有効な香害対策まとめ!柔軟剤や香水の匂いに参っている人が多いって本当?

スポンサーリンク
ライフ
スポンサーリンク

いろんなものに良い香りがついて販売されていますよね。
ハンドクリーム一つとっても、香りが強いものが多いですし、ヘアースプレーにも香りがついています。消臭スプレーやリップクリーム、柔軟剤や洗剤にも香りは付き物ですよね。

そんな強い香りで体調が悪くなる人が増えているんだそうです。
これを香害と呼ぶんですが、あなたも当てはまるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

最近話題の香害とは何?

そもそも香害とはどんなことを指すんでしょう?
良い香りでも強いものや好みではない香りの場合、長時間その香りをかいでいると気持ちが悪くなってしまうものです。

よく薬局や雑貨屋さんで販売されているキャンドルやアロマオイルなんかも香りを選んでいるうちにだんだん具合が悪くなってしまいますよね。

一般的に香害で気分を悪くする人のほとんどが、柔軟剤や洗濯用芳香剤の香りにやられるようです。芳香剤は人工的に作られた化学物質の匂いであるため、体調不良を引き起こしやすいんだそうです。

現在では、消費者庁などで「香害110番」という相談窓口も設けられているほど、社会問題となっているようです。

職場や学校などで、周りの人の服から発せられる強い香りに具合が悪くなっても、自分から相手に指摘することはできませんよね。これも香害トラブルの一つの大きな問題です。

アーカイブ】香害110番から見えてきたもの

【アーカイブ】香害110番から見えてきたもの

香害によってどんな症状が発症してしまう?

まず香害の症状として一番多いのは、吐き気がすることです。
さらに、めまい頭が痛くなったり、咳が出たりする人もいます。
喘息アレルギー症状を発する人もおり、この場合は呼吸困難に陥るのでとても危険です。

これらの明確な症状が出ない場合でも、不快感を抱く人も多く、電車やバス、学校や職場など長時間、その場にいないといけない場所で、強い香りに長時間絶えないといけないのは苦痛のほかの何事でもありません。

これらの香害に治療法があるわけではないので、防臭効果のあるマスクをしたり、強いミント系の飴やガムを食べることで一時的ですが乗り切ることができるようです。職場に限定すると、USB型の空気清浄機などを使用すると、かなり効果的だと思います。

CS-8「香害」私の実際の健康被害 〜ぜんそく発作が起こる

CS-8「香害」私の実際の健康被害 〜ぜんそく発作が起こる

香害とスメハラの違いは?訴えることはできるの?

香害はあくまでも強い香りによって体調不良を引き起こした場合に限定されます。
体に合わず、人工的な芳香剤によって引き起こされたものです。

一部の人が体調不良を訴えたとしても、他の人までも否定的な発言をするとは限らないでしょう。主に、柔軟剤、香水、ハンドクリーム、ヘアースプレー、制汗剤などの香りが挙げられます。

それに比べて、スメハラ(スメルハラスメント)は広域の臭いに関するトラブルが対象です。体臭、口臭、加齢臭、ストレス臭、ダイエット臭、疲労臭、アルコール臭、タバコ臭などが挙げられます。

どれも本人は気づきにくく、また周りも指摘しにくいものですが、大抵の場合は生活習慣の改善や身に着けるものや体を清潔に保つことで防ぐことができます。消臭スプレーを持ち歩くのも有効でしょう。

スメハラはデリケートな問題であるため、周りの発言によって言われた本人が傷ついた場合は訴えることができる可能性もあります。

男性諸君!クサイ男は嫌われるぞ!スメルハラスメントに気をつけろ!

男性諸君!クサイ男は嫌われるぞ!スメルハラスメントに気をつけろ!

香害から身を護るには? 香害と指摘されないためには?

香害やスメハラの加害者になる可能性は、性別関係なく誰にでもあります。自分が気に入っている芳香剤や香水の香り周りの人にはきついものに映っている可能性は十分にあるのです。

加害者にならないために、香水をつける際は、香りが抑えられる練り香水にして、首や手首に少量付ける程度にしましょう。

服の芳香剤や柔軟剤はなるだけ、日本製品のにおいがマイルドなものに変えましょう。それでも、強いと感じた場合は、無香のものを選ぶようにしましょう。

体臭や口臭に関するトラブルには、常にお昼ご飯の後の歯磨きを行い、汗をかいたと思ったら、無臭の制汗スプレーを使いましょう。

夏場は靴下やワイシャツなどを2枚用意して途中で着替えるのも効果的ですし、事務の場合は、通気性の良いサンダルなどに履き替えるのもおすすめです。

被害者になった場合で、学校や職場でのトラブルの場合は、自分や周りに直接相談するのではなく、先生や上司などに相談して学校や会社全体で対策を考えられるようにしましょう。

【最後に】

現代では、香害やスメハラもパワハラやセクハラと同等に、社会全体で扱う問題とされているので、個人で悩まずに組織ぐるみで取り組める環境づくりが大切です。

日頃から、エチケット講習会を行ったり、定期的に換気を促したり、空調を新調するなどの環境を良くする工夫も大切です。

誰もが気持ちよく過ごせる社会づくりのために、誰もが臭いや香りにもっと気を付けるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました