奈良春日若宮おん祭2020!新型コロナ感染拡大防止のため一般の拝観中止!!

12月のお祭り
新型コロナ感染拡大防止のため 春日若宮おん祭 今年は一般の拝観中止
春日大社は今年の春日若宮おん祭について、新型コロナウイルス感染拡大防止のため一部の神事で規模を縮小して行い、お渡り式やお旅所祭で一般の拝観を中止すると発表しました。
春日若宮おん祭は、五穀豊穣などを願い平安時代から途切れることなく毎年行われる冬の風物詩で、今年で885回目を迎えます。
春日大社は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、すべての神事で一般の拝観を中止すると発表しました。このうち、県庁前からお旅所までを約1,000人の芸能集団などが練り歩く「お渡り式」は大幅に規模を縮小し、行列の編成を約20人とし一之鳥居からお旅所まで進む形とします。また、芝舞台で神楽などを奉納する「お旅所祭」も一般の拝観を中止します。
春日大社によりますと、降雨以外の理由で神事が部分的に中止されるのは2000年以来だといいます。
神事のうち「お旅所祭」は、インターネットでの動画配信を検討しているということです。春日大社は、今年は祭りの目的に「疫病退散」を盛りこんで執り行うとしています。
奈良テレビ放送公式サイトより

春日大社の摂社である若宮の御祭神「春日若宮おん祭」。

奈良県奈良市の春日大社の摂社若宮神社の祭祀として、奈良公園周辺で毎年12月17日を中心に数日に渡って行われる祭礼です。

おん祭で奉納される奉納芸能は「春日若宮おん祭の神事芸能」として1979年(昭和54年)に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

神様の気配と存在感に圧倒される厳かで美しい祭「春日若宮おん祭」についてまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました