂けます。

〈参考〉ご本尊さまが、薬師如来様の神社は昔から病気平癒のご利益があると言われています。

薬に関係していることが名前からわかりますよね?

病気平癒ガン封じ祈祷と水子供養のお寺「せんき薬師」

まとめ

病気平癒とは、治療中の病気が完治して回復すること事を言い、癌だけではなく、どんな病気に対しても回復することを願います。

お参りの作法は、手水で身を清めてから、二礼二拍手一礼で拝礼します。

お守りはネットで購入したものや人に買ってもらったものでも効果があり、いつも身につけていた方がご利益があります。

東北で有名な病気平癒のお寺や神社は、毛越寺、仙台東照宮、中野不動尊です。

以上、ご参考にしていただけたら、うれしいです。

神様・仏様に願いが届きますように!

して、あなたの大切な方にどうかご利益がありますように!!

よく読まれている記事
お寺・神社・教会
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました