佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2019みどころガイド!ディズニーもやって来る!

スポンサーリンク
10月のお祭り
スポンサーリンク

佐賀県佐賀市の嘉瀬川河川敷を主な会場として広い範囲で開催される秋のイベント「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は、多くの方が訪れる熱気球のイベントです。

青空を飛ぶバルーンは写真を撮りたい方はもちろん、見学しているだけでも楽しめるイベントとなっています!

しかし大規模なイベントでもある佐賀インターナショナルバルーンフェスタ、事前に詳細や観戦ルールなどを把握しておいたほうがもちろん安心です。

今回は佐賀インターナショナルバルーンフェスタの見どころや観戦マナー、そして駐車場などの情報をまとめてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2019!駐車場は?

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは、1978年に福岡県で開かれた「バルーンフェスタ・イン九州」という小さなバルーンミーティングがはじまりだったんです。

1980年に会場を佐賀平野に移して佐賀の熱気球大会としてスタートし、1984年にはアジアで初となる国際大会を開催、名前を「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」としたのですね。

国内チャンピオンを決める熱気球日本選手権も1984年以降何度も佐賀で開催され、これは熱気球世界選手権の選考競技大会ということもあって、優秀な熱気球のパイロットが集まります。

当初は外国人の優勝者が多かったものの近年は日本人のチャンピオンも誕生し、日本人選手のレベルも国際的に高い評価を受けるようになりました。

さらに近年は観客や子どもたちのために変形気球を集めた「バルーン・ファンタジア」、日没後の幻想的な夜間係留「ラ・モンゴルフェ・ノクチューン」など、様々なイベントも増えています。

また子どもたちへの熱気球教室「キッズ・デー」なども開催されるようになり、どんな年代の方にも楽しめるようになっているのが佐賀インターナショナルバルーンフェスタなんですね!

’15 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

そんな地元の方も遠方の方も楽しみにしている佐賀インターナショナルバルーンフェスタ、今年2019年の開催日もすでに決定しているので、こちらの動画で雰囲気を感じつつ日程もチェックしておきましょう!

開催概要

日程:2019年10月31日(木)~11月4日(月)

場所:佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷

熱気球は安全に飛ぶための条件として「雨が降っていない」「視界が良い」「風が穏やか」という天候が必要なんです。

ですから雨天の場合は飛行が中止になることもあるのはもちろん、「風が強い」などの理由でも中止になってしまうことはあるのでご注意ください。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは毎年100万人もの方が訪れる人気のイベントで特に週末は混雑が予想され、早めの移動などを心がけておきましょう。

駐車場についてですが、佐賀インターナショナルバルーンフェスタでは大会期間中に会場周辺に平日4,800台、土日祝は7,000台以上もの駐車スペースが用意されています。

しかしこれだけの駐車スペースがあっても朝早くに満車になることが多く周辺の道路も大きな混雑を見せるので、十分に時間に余裕を見て移動するか公共交通機関を使うことをおすすめします!

駐車料金は会場内については環境整備協力金として1,000円、会場周辺の駐車場については料金はかからないものの遠くの場所になるとシャトルバスを利用する料金は必要なのでご注意ください。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ 公式サイト:

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
佐賀県佐賀市で11月初旬に開催されるアジア最大級のスカイスポーツイベント(熱気球競技大会)。日本国内、世界各国からのバルーニストが繰り広げる大空の競演!「熱気球のまち佐賀」のバルーン関連情報もお届けします。

バルーンフェスティバルに行く前に知っておきたい熱気球の仕組み

せっかく佐賀インターナショナルバルーンフェスタに行くのですから、熱気球がどのような仕組みで飛んでいるのかを知っておくともっと楽しくなりますよね。

ぜひ実際に佐賀インターナショナルバルーンフェスタへ行く前に熱気球の仕組みも知っておき、より楽しめるようにしておきましょう!

熱気球は70~100℃まで上昇する温風を球皮に詰め込んで飛ぶ仕組みになっていて、さらに浮力を調整することで高さを調節できます。

これは熱い空気が冷たい空気よりも軽い原理を利用していて、操作のために熱気球にはバーナーが取りつけられています。

しかしこのバーナーを使っても、左右にはコントロールできず、左右の動きは風の動きにまかせています。

そのため熱気球のパイロットは行きたい方向へ吹く風を探しながら風を常に確認し、目的地を目指すのです。

さらに気球が飛ぶためには平らで広く障害物がない場所が最適であり、風速2~3mほどの穏やかな気候が必要です。

バーナーを炊き急上昇すれば5分もかからずに1000m上空に飛びあがることができ、その燃料となるのはLPGガスで、1機につき3~4本のタンクが積み込まれます。

また気球を飛ばすには最低でも4人のチームメイトが必要で、実は熱気球は一人ではできないスポーツなんですね。

なぜなら地上でチェイスカーを動かす人や気球の立ち上げと回収、着陸のフォローに人手が必要で、一人で動かせるものではないからです。

しかしこういった条件があったとしても、熱気球は老若男女問わず楽しむことができるスポーツと言われています。

またパイロットとして気球を操縦するための国家資格はありませんが、日本気球連盟が発行する「熱気球操縦士技能証」を取得する必要があります。

これは各国によって制限に違いがあり欧米では航空機の一種とみなされるため、国家資格が必要です。

熱気球の購入費はあまり想像もつかないですが実は高級国産車1台分ほどの価格で、全体の高さは5階建てマンションに匹敵します。

また気球は結構デリケートなので、雲が低く視界が悪い場合、雨が降っている場合、旗が横になびくくらい強い風が吹いている場合、雷注意報が出ている場合などは、気球は延期か中止になります。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2019のみどころ4選!

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは開催期間も長くたくさんイベントが盛り込まれているので、見どころも事前に把握しておいたほうが動きやすくなります。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタの特におすすめしたいみどころをこれから紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

今年は、特別にディズニーパレードもありますよ。

見どころ1:東京ディズニーリゾート・スペシャルパレード

ミッキーマウスをはじめとしたディズニーの仲間たちが、夢と魔法を届けるために佐賀インターナショナルバルーンフェスタにやってきます。

ディズニーの仲間たちは、東京ディズニーリゾートならではの特別なデザインが施されたパレード用の車両「ドリームクルーザーⅡ」と「ドリームクルーザーⅢ」に乗って登場します。

この「東京ディズニーリゾート・スペシャルパレード」には、地元の子供たちも一緒に参加し、楽しさいっぱいにパレードを盛り上げます。

佐賀県佐賀市2019 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ第40回記念パレード

2019年11月2日(土)13:30頃

佐賀市中央大通り(松原二丁目交差点-唐人一丁目北交差点)

東京ディズニーリゾート・スペシャルパレード 公式サイト:

Access Denied

見どころ2:ラ・モンゴルフェ・ノクチューン

日没後に幻想的なバルーンを楽しむことが出来るラ・モンゴルフェ・ノクチューンは、佐賀インターナショナルバルーンフェスタでも特に人気が高いイベントとして知られています。

実施日:2019年11月3日(日・祝)・11月4日(月・休)18:30〜19:15

音楽に合わせた幻想的なバルーンの姿を見ることが出来る貴重な機会で、佐賀インターナショナルバルーンフェスタへ行くなら絶対に見逃したくないポイントです!

2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

見どころ2:バルーンファンタジア

観客や子ども向けに始まったのがバルーンファンタジアで、たくさんの変形気球が集まり見ているだけでわくわくする光景が目の前に広がります。

開催日:2019年10月31日(木)~11月4日(月・休)毎日 09:00~10:30

特にお子様連れで見学に行った場合などは子どもも喜ぶスポットとなっているので、ぜひバルーンファンタジアもチェックしておきましょう!

佐賀バルーンフェスタ 2010 バルーンファンタジア

見どころ4:バルーン競技

佐賀インターナショナルバルーンフェスタのメインはやっぱり熱気球が青空を飛ぶ姿で、競技は離陸から競技までどれも一度はゆっくり見ておきたいところです。

競技開催日:2019年10月31日(木)~10月4日(月・休)毎日 7:00~09:00、15:00~17:00(※最終日の午後はキー・グラブ・レース)

キー・グラブ・レース
開催日時:2019年11月4日(月・休)15:00〜17:00

間近で見る熱気球の大きさにも驚きますし、それが少しずつ離陸し空を舞っていく姿を見るのは楽しく、競技も時間の許す限りぜひゆっくり見学してくださいね!

佐賀インターナショナルバルーンフェスタの離陸から競技まで 2016/11/5

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ 観戦マナー!服装は?

次に、佐賀インターナショナルバルーンフェスタを楽しむために知っておきたい観戦マナーや服装などもチェックしておきましょう!

まず最初に会場全体におけるマナーですが、基本中の基本、歩きタバコはNG、ゴミは所定のゴミステーションへ、ペットを連れて行く場合はリードなどを準備してペットを離さないことですね。

さらに広い会場ではあるものの小さなお子様を連れている方も多く、自転車の乗車も禁止されているのでご注意ください。

会場が河川敷であるために土手や階段といった危険な箇所もあり、お子様連れの方は特に注意すること、子どもにも言い聞かせておくことも必要になります。

カメラ撮影で三脚を利用する場合は通路の妨げにならないように注意すること、またドローンなど飛行する無人機はバルーンへの接触や来場者への落下などの危険が考えられるため、全て禁止となっています。

見学する際の注意としては通路となる階段に座り込む好意はしないこと、サンシェードなども通路の邪魔にならない、周囲の邪魔にならないように配慮する必要もあります。

関係者のみのエリアには絶対に侵入しないこと、競技で使用する砂袋のマーカーが近くに落ちた場合は絶対に触らないことも覚えておきましょう!

服装についてですが場所が河川敷であるため、動いやすい服装や靴のほうが安心してバルーンを見学することができます。

早朝や夜間から観戦したい場合はかなりの冷え込みが予想されるので防寒着を、逆に日中に関しては暑さへの対策も必要です。

熱気球を見るという行動はどうしても空を見上げることになるため、直射日光を見ないための帽子やサングラスなども用意しておくと安心ですね!

まとめ

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは早朝から夜間まで何日も続く大規模なイベントであり、雨天や荒天の影響も受けやすくなっています。

事前にスケジュールを確認し、時間帯による対策(防寒着など)もしっかり準備してから当日向かうようにしておくと安心です。

ぜひ今年は、ディズニーパレードもありますので、佐賀インターナショナルバルーンフェスタへ、さまざまな形で熱気球を楽しみにいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました