忘年会に欠席したい!断り方ガイド!【上司・取引先】などスマートなお断り文句集!

仕事・就職・転職

会社の忘年会、また「取引先やお客様から忘年会に誘われた」などなど、年末は忘年会のお誘いが必ずありますよね。

……でも、誰もが忘年会を楽しみにしているわけではありません。

「ああいう飲みの席が苦手」「嫌な人・嫌いな人がいる」そんな気分的な理由もありますし、

もちろん「その日はどうしても都合が悪い」「子どもがいるから行けない」などなど、どうしても無理な理由 もあります。

とはいえ、誘われるとなかなか断るのも勇気がいるんですよね。

また、相手を不愉快にさせて今後の仕事に影響が……なんてことになったらもちろん困ります。

「断るにしてもカドが立たないように断りたい」、そう思って当然なのです。

どうすればスマートに断ることが出来るのか、また断るときは直接会って伝えるほうがいいのか。

今回は、そんな忘年会などに誘われた場合の「断り文句」や方法をまとめています。

どう断ろうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしていただければと思います!

忘年会の季節がやってきて憂鬱。スマートに断る方法とは?

01

理由がある場合はまだ良いのですが、ただ「飲みの席が苦手」「お酒が飲めないから行きたくない」などの場合はどう断ろうか、また自分が妥協するべきなのかなどと悩みますよね。

会社によっては「基本的に強制参加」というところもありますし、そういう会社なら簡単に断ることも出来ません。

しかし実際、どうしても都合が悪い場合だってあるはずです。

そう考えると「忘年会を断るのは絶対にダメ」なんてことはないでしょう。

そもそも飲みの席が苦手な人間を無理矢理参加させたって、お互いに楽しいことは何もないのです。

苦手な場所を耐える苦痛、明らかに楽しんでないと分かる人間がいる不満。
どちらも良いことなんて何一つないですよね。

断る場合、ツールは基本的に相手と連絡がきちんと取れればそこまで気にしなくても大丈夫です。

でも例えば、「会社の上司から誘われて、毎日顔を合わせているのに表情には出さずメールだけで返事をしてきた」これはちょっと印象が良くないですよね。

毎日顔を合わせていて直接伝えられるのであれば、やっぱり直接伝えたほうが誠意も伝わると思います。

こういった基本は押さえた上で、電話やメール、LINE、もしくは直接お返事するかは相手と状況に合わせて考えても良いと思います。

普段から顔を合わせているならやっぱり直接、取引先などで普段は電話やメールで連絡をやり取りしている場合は同じツールでもありでしょう。

LINEで誘われたお返事は、やはりLINEでも問題ないと思います。

ツールよりも大事なのは、「低姿勢で謝る」というスタイルです。

「せっかくお誘いいただいたのに申し訳ない」というスタイルは、例え本音としては「忘年会自体が嫌」という状態でも作っておきましょう。

誰だって誘った相手から「そんなところに行きたくない」と返されれば気分が悪いものです。

「行きたいけれど都合が合わない」「誘ってくれたのに心苦しい」と言った態度があれば、自然と「都合が悪いなら仕方がない」と思ってくれることも多くなります。

これからの付き合いのためにも、ここは相手の顔を立てる場面です。

一度断って通ればそれで終わりますので、もし嫌な場合でもぐっと我慢して、大人な対応を心がけていきましょう!

会社・上司向け:忘年会のスマートな断り方とは?使える理由とは?

02

会社や上司から誘われた場合、「もちろん来るだろう」という顔をされることも多くあるので断るのがつらいですよね。

日頃からお互いをよく知っているので、断るのも適当な理由ではすぐにバレてしまいます。

断り文句としては「どうしようもないもの」「踏み込めないもの」を持ってくるとスマートに断れます。

「子ども(親)のお世話があるので、夜は長時間家を空けられません。申し訳ございませんが、忘年会は欠席させていただきます」
(子どもなどがいる場合)

「どうしても体調が悪いので、申し訳ございませんが本日の忘年会は欠席させていただきます」
(当日もしくは前日の場合)

よくある「身内の不幸」などの「冠婚葬祭」はスマートに断れる文句としては定番ですが、繰り返すとすぐにバレてしまう諸刃の剣でもあります。

一度きりならスマートに断ることも出来ますので、使い場所はしっかり考えておきましょう。

また会社の風潮などにもよると思いますが、思い切ってばっさりと「そういう場が苦手なので行きません」 と言い切ってしまうのも、次の年から誘われなくても済む方法ではあります。

どうしても言い出せない雰囲気の会社もあると思いますが、「あいつは誘っても来ない」と思ってもらえればそれから先が随分楽にもなるので、通せそうならぜひ考えてみてくださいね。

もしメールで断る場合は、以下の文章を参考にしていただくのも1つの手段だと思います。

「忘年会についてですが、当日○○の仕事の関係で現場に向かうことになりましたので、申し訳ございませんが欠席させていただきます」

「○○日ですが、妻が先に予定を入れておりまして、子どもの面倒をみなければなりません。申し訳ございませんが、忘年会は欠席させていただきます」

など、「低姿勢」「ダメな理由をしっかり書く」を心がけて文章をまとめましょう!

取引先・客先向け:忘年会のスマートな断り方とは?使える理由とは?

04

毎日顔を合わせる社内の人間と違い、顔を合わせる機会が限られているので断るのも気分的には楽になりますね。

もちろん断り方は気をつけて相手に失礼のないように、今後悪影響が出ないように低姿勢で断りましょう。

外部の方なので、出来れば当日突然キャンセルするのは避けたいところです。

断るなら事前に、相手を立てて断りましょう。

直接会う機会があるなら直接、なかなか会わない場合は会場の都合もありますので早めにメールなどでお返ししたほうが安心です。

「先日は忘年会のお誘いをありがとうございました。申し訳ございませんがその日は都合が悪く、心苦しくはありますが参加は辞退させていただきます。また機会がありましたら、ぜひお声をかけていただければ幸いです」

メールなどで送る場合も、このような文章で問題ないと思います。

「本当に申し訳ない、タイミングが合えばぜひ参加したい」といった雰囲気で伝えることが出来れば「本当は行きたかった」とも受け取ってもらえ、気持よく流してもらえることも期待出来ますね。

ママ友など近所のコミュニティ向け:忘年会のスマートな断り方とは?使える理由とは?

03

最後に、ママ友などのご近所さんに忘年会に誘われた場合の断り文句です。

ママ友の場合、「子どもを見てもらえる人が見つからなかった」という理由でも大丈夫でしょう。

一番危ないのは、適当な嘘をついてそれがすぐにバレるパターンです。

行きたくないというだけで「その日は都合が悪いから」と断ってしまってから、実際は夫も休みで家でのんびり過ごしていてそれを見られた、となると今後の付き合いも危ないですよね。

実際急な休みなどもありますので、それだけを見て一方的に「嘘をつかれた!」などと言われるほうが困るのですが……そうは言ってられないのがご近所付き合いでもあります。

「子どもの急病で」など子どもを理由にするのも危険です。

後から子ども同士の会話などでバレる可能性がありますよね。

子どもにまで嘘をつくように言い含めるのはちょっとやりたくない方法です。

気軽な付き合いに見えて、一番断りにくいのがご近所さんの忘年会なんですよね。

「実家の都合があって、その日は実家に行かなければならない」 というのはどうでしょう?

もちろんその日はある程度の時間まで外出する必要もありますし、実家の都合が良ければ実際に遊びに行くのも良いと思います。

とはいえこれも、実家が近所だったりすると使えないわけで……難しいですよね。

「出かける用事があって、何時に帰ることが出来るか分かりません。もし行けなかった場合申し訳ないので、忘年会は欠席させてください」 このくらいが一番お互いに不満を持つこともなく、スマートかもしれません。

もちろん出かける必要はありますし、あまりに早い時間の帰宅はやっぱり疑われる原因にもなる……と、当日も気を遣う必要は出てしまいますね。

断り方は、相手に合わせて選べば大丈夫だと思います。

メールやLINEでお誘いを受けたのならそのまま、直接会う機会があるなら直接伝えれば大丈夫でしょう。

悩んだり後回しにして連絡が遅くなる方が相手にとっても印象が良くありません。

会場の都合もあります。

「参加しない」と決めたなら、出来るだけ早く連絡を取りましょう。

飲み会を上手に断る方法 【精神科医・樺沢紫苑】

まとめ

様々な「忘年会のお誘い」パターンからの断り文句をまとめてきましたが、状況はあまりに人それぞれだと思います。

状況によってはもちろん使えないこともあると思いますし、逆にここまで気負わなくても簡単に断れる環境の方もいらっしゃいますよね。

状況に合わせて、言葉や対応を合わせていただければと思います。

人からのお誘いを断るのは、勇気もいりますし基本的に「やりたくない行動」です。

でも忘年会などの場合、早くから人数を把握しておくと準備もスムーズに進められます。

逆にギリギリまで待ってから「やっぱり行かない」など言われると、予定が狂わされて相手にとっても困ることになるかもしれません。

返事はぎりぎりまで待たず、対応を決めたら出来るだけ早くするようにしましょう。

断るにしても、そのほうが相手の印象も良く終われます。

お互い気持ちよく今後も付き合えるよう、こういった細かいところも気を配れる大人を心がけていきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました