東大寺二月堂お水取り2021!修二会みどころとマナー徹底ガイド!

3月のお祭り
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※令和3年修二会※
新型コロナウイルス感染症の拡大防止におけるお松明等の拝観方法変更について
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に対し、東大寺では医師など専門家の皆さまのご助言も参考にし、信仰を寄せていただいている皆様、並びに参籠する練行衆や寺職員等の安全と感染拡大防止のため、修二会のお松明拝観を下記の通り一部制限させていただくことと致しました。
<3月1日~11日>
お松明は基本的にご覧いただけますが、二月堂下芝生や広場の人数が一定数以上になれば、以降お越しの方は第2拝観所へ誘導します。第2拝観所も同様になれば、以降はお松明がご覧いただけないことがあります。
<3月12日~14日>
どなたもお松明を二月堂下芝生や広場でご覧いただくことは出来ません。
夕方5時以降、二月堂周辺の事前に設定された区域内に滞在することも出来ません。
奈良公園内の春日野園地に設置する大型ビジョンに、映画監督の河瀨直美さんが撮影したお松明の様子などをライブ配信し、どなたでもご覧いただけます。映像は一部の旅館やホテルにも配信する予定です。
何れの日も予約の必要はありませんが、堂内や局(つぼね)での聴聞も出来ません。
全ては信仰を寄せていただいている皆様と法会に関わる練行衆・参籠衆の感染予防、並びに1270回目の修二会の無事遂行・満行のためですので、今回はなるべく拝観をお控えください。
我々は歴史を途絶えさせることのないよう最大限努めますので、皆さまのご理解とご協力をお願い致します。
東大寺公式サイトより

3月には東大寺「修二会」という行事が行われていると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

修二会は「しゅにえ」と読み、また別名を「お水取り」とも言われている東大寺での行事のことです。

修二会の歴史は本当に長く、開行以来一度も欠かさず行われている……なんと1260回以上もの歴史がある、伝統的な行事なんです。

そんな大切な行事、どういった意味があるのか、また見どころなどもぜひ知っておきたいところですよね。

修二会とはどういった行事なのか、そして歴史の長い行事を見るためのマナーなども、行く前に把握しておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました