ガリガリ君の工場見学予約は3ヶ月前から!電話のコツとは?土日の見学は可能?

イベント

暑くなると冷たいものが食べたくなりますよね。

そんな時の代表格がアイスですよね。

そんなアイスの工場見学ってとっても楽しそうだと思いませんか?

これなら夏休みで退屈している子供にも、良い思い出を作ってあげられそうですよね。

子供が大好きなガリガリ君の工場見学なんていかがですか?

ガリガリ君の工場見学の予約は3ヶ月前から!

envelope-295411_1280

ガリガリ君の工場見学には、インターネットでのメールでの予約と往復はがきでの予約の2種類があります。

電話での予約はできないので、インターネットでの予約が一番楽かもしませんね。

3か月前から予約ができるので、8月の予約を抑えたい場合は、5月になったらすぐに申し込みを始めてくださいね。

受付期間は、見学ご希望月の3ヶ月前の1日から、2ヶ月前の20日までです。
2019年9月分の応募締切 ⇒  7/20まで
2019年10月分の応募締切 ⇒  8/20まで

一日5回開催されますが、一回が20名までなので、なるだけ少人数のグループで応募することが当選を勝ち取るコツとなります。

赤城乳業 工場見学公式サイト:

工場見学について|赤城乳業株式会社
ガリガリ君でおなじみの赤城乳業、本庄千本さくら『5S』工場 工場見学のお申し込み方法をご説明いたします。

ガリガリ君工場見学概要

場所:本庄千本さくら『5S』工場

見学所要時間:約90分

見学定員:各回20人

見学内容概要:説明、映像鑑賞、アイス製造工程の見学、ガリガリ君広場(アイスの試食)

見学特典:アイス試食のご案内、オリジナルノベルティグッズのプレゼント

参加費:無料

持ち物:小学生以下のお子様は、かかとのあるタイプの室内履きをご用意ください。大人の方には、スリッパをご用意しております。

ガリガリ君工場見学が人気の理由とは?お土産は?

ガリガリ君工場見学の一番の目玉は30分ほど確保されていると言われる無料のアイス食べ放題です。

ガリガリ君好きにはたまらないサービスですよ。

他にも、無料のガリガリ君キャッチャーというゲーム機も用意されており、子供はこれで十分遊べるようです。

さらにお土産も用意されており、ガリガリ君のクリアファイルと消しゴムが定番のようです。

子供もこんなお土産ならうれしいですよね。

ガリガリ君工場見学 アクセス情報

場所:赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場

住所:〒367-0212埼玉県本庄市児玉町児玉850-10

赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場

公共交通機関:JR八高線「児玉駅」下車タクシーで約10分。JR高崎線「本庄駅」下車タクシーで約20分。JR上越新幹線「本庄早稲田駅」下車タクシーで約15分。
車:関越自動車道 本庄児玉ICより約7km(車で約15分)

ガリガリ君工場見学、予約が取りやすい時期は冬

branch-437501_1280

やはりアイス工場なので、寒い時期は人気がないようです。

冬から春にかけては比較的に空きがあるので、夏休みがダメだった場合は、冬休みや春休みを狙って遊びに行ってみるといいでしょう。

さらに、長期休暇ではない時期の平日はかなり予約を取りやすいので、そういった日を狙うのもおすすめです。

ガリガリ君工場見学の注意点は?年齢制限はある?

160103_046a

工場見学では一部で撮影や録音が不可となっているエリアがあるので、事前に係りの人に確認しておきましょう。

さらに、ペット同伴不可で、工場内への飲食の持ち込みは禁止となっています。

見学開始20分前からしか、工場の建物内に入れないので注意してくださいね。

さらに、小学生以下は保護者同伴でなければ、来場を認められていませんが、年齢制限はないようです。

しかし、小学生以下はスリッパではなく、靴のようにかかとがカバーできる上履きの持参が求められていますよ。
sweet-1104378_1280

まとめ

いかがでしょうか。

ガリガリ君は人気がある商品であり、子供にもなじみのある商品なので、工場見学に連れて行っても、きっと楽しんでくれると思いますよ。

試食タイムには赤城乳業株式会社の他の商品も食べられるので、新しい商品に遭えるかもしれませんね。

ぜひ、早めに予約して今年はガリガリ君工場見学に行ってみてくださいね。

おいしいアイスクリームを食べるなら、添加物や着色料の入っていない純アイスクリームがおすすめです。

安いものだと、よく分からないカタカナの原材料名が並んでいることが多いので、生クリーム、卵、砂糖などの記載がないものは気を付けましょう。

暑い夏は特に頻繁にアイスクリームを食べることでしょうから、ぜひ安心できるものを選んでくださいね。

よく読まれている記事
イベント
takatakaをフォローする
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました