広島のあじさい(紫陽花)名所3選!2019年の紫陽花の見頃時期は?生態は?

あじさい

6月といえば梅雨、そして紫陽花が見頃になる季節で、雨の中咲く紫陽花の風情はこの時期ならではの魅力ですよね。

そんな紫陽花は全国各地に名所があり様々なところで見ることはできますが、やっぱり開花時期などは地域によって差があり、場所による違いも楽しみの一つです。

今回は広島で紫陽花を楽しみたい場合におすすめの名所を3ヶ所紹介していきます。

紫陽花についても詳しく知りつつ、広島付近の紫陽花の名所を探している方はぜひチェックしてくださいね!

6月の風物詩といえば紫陽花!見頃は?どんな花?

紫陽花といえば梅雨、つまり6月の花といった印象が強くありますが、そもそも紫陽花とはどんな花なのか、見頃はいつ頃なのかご存知でしょうか。

紫陽花バラ目アジサイ科アジサイ属の花で、ご存知の通り梅雨の季節……6月頃に見頃を迎える「梅雨時の花」として有名です。

同じ種類の紫陽花でも色が変わることもあり、これは咲く季節や土壌によって変わるという魅力があります。

色が変わる仕組みはすでに解明されているので、販売用の紫陽花は土壌を調整してきれいに仕上げ、販売されていたりもしますね。

紫陽花の見頃時期はもちろん地域にもよりますがおおよそ6月の初めから7月の15日頃までで、これはほとんど梅雨の時期と重なっています。

だからこそ梅雨の頃というイメージが強く、梅雨の雨と一緒にイメージされることが多いんですね。

早いところでは5月の終わり頃から少しずつ咲き始め、6の初旬から中旬頃に五分咲きから七部咲きとなる紫陽花が多いです。

また梅雨時と言えば合わせて浮かぶものが「カタツムリ」ですが、実はカタツムリは雨が降ると外に出てくるだけで、普段は葉の裏や土壌などに隠れているんです。

基本的に寿命は一年ですが冬を越す場合があり、そういうときは枯れ葉やブロックの裏で冬眠する習性を持つ、実は一年中いる生き物です。

梅雨といえば紫陽花、そしてカタツムリとセットになっているイメージがありますが、実はこのような仕組みになっていたのですね!

広島の紫陽花の名所3選!その1:国営備北丘陵公園

庄原市にある国営備北丘陵公園では紫陽花、そしてスイレンなどが6月に見頃を迎え、青や白、その他様々な豊かな色の紫陽花が楽しめます。

国営備北丘陵公園 2016夏

国営備北丘陵公園 2016夏

「ひばの里」という公園の中のひとつに紫陽花があり、80種・10,000株もの紫陽花が公園に咲いている姿を楽しむことが出来るということで知られているんですね。

またひばの里では水車小屋などもあり体験施設なども充実しているので、紫陽花と合わせてこういった楽しみを味わう事もできます。

国営備北丘陵公園の紫陽花は種類も多いため開花時期もばらばらですが、早く咲くものは6月中旬から、遅い紫陽花もあるので7月上旬頃までじっくり見ることが出来ます。

混雑状況としては梅雨という季節もありそこまでではありませんが、やはり週末などは多少混むと考えておくと安心ですね。

国営備北丘陵公園トップページ
国営備北丘陵公園は、中国地方の真ん中広島県庄原市 「ふるさと・遊び」をテーマにした三世代家族が楽しめる公園です

広島の紫陽花の名所3選!その2:広島市植物公園

広島市にある広島市植物公園も紫陽花や植物の名所として広く知られていて、なんと10,200品種以上、20万本以上もの植物を栽培している公園です。

紫陽花も合計140種、1800株以上が茶室から日本庭園にかけて植えられているので、雰囲気も最高なんですね。

4K広島市植物公園の紫陽花2016 .6.26

4K広島市植物公園の紫陽花2016 .6.26

たくさんの種類の紫陽花があること、日本庭園の雰囲気と合わせて楽しめることなど、名所と言われるのも納得の理由がそろっています!

見頃は少し早く5月下旬から、6月の下旬頃まではきれいな紫陽花を楽しむことができますよ!

混雑状況としても紫陽花の季節はそこまでの情報はありませんが、やはり週末などは多少の混雑を見越して注意しておきましょう。

広島市植物公園
広島市植物公園は、広島と宮島の中ほどの瀬戸内海国立公園を一望する高台にある植物公園です。大温室や日本庭園、大花壇などを備え、一年を通して花が楽しめます。

広島の紫陽花の名所3選!その3:康徳寺

雪舟が築造した「雪舟庭」が有名な康徳寺も、約4,000本の紫陽花を楽しむことが出来る場所として有名です!

Clip10887.世羅町 康徳寺 あじさい

Clip10887.世羅町 康徳寺 あじさい

康徳寺の紫陽花は1,982年ころから育てられはじめ、現在は4,000本をも越す「紫陽花の名所」となったんですね。

また康徳寺では6月の第4日曜日に「花供養会」も行われ、合わせて人気となっています。

康徳寺の紫陽花の見頃は6月の中旬頃から7月中旬頃なので、花供養会は一番の見頃時期でもあり、おすすめです。

花供養会の日はさすがに人気も高く混雑もあるかもしれませんが、基本的に混雑情報もなく、ゆっくり楽しめると思いますよ!

康徳寺ホームページトップ

まとめ

梅雨の花、6月の花の紫陽花は、雨の日が多くつい屋内にこもってしまいがちなこの季節でも外に足を向ける魅力がありますよね。

梅雨時ならではの楽しみでもありますので、ぜひお近くの紫陽花の名所を見つけ、見に行ってみましょう。

もちろん足元が悪い可能性も考えて動きやすい履きなれた靴などを用意しつつ、今年はゆっくり紫陽花も堪能してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました