世界遺産中尊寺で初詣2019!大晦日・元旦の混雑状況は?駐車場・交通規制は?


中尊寺」は平泉観光の目玉であり、藤原氏の富の象徴ともいえる豪華絢爛な「金色堂」があることで知られています。源義経と弁慶の終焉の地として木像が安置されているお堂「弁慶堂」など、たくさんのお堂があります。

全国的にも珍しい目の神様がいるという事で、「め」と書かれた絵馬や旗、お守りも素敵です。全体がパワースポットと言われる中尊寺は初詣には持って来いです。そこで今回は中尊寺のパワーと初詣について調べてみました

スポンサーリンク

世界遺産平泉中尊寺に初詣に行こう!中尊寺とはどんなお寺?


中尊寺は岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院で、この山全体の総称です。本寺である「中尊寺」と山内の17院の支院で構成されています

平安時代に慈覚大師によって開かれたことに始まり、その後奥州藤原氏により多くの堂塔が造営されました。奥州藤原氏滅亡後、仏堂の多くが失われましたが、金色堂、経蔵、金色堂覆堂など6件の国宝・重要文化財建造物のほか、全盛期の遺跡が良好な状態で保存されています。

平成23(2011)年6月に「重厚に金箔を押した中尊寺金色堂は、12世紀から残る唯一のものであり、奥州藤原氏の巨大な富を反映している。」とし、世界文化遺産に登録されました。

釈迦如来を安置した本堂には、比叡山延暦寺より分灯された不滅の法灯が燃え続けています。「五月雨の降り残してや光堂」と芭蕉が詠んだまばゆいばかりの金色堂では副葬品の多くが重要文化財に指定されています。

おすすめスポットの紹介

月見坂

国道4号線から、中尊寺坂下へと進んで行くと、「月見坂(つきみざか)」と呼ばれる坂の入り口にたどり着きます。月見坂は「厄除け、除災、浄化」のパワーを授かるスポットと言われています。

道の両脇には樹齢300年以上の老杉が邪気を浄化してくれます。月見坂から本堂へ時間をかけながらゆっくり歩く事によって、障害を打ち砕く強いパワーを授かると言われています。

金色堂

特に強くパワーを授かれるのが「金色堂」。その名の通り堂の内側も外側も金箔が貼られている金色の阿弥陀堂です。須弥壇(しゅみだん)の下の棺には清衡、2代基衡、3代秀衡のミイラと、4代泰衡の首が安置されています。

非常に強い「金」の気があふれている場所と言われ金運があがるだけでなく「金に関する悪運」までも浄化してもらえるそうです。

中尊寺の概要

場所  岩手県西磐井郡平泉町 平泉衣関202

料金   有料拝観エリア
大人800円・高校生500円・中学生300円・小学生200円
※有料エリア以外の境内参拝は無料
※1月1日 0:00~6:00は無料

ご利益  商売繁盛、交通安全 、家内安全、縁結び、学業成就等

宗派・ご本尊  天台宗/釈迦如来

初詣行事  修正会 2018年1月1~8日
※山内の諸堂において五穀豊穣を祈願する


中尊寺の初詣、何時から参拝可能?


大晦日は新年の五穀豊穣・世界平和を祈願する護摩供、不動堂では新春祈祷を行います。

拝観時間12月31日 8:30~15:00
1月1日 0:00~6:00・8:00~17:00
1月2日以降 8:30~16:30

金色堂参拝12月31日 8:30~15:00通常拝観
元旦0時より6時まで無料拝観
※8時より通常拝観となります。

福銭: 開運招福の福銭を10,000名が授与。

中尊寺の大晦日・元旦・三が日の混雑状況は?混雑を避けるには?


中尊寺には毎年11万人が参拝に訪れます。元旦と2日は終日混雑していて中尊寺の駐車場は観光バスやマイカーで満車になり、道路は中尊寺に向かう人たちで混雑しています。

2日までに参拝したいと考えている人は、混雑覚悟でお出かけください。長い時間外にいることになるので、防寒対策をしっかりして行きましょう。



いわて雪まつりの楽しみ方ガイド!服装の正解は?コンテストは?



3日以降は混雑が落ち着いてきます。
小さなお子様連れでのお参りは4日以降にした方が間違いありません。

中尊寺への初詣、アクセスは?駐車場はあるの?交通規制は?


臨時列車は毎年運行していますが、シャトルバスや交通規制については情報がありません。お出かけの前に公式HPや公式フェイスブックにて情報を確認しましょう。

中尊寺HP

関山 中尊寺
岩手県平泉町。天台宗の東北大本山、中尊寺のホームページ。2011年6月世界文化遺産登録。金色堂はじめ3000余点の国宝・重要文化財を伝える東日本随一の平安仏教美術の宝庫。


中尊寺フェイスブック


アクセス

公共:JR平泉駅→岩手県交通バスイオン前沢店行きで4分

バス停:中尊寺下車、徒歩すぐ

:東北道平泉前沢ICから国道4号を平泉方面へ車で4km15分

駐車場

第1駐車場

月見坂の入り口になります。
月見坂を登って行くと、中尊寺の本堂や金色堂があります。
台数 148台
料金 自動二輪車50円 普通乗用車400円 マイクロバス800円大型車950円

第2駐車場

中尊寺の月見坂入口から、徒歩3分程の場所にあります。
(平泉文化史館の向かい側)
台数 322台
料金 自動二輪車50円 普通乗用車400円 マイクロバス800円大型車950円

坂の上駐車場

坂の上駐車場は、中尊寺の第1駐車場の道を約600メートルほど登った右側にあります。中尊寺本堂、金色堂、不動堂の近くに駐車することができます。
台数 180台
料金 自動二輪車50円、普通車500円

毛越寺駐車場

駐車場から「中尊寺」までは徒歩32分です。「中尊寺」だけではなく「毛越寺」への観光を検討している方に最適な駐車場です。
台数 330台
料金 1回300円

臨時駐車場(平泉字伽羅楽)

中尊寺から臨時駐車場へのアクセスは、徒歩で約20分ほどです。
台数150台
料金 無料

中尊寺のすべてがパワースポットです!


中尊寺は周辺を散策することによって人間関係運向上のパワーを授かることができるとも言われています。時間があれば敷地内を散策して文化財に触れてみてくださいね。

参道の一部は坂道で結構な勾配です。降雪・凍結している可能性もあるので転びにくい履物がおすすめです。暖かい服装でパワーをため込んできてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です