全国こけし祭り2017!みどころ総まとめ!パレードの予定は?混雑状況は?

スポンサーリンク



毎年秋に開催される、「全国こけし祭り」というお祭りのことをご存知でしょうか?


こけしといえば日本の伝統工芸品であり、多くの方が一度は見たことのある身近な存在だと思います。


そんなこけしの中でも有名な「鳴子こけし」の産地で毎年開催されているのが「全国こけし祭り」で、様々なこけしやこけしに関わる体験などが出来るイベントとなっています。


こけしファンの方はもちろん、そうでない方も身近な存在であるこけしについてもっと詳しく知って、より楽しくなるこけし祭りにぜひ参加してみませんか!


今年の全国こけし祭りの情報、またどのような内容なのかをまとめてお伝えしていきますので、ぜひチェックしてみてください。


スポンサーリンク

【鳴子温泉郷秋の風物詩!「全国こけし祭り」とは?】


全国こけし祭りは先程お伝えした通り、「鳴子こけし」、そして奥州三名湯のひとつである「鳴子温泉郷」が有名な鳴子温泉で開催されます。


鳴子温泉郷には「こけし通り」と名付けられた商店街があり、また郵便ポストや公衆電話といった、どの街にもある存在も鳴子こけしが出迎えます。


「こけしの街」としても有名で、そんな場所で全国こけし祭りが開催されるのは当然かもしれませんね。


全国こけし祭りではこけし供養祭やこけし奉納式をはじめ、こけしの各産地の伝統こけしの実演と展示販売、こけしの絵付け体験など、数多くのイベントが用意されてあります。


どこを見てもこけしという状況で楽しめるお祭りとなっていますので、ぜひ一度遊びにいってみてくださいね!


そんな全国こけし祭りの具体的な開催場所や日程については、以下をご確認下さい。


場所:宮城県大崎市鳴子温泉(鳴子温泉境内、鳴子小学校体育館、温泉街お祭り広場など)
お問い合わせ:0229-83-3441(鳴子観光・旅館案内センター)/0229-82-2026(大崎市鳴子総合支所地域振興課)


日程についてはまだ今年のスケジュールとしては発表されていませんので、昨年のスケジュールを参考に見てみましょう。


昨年は


9月2日(金)から9月4日(日)


の開催でしたので、今年も同じ、9月最初の金曜日から日曜日という可能性が一番高いと思われます。


詳しくは公式サイトをこまめにチェックし、うっかりがないようにしておきましょう!


公式サイト:
全国こけし祭り みやぎ鳴子温泉郷
全国こけし祭りでは、東北地方をはじめ各系統のこけし工人が集まり、全国の伝統こけしが一堂に会するこけしの実演展示即売会、コンクール入賞作品の展示、鳴子漆器の展示・即売やフェスティバルパレード、こけしの奉納式などが行われます。


全国こけし祭りは1948年に「鳴子こけし祭り」としてはじまり、1953年より「全国こけし祭り」と名称を変更して毎年地元の方や観光客に親しまれ、今年でもう63回目の開催となります。


来場者の人数は公表されていませんが、地元の方、温泉客、そしてこけし祭りの観光客を合わせ、混雑する3日間となっています。


全国こけし祭りをめいっぱい楽しむためにも、参加される際は余裕を持ったスケジュールを考えておくことをおすすめします!



【初心者向け!全国こけし祭りのみどころ3選!】


全国こけし祭りはイベントも多く、どこをチェックすれば良いのか迷ってしまうレベルですよね。


初めて全国こけし祭りに行く方に向けておすすめをいくつかご紹介しますので、ぜひこちらを参考に当日の予定を考えていただければと思います!


◎見どころ1:全国こけし祭りパレード

・参考動画
2016年9月3日 鳴子温泉 第62回全国こけし祭りパレード


見た目の派手さと魅力、楽しさを考えると、やっぱりパレードは外せないイベントになります!


伝統こけしを模した「張りぼてこけし」に一般募集した方が入り、鳴子の温泉街をパレードします。


万燈神輿を先頭にこけしの浴衣を着た鳴子踊り、ゆるキャラなども登場する派手なパレードは、必ず見ておきたいポイントです!


◎見どころ2:実演展示販売

・参考動画
鳴子温泉で「全国こけし祭り」


鳴子小学校の体育館ではこけしの実演展示販売が行われ、様々なこけしを間近で見、また買うことが出来ます。


たくさん並んだこけしは見ているだけでも楽しく、またそれぞれの違いを見つける楽しさもあり、ぜひこちらもチェックしておきましょう!


◎見どころ3:張りぼてこけし

動画は「見どころ2」でこちらも見ることが可能ですので、合わせてチェックしてくださいね。


張りぼてこけしはパレードで一般募集した方が入るこけしですが、一つ一つ特徴があり、シュールなものから可愛らしいものまでがそろっています。


実際にパレードで見るだけではなく、このように並んでいる姿を見るのもまた楽しく、張りぼてこけしもぜひチェックしておきたいポイントです。


【鳴子こけし なぜ「こけし」が有名なの?】


鳴子温泉でこけしが作られたのはいつ頃からなのかについてははっきりしていませんが、伝承などによると「江戸時代末期」と推定されています。


その頃から鳴子こけしの伝統は親から子ども、師から弟子と厳格な師弟制度で伝えられており、現在もそれぞれの特徴が受け継がれています。


鳴子こけしは首を回すと「キュッキュッ」と音が鳴るのが特徴で、あどけない素朴な可愛さが魅力です。
また他の伝統こけしと比べても写実的な描かれ方をしているという特徴もあり、当時から鑑賞するためのものとしての価値も高かったんですね。


こけし全体の歴史を見ても始まりは江戸時代末期、東北地方で湯治客へのお土産として作られた木製の人形からとなっています。


こけしは丸い形の頭部と円柱の胴体というシンプルな形態となっており、「幼児が遊ぶおもちゃ」として始まったんですね。


しかし鳴子こけしについては飾り物としての意味も強くあり、立てて安定するように比較的胴体も太めに作られていたようです。


本来おもちゃであったこけしですが、時代が移り大正になると、キューピー人形など新しいおもちゃによって衰退していきました。


しかしその頃から趣味でこけしを集める人も増えていき、「大人が鑑賞して楽しむおもちゃ」として現在も続いています。


【祭り時期の鳴子温泉郷の宿の予約状況は?】


全国こけし祭りは観光客も多く、元から温泉郷ということで宿も埋まりがち、なおかつ夏休みの終わりというタイミングもあり、具体的な来場者の人数は公表されていませんが早くからの宿の予約をおすすめします。
特に人気の高い宿に関しては早くから予約が埋まる可能性が高いですので、予約が可能となったらすぐにでも予約しておきましょう!


宿を予約する場合はるるぶトラベルなどが空室状況の検索もしやすく、良い宿を探しやすいのでおすすめです。


るるぶトラベルで宿・ホテル・旅館の宿泊予約、国内旅行予約
宿・ホテル予約ならるるぶトラベル。当日予約や今だけのるるぶトラベル限定プランも。航空券やレンタカーと宿泊のセットでさらにお得に。温泉旅館からビジネスホテルまで目的に合わせて簡単検索。


【まとめ】

全国こけし祭りは動画を見たり温泉街の風景を見ているだけでもこけしがたくさん見られ、魅力的ですよね。


紹介しきれなかったイベントももちろんたくさんあり、こけしに関わるグッズや関連品をたくさん手にすることも出来ます。


実際に見るとまたもちろん違いますので、ぜひ今年の全国こけし祭りに、せっかくですから宿も取ってゆっくり温泉につかりつつ楽しみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です