「奈良の鹿の角きり2020」!新型コロナウイルスの影響で中止!!

10月のお祭り
新型コロナ 角切り行事、今年は中止 奈良の鹿愛護会 /奈良
毎年10月に開かれる伝統行事「シカの角切り」が、新型コロナウイルスの影響で今年は中止になることが決まった。主催する「奈良の鹿愛護会」が8月17日発表した。シカの角切りは、成長した角で人を傷つけることを防ぐため、江戸時代初期に始まった。
今年は10月10日、11日両日に予定していた。
毎日新聞WEBサイトより

鹿というと真っ先に思い浮かぶ方も多いと思う「奈良」、奈良県では観光でたくさんの鹿を見ることが出来ますが、鹿の角が短いことにお気づきでしょうか。

この角がどうして短いのかというと、奈良では年に一度オス同士の喧嘩、そして事故などを防ぐために「鹿の角きり」を行っているからです。

安全対策であるならそこまで大きな行事ではないのではと思われるかもしれませんが、実は奈良の鹿の角きりは江戸時代から300年も続いている秋の奈良ではの行事なんです。

具体的にどのような行事なのか、どうやって鹿の角を切っているのか、これを機会に奈良の鹿の角きりについて詳しく知っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました