虫が怖い!大嫌い!眠れない恐怖を克服するには?虫対策を教えます!

スポンサーリンク
生活の知恵・裏ワザ
スポンサーリンク

虫全般が苦手な人は多いと思います。

特に、コンクリートジャングルで育った方ならば、どんな形状やサイズであれ、虫であれば恐怖を感じることでしょう。

室内で多く見かける虫として、ゴキブリやクモ、蟻などが挙げられるでしょうか?

どれも人体に大きな害をもたらすことはありませんが、それでも見つけてしまうと、駆除するまで眠れないという人も多いでしょう。

嫌いな虫に出くわした際の対策法をご紹介します。

スポンサーリンク

虫が怖くて眠れない!一人暮らしを恐怖に陥れる虫たち

家に出やすい虫として、ダニやノミ、蚊、毛虫、ムカデ、蟻、クモ、ゴキブリ、蛾などが挙げられるでしょう。

人に噛みつくものもありますが、害がないものもありますね。

夜行性のものもありますが、全てが夜行性と言うわけではありません。

さらに、クモは小さな虫を自分の巣で絡めとって食べる習性があるので、小さな虫や羽虫を見つけた場合は、クモはあえて野放しにしておくといいでしょう

ネズミを見つけた際に猫を屋根裏部屋に放つのと同じです。

また、仏教ではクモは地獄から救っている救世主のような存在なので、むやみに殺してはいけないとされています。

ムカデや蚊、ノミやダニは害のある虫と言えるでしょう。

それぞれの虫は風呂場カーペットベッドで繁殖することが多いです。

ダニは特に気を付けていても発生しやすいものなので、定期的に天日干しをすること心がけましょう。

また掃除機などで、死骸を吸い取るのも大切です。

ゴキブリや虫を発見してしまったら恐怖を感じてしまう理由とは?

ゴキブリを見つけた際に恐怖を感じる人は多いでしょう。

あの形状が苦手だと言う人がほとんどだと思いますが、生息している場所が不衛生な場所が多いのが原因だと思います。

ゴキブリ自体が人間に噛みつくことはなく、病気を持っているわけではありませんが、不衛生な場所にいるために、菌を体につけて媒介となることは多いにありえるので、避けることを強くお勧めします。

クモは人体に害ないと思いますが、クモの巣を作るので、室内の景観を大きく損ないやすいですよね。それが嫌だと言う人もいるでしょう。

さらに、クモの独特の色や形状が苦手だという人も多いでしょう。

他には、蟻が苦手だと言う人もいるでしょう。

蟻は一匹で行動することは少なく、一匹いれば数十匹で群がっている可能性が高いので、小さくても恐怖を感じやすいと思います。

蚊やダニ、ノミ、ムカデなどはそもそも噛むことで、人に害をもたらすので、嫌われていて当然でしょう。

一人暮らしをはじめたばかりなのに家に虫がはいってきた!恐怖を克服できる?

ゴキブリ自体も発見すれば、それはすなわち、あなたが暮らしている部屋が不衛生な場所である可能性が高いので、むしろ大掃除をするチャンスと捉えるのがいいでしょう。

クモが苦手だと言う人も多いでしょうが、上記でも書いた通り、小さな虫を駆除してくれる存在でもあるので、むやみに殺さない方がいいです。

虫が苦手な人は、物件を探す際に気を付ける必要があります

まず、1階を選ばないこと、さらに、飲食店が入っている物件を選ばないことも重要です。

さらに、築年数が40年など古い場合は避けましょう。

また、木造の建物も虫が多くいる可能性があるのでNGです。

さらに、近所に森や河、田んぼなどがある場合も気を付けましょう。

湿気が多い場所も避けるべきです。

さらに、隣人の家が不衛生ではないかも重要です。

いくら自分の家をきれいにしていても、隣の家に大量発生していれば無駄ですからね。

虫一緒に住むなんて嫌!一人暮らしにおすすめの虫対策グッズ3選

ピレカロール

天然防虫駆除剤なので、むせるような防虫剤特有の奇妙な香りもしません。

すごくさわやかなレモン系の香りがするので、赤ちゃんがいるような家庭にもおすすめです。

ハエやゴキブリ、ノミ、トコジラミ、イエダニ、蚊などに効果があります。

ナノヒバオイル

ご存知ですか?木が持つヒノキチオールという物質には、抗菌・殺菌・殺虫作用があるんです。

この商品はそのヒノキチオールが含まれているので、水で薄めて、網戸や気になる場所にスプレーするだけで、蚊やゴキブリ、ノミやダニを駆除することが可能なんです。

さらに、殺菌効果があるので、花粉症や風邪予防もできますよ。

Pest Reject

コンセントタイプの殺虫剤です。

ペットや赤ちゃんがいても安全な設計で、電子機器なので、埃や水に気を付ければ、故障しない限りずっと使えます。

さらに、設置して1週間以内に効果が期待できます。

超音波で屋外に追い出す方式なので、死骸を見ることもありませんよ。

ムカデカダン 誘引殺虫剤

まとめ

虫と一言で言っても、いろんな種類の虫が存在します。

多くの人がテントウムシや蝶々には恐怖を感じないものです。

見た目が苦手だから恐怖を感じるケースは意外と多く、害がないのに排除するまで安心できない人も多いです。

虫の習性や特徴などを少しでも勉強すると恐怖心が薄らぐことがありますので、害のない虫を恐れている場合は、ちょっと勉強してみるのもいいかもしれませんね。

よく読まれている記事
生活の知恵・裏ワザ
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました