明治神宮で七五三参拝2019!祈祷や参拝混雑回避ワザとは?

11月のお祭り

子供の成長を祝う「七五三」の行事

秋を迎えると、各地の神社で七五三姿のご家族を見かけますよね。

東京にもたくさんの神社がありますが、その中でも人気なのは「明治神宮」

同じように、七五三は明治神宮で、と考えているご家庭も多いと思います。

しかし、人気の明治神宮では、七五三の時期も混雑必死!

そこで今回は、七五三の参拝を明治神宮でお考えの方へ、祈祷や参拝の混雑回避ワザをご紹介します。

東京で七五三詣でいえば「明治神宮」!なぜ人気なの?

東京では、七五三といえば「明治神宮での参拝」という、代々受け継いでいる家庭も多くあります。

人気の秘密は、その有名さと、ロケーションにもあるようですが、七五三プランが用意されていることも人気の秘訣!

明治神宮とは?

初詣では日本一の参拝者数を誇る明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祀っています。

明治時代より長い歴史があり、東京都内にあるにも関わらず、70万平方メートルもの広大な敷地が広がっています。

アクセスと駐車場の情報

渋谷区代々木の地に鎮座しているため、電車での交通アクセスや、首都高速からのアクセスも便利です。

住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

明治神宮

公共交通機関:
新宿からは小田急小田原線 新宿駅→小田急小田原線→参宮橋駅→徒歩→明治神宮
池袋からはJR山手線内回り 池袋駅→JR山手線内回り→原宿駅→徒歩→明治神宮
東京からはJR中央線・JR山手線内回り →原宿駅→徒歩→明治神宮
渋谷からはJR山手線外回り →原宿駅→徒歩→明治神宮

車:首都高速4号新宿線代々木ICより約5分

駐車場:有り

七五三詣プラン

明治神宮では、七五三詣プラン(レンタル衣装、着付け、祈願など)が用意されています。

当然、通常の七五三参りも受け付けていますのでご安心を。

令和元年 明治神宮 七五三詣レンタル衣裳プラン

料金:29,500円~132,500円

まず、8月・9月に行われる予約会に参加しなければなりませんが、お参り当日ほぼ手ぶらで行けることは助かりますね!

予約会受付時間: 11:00~16:00(8月・9月)
衣裳予約会(8/26まで) ・・・会場:客殿
衣裳予約会(8/31以降) ・・・会場:神宮会館 神宮研修所

予約会当日のスケジュール
ご参拝日をご参拝スケジュール(10月・11月)よりお選び下さい
※「ご参拝スケジュール」より日程をお選びの上、ご来社ください。
衣裳のお見立て、記念撮影のご相談、ご参拝日当日のご案内を行います。

※ご参拝スケジュールでは、ほとんど土曜日・日曜日のため、当然ですが本プランのほうが一般祈祷者に比べ優遇されています。

七五三詣プラン窓口:電話受付時間 10:00~17:00 TEL. 03-3320-6404
また、写真や食事もセットで申し込んだ方には、本殿に近い駐車場が用意されているところも嬉しいですね(≧∀≦)

写真館での撮影も、きれいで素敵な写真を残してくれそうです♪

明治神宮 七五三詣 公式HP:

明治神宮 七五三詣
東京の真ん中、緑豊かな明治神宮で執り行なう七五三詣。お子様の衣裳・記念撮影・お食事等で、お子様の健やかな成長を神様に感謝しお祈りしましょう。

明治神宮の七五三参拝 混雑する時期はいつ?混雑を避けるには?

2

明治神宮で人気の七五三参拝は、できれば混雑を避けて行きたいですね。

明治神宮の七五三参拝は、10月15日~11月末日の土日祝となっています。

この中でも、混雑する時期七五三詣プランの予約方法をご紹介します。

混雑する時期とそうでない時期は?

混雑する日は、11月の土日、特に大安吉日

2019年に最も混雑する日は、11月4日(月・祝)大安、11月10日(日)大安、11月16日(土)大安です。

逆に、混雑を避けられる時期は、10月の土日吉日以外、例えば仏滅です。

2019年11月15日(金)は、七五三の日ですが、「七五三詣プラン」をご利用のお客様は、参拝できません。

ちなみに今年の「七五三」の六曜、混み具合予想はこちらのサイト(七五三ドッとコム)を参考になさってください。

2019年(平成31年・令和元年)七五三いつ? お日柄がいい日、混み合う日、七五三の日|七五三ドッとコム
2019年の七五三の日程について。11月15日の七五三の日を中心に、周辺の土日祝日がお参りやお祝いのピークとなります。10・11月の休祝日、大安などの六曜カレンダーで2019年のお祝い候補の日程などをお伝えします

個人参拝の予約方法

七五三詣プランに申し込みする以外では、予約は不要です。

参拝当日、明治神宮内の神楽殿正面受付で申し込みをすればOK。

初穂料もこの時に渡します。

明治神宮は広大な敷地のため、七五三参拝で人が集まっていても、そこまでの混雑にはならないようです。

特に、30分間隔で祈祷を行っていることも、混雑回避の理由になっているようですよ。

301 Moved Permanently

祈祷のお作法、初穂料の相場は?のしの書き方は?

3

さて、明治神宮で七五三の参拝を決めたら、初穂料にいくら包むか考えておきたいところです。

とくに、兄弟姉妹で同時参拝場合は、どうしたら良いのでしょうか。

ここでは初穂料の相場とのし袋の書き方をご紹介します。

初穂料の相場:5千円、1万円、3万円

1万円以上の初穂料を出すと、お札に名前を入れて下さいます。

兄弟姉妹で同時参拝の場合は、1つののし袋に初穂料を2人分入れ、連名で名前を書いておけばOKです。

もちろん1人ずつ納めても問題ありません。

のしの書き方は、表書き:「御初穂料」、水引の下に子供の名前を記入します。
※のし袋は慶事用、「赤と白」や「金と銀」などを使用しましょう。

内袋の書き方としては、

表書き:包む金額(壱・弐・参などの大字を用いること)

裏書き:住所、子供の名前

初穂料には多くの方が5千円としているそうです。

しかし、せっかくならお札に名前を入れて貰うのも良いですし、初穂料を抑えて、写真費用に回したりしても良いですね。

明治神宮で七五三の記念写真はどこがベスト?人気のフォトスポット3選

七五三参拝で忘れてはいけないのが記念写真ですね!

一生に一度、その時にしか写せない我が子の成長と、その着飾った姿は成長の記録として残しておきたいもの。

そこで、明治神宮で人気の写真スポットを調べてみました!

人気のフォトスポット3選

拝殿前

もちろん不動の人気を誇るスポットは拝殿前!ここで取り忘れてしまうことはないと思いますが、必ず撮っておきたいスポットでもあります。

鳥居前

鳥居前は、七五三参拝に限らず明治神宮の人気フォトスポット

鳥居の前でしゃんとおすましして一人で、家族全員で写しても良いですね。

参道

七五三参拝へ向かう道すがら、慣れない着物を着て歩く姿を写すことも忘れてはいけません!

歩く姿を、前からだけではなく、後ろからも撮ってあげて下さいね

土日祝日の参拝となれば、それなりの人出は覚悟しておくべきだと思いますが、七五三参拝で写真を撮っていれば、周りの方も順々に撮影をしてくれるので、フォトスポットでの混雑はそこまで気にしなくても問題なさそうです。

とびきり可愛い写真を撮れるように、パパにも練習してもらいましょうね!

まとめ

4

七五三で混雑する時期は、11月の土日・特に吉日!

混雑を避けられる時期は、10月の土日や吉日以外!

明治神宮には、七五三詣プランも!

予約不要ですが、可愛い着物から無くなっていってしまうので、早めに衣装予約会へ参加するようにしましょう!

七五三参拝は、一生の記念になる大切な儀式。

人気の明治神宮でお参りするなら、混雑を回避して、時間をかけずにお参りをしてしまいましょう♪

もちろん、人気のフォトスポットで写真を撮ることも忘れないで下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました