秋に聞こえてくる虫の声の種類はいくつ?秋の虫を飼育方法は?

スポンサーリンク
昆虫採集
スポンサーリンク

秋になると、涼しさと共にやってくるのが、秋の虫の声ですよね?
近所に草むらがある場合は特に身近に感じることでしょう。

あまり緑がない生活をしていると無縁かもしれませんが、そんな人も季節を感じることができる秋の虫を飼ってみてはいかがですか?飼いやすく、ユニークな虫なので、とってもおすすめですよ。

スポンサーリンク

秋に聞こえてくる虫の声といえば・・・?

秋に鳴き声を聞くことができる虫と言えば、一番有名なのが、コオロギ鈴虫でしょう。

特に鈴虫の声を聴いたことがある人も多いんじゃないでしょうか?
ペットショップやホームセンターなどでも売られていますよね?
生息地は北海道から九州まで幅広く、平安時代からペットとして鳴き声が楽しまれてきました

コオロギも鈴虫に似た鳴き声ですが、種類によっては全く異なります
コオロギで一般的なのは、エンマコオロギやカマドコオロギです。

他には、マツムシクツワムシウマオイなどの虫を挙げることができます。
これらの虫が出てくる童謡『虫のこえ』がありますね。
聴いたことがある人も多いでしょう。気になる人は探してみてくださいね。

鈴虫の声

鈴虫の声

秋の虫はどうやって鳴いている?鳴いている意味は?

秋の虫が鳴く理由って何だと思いますか?
理由には大きく分けて3つあります。

一つ目は、ひとり鳴きです。
オス同士が互いの位置確認やコミュニケーションをとるために鳴くそうです。

次に連れ鳴きというものです。
自然派生するもので、誰かが鳴いたのにつられて一緒に鳴き出すことを指します。

最後に、おどし鳴きです。
メスをとられないように脅すために鳴くんだそうです。
つまり、鳴いている虫は全てオスと言うことになりますね。

さて、どうやって虫たちが鳴いているのかですが、ほとんどの虫が、二枚や四枚の翅をヤスリのようにこすり合わせて、あのような音を出しています。翅には太い脈が走っているので、こすり合わせることができるんです。

きれいな声で鳴くエンマコオロギ

きれいな声で鳴くエンマコオロギ

秋の虫はどこに行けば捕まえられるの?

秋の虫は、夜に鳴くことが多いので、夜になってから当たりを付けて、罠を仕掛けるのがいいでしょう。

鈴虫の場合は、夏ごろに草むらに出かけて、鳴いている所を静かに近づくといいでしょう。罠を使う場合は、口が広い瓶などにキュウリやナスを入れて、地面に埋めておくだけで簡単に捕まえることができますよ。

マツムシを捕まえる場合は、夜に草むらなどに、かごなどにマツムシが好む煮干しやキュウリ、ドッグフードなどを入れて置いておくといいでしょう。

クツワムシの場合は、夜行性で草むらなどの鬱蒼とした場所を好みます。鳴いている時は動かないので、こっそりと近づいて素早く捕獲するのがいいでしょう。光に敏感なので、懐中電灯などは消してから近づきましょう

マツムシの鳴き声・姿-2014・秋

マツムシの鳴き声・姿-2014・秋

秋の虫の飼育方法は?エサは?お水は?

鈴虫の飼育方法

秋の虫として、一般的な鈴虫の飼育方法をご紹介しましょう。
ホームセンターやペットショップで購入できるので、手に入れやすいと思います。

鈴虫の飼育はとっても簡単です。
大きめの水槽の中に湿度を保つために赤玉などの土を入れて、炭も一緒にいれると消臭効果を得られます。その中に鈴虫を入れて、ナスやキュウリなどの水分がある野菜を入れておくだけでOKです。

オスとメスを一緒に入れると自然に繁殖してくれますよ。
複数の鈴虫を入れる場合は、共食いを避けるために動物性のたんぱく質を摂取させた方がいいので、鰹節や煮干しをあげるといいでしょう。

鈴虫は高くジャンプができる虫ですが、つるつるとしたプラスチックなどであれば上ることができないので、容器にふたをする必要はないでしょう。

クツワムシの飼育方法

続いて、鳴き声が大きなクツワムシの飼育方法をご紹介します。
鳴き声が大きいので、寝室に近い場所は避けた方がいいでしょう。

プラスチックのケースには土を入れて、イネ科のススキなどの植物を入れておきましょう。餌にはマメ科の葉やりんご、カボチャ、ナス、煮干し、鰹節などを与えましょう。

他の虫と一緒に飼うのは適していないので、分けた方がいいでしょう。
野菜などを与えるので、水分は十分ですが、気になる場合は霧吹きで2日1回、水を与えるといいでしょう。

クツワムシ – ガチャガチャ ”Gotcha Gotcha” Grasshopper

クツワムシ – ガチャガチャ "Gotcha Gotcha" Grasshopper

【最後に】

昔から童謡で歌われるくらい、秋になるといろんな虫が鳴き声をあげるんですね。それぞれに異なった鳴き声を持つ秋の虫たちを複数、飼育してみるのも楽しいでしょうね。

草の生い茂った場所が近所にある場合は自分で捕獲するのも良いでしょう。
ぜひ、いろんな虫と出会って、違いを楽しんでみてくださいね。

よく読まれている記事
昆虫採集
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました