冬に蚊に刺された!蚊の寿命は?冬に大量発生した蚊のような虫の正体は?




夏は蚊に刺されることを警戒して蚊取り線香や虫除けスプレーなど対策をしているものの、まさか冬に刺されるなんてあまり想像しませんよね。

でも冬なのに蚊に刺されたという話もよくあり、また冬場なのに大量に蚊のような虫が発生しているのを見かけることもあります。

「蚊は夏に生きるものと思っていたのに違うの?」と疑問に思ってしまいますが、実はこれらの蚊はそれぞれ理由があって冬にいるんですね。

今回は冬の蚊、また蚊に似たような虫についての正体を知り、対策を練っていきましょう!

スポンサーリンク

【冬なのに蚊に刺された!蚊は夏だけの虫じゃないの?】



冬場で完全に油断していたのに蚊に刺されると驚いてしまいますが、まず最初に蚊はどのような生態なのかを改めてチェックしてみましょう。

蚊は卵を産み付けられてから約2~5日で幼虫、いわゆるボウフラになり、水面に生息しています。

蚊は水がある場所に卵を産み付ける習性がありますが、水場についてはきれいなところを好む蚊、汚い水を好む蚊など様々です。

ボウフラは水の中で木の葉や小さな生き物を栄養として成長し、1週間から10日ほどでオニボウフラという蛹に成長、そこから2.3日で成虫になります。

成虫した蚊は草花や樹木の分泌液を主食として生き、有名な話ですが人や動物の血を吸う蚊は雌の蚊なんですね。

雌の蚊は血に多く含まれるタンパク質を求めて吸血しますが、一方で成虫の寿命は時期や種類にも寄るものの一ヶ月から半年程度と幅も広いです。

日本で多く見かける蚊は代表的な種類として3種類あり、そのうちのひとつ「チカイエカ」という種類は実は冬眠をしない蚊なんです。

他の蚊は冬眠もしくは卵の状態で越冬しますがチカイエカは1年間いつでも活発し、なおかつ吸血を行う種類でもあります。

チカイエカと言えど気温が氷点下になるような真冬、もしくは外であれば活動もあまり出来ませんが、近頃はオフィスや地下鉄など、寒さが緩和される場所は多くありますよね。

冬場に蚊に刺された場合は、こういった暖かい場所で活動しているチカイエカに刺されたという可能性が極めて高いと言えます。

またチカイエカほど活動的ではないアカイエカという種類の蚊も雄は越冬出来ないものの雌は越冬している可能性があり、洞窟、また床下や物置小屋の隅などで冬眠しているんです。

家の中に侵入することが多いのもアカイエカの特徴で、押し入れやクローゼット、下駄箱などで越冬している可能性もあります。


【冬でも蚊に刺されないためには?やっぱり蚊取り線香?】


蚊の生態を見てみると冬場の家の中で越冬している場合はもちろんありますし、さらに暖かい家の中という環境で活発に活動している蚊がいる可能性ももちろんあるんです。

逆に家の中でアカイエカが越冬している場合、これをほうっておくと春先に冬眠から目覚め、近くで一気に蚊が増えてしまうという可能性も考えられるんですね。

冬でも蚊に刺されない場合の対策、予防方法としては特に夏場と変わらず、やっぱり蚊取り線香や虫よけ対策になります。

近頃増えているスプレータイプのワンプッシュだけで長時間持続するような虫除けも有効で、「家の中に蚊がいる!」と思ったら夏場と同じように対策をしておきましょう!

【冬に大量発生する蚊のような虫はなに?】


また冬場に大量に発生しているように見える蚊を見ることもありますが、こちらは「ユスリカ」という蚊の仲間です。

基本的に幼虫は他の蚊と同様水生で川や池などほとんどの淡水域に生息し、成虫になると蚊とよく似た形や大きさになります。

しかしユスリカは人を刺すことはなく、蚊を叩いたときに見かけるような黒い粉が肌につくなんてこともありません。

とはいえ刺さない蚊であっても大量発生しているのは気持ちの良いものではありませんし、それが家の近くともなれば尚更ですよね。

蚊の一種であることも変わりないので基本的な蚊の対策も効きます、蚊取り線香や殺虫剤などで駆除してしまう方法がおすすめです。

また身の回りの水場、例えば排水溝や下水などをチェックし、もし発生源を見かけたらそこにも殺虫剤を撒いておくとより安心できますよ!

【冬でも夏でも蚊に刺された後の正しいケア方法とは?】


蚊は刺されるとふくれあがってかゆくなり、かゆいからとかいてしまうとどんどんかゆみが強くなるという嫌な悪循環に陥ってしまいます。

このかゆみ、実は蚊のせいではなく、身体が虫の毒などのアレルゲンを倒そうとしている免疫反応なんです。

かゆみも場合によっては痛みになりますがこれはその免疫反応の強さの違いであり、しばらく我慢しておけば自然となくなるのもそういった理由からなんですね。

とはいえ蚊に刺されたかゆみはつらいときもあり、対策方法としては冷やす、もしくは逆にあたためる方法が有効です。

虫に刺されてかゆい部分は炎症なので冷やすことによってかゆみも和らぐ可能性はもちろんあり、あたためることによって蚊の唾液成分のタンパク質を破壊しかゆみが収まることもあります。

どちらが有効かについては刺された直後の場合はあたためる、少し時間が経ってかゆみが続いている場合は冷やしたほうが効果的とされています。

またもちろん市販の虫刺され薬も有効なので、蚊に刺された場合のために年中確保しておくと安心できると思います。

ちなみに蚊は二酸化炭素や体温に惹かれて寄ってくるので、他の人よりも体温が高く呼気を排出している場合、蚊にさされやすくなります。

妊娠している女性や子どもが刺されやすいのはこういった理由があり、また肥満の方も身体が大きいため二酸化炭素の排出量が多く、刺されやすいんですね。

更に別の情報として、人間の血液型を定める赤血球上の抗原が体内を循環して全ての体液に含まれている方は「分泌型」とされ、分泌型の人間は蚊に好まれやすいんですね。

また蚊はO型の血を好むという一見都市伝説みたいなことを聞いたことがある方も多いと思いますがこれも本当のことのようで、O型の方は刺されやすいと思っておいたほうが良さそうです。

【まとめ】

夏場はある程度仕方がないと思ってはいても、冬まで蚊に警戒しなければならない、対策をしなければならないなんてちょっと残念ですね。

しかし近頃は常に暖かい場所も増えていて家庭内でも蚊が越冬している可能性はあり、刺されたあとを考えるときちんと対策しておいたほうが安心です。

家の周辺の下水や排水口を調べる、殺虫剤を撒いておくのももちろん良い対策になるので、ぜひ一度おうち、そして周辺をチェックし、蚊に刺されない対策をしておきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です