お盆玉をあげるのって常識なの?ポチ袋の種類や金額の相場は?

スポンサーリンク


お盆玉という言葉を知っていますか?
お年玉みたいですよね、言葉から想像するに、大人の皆さんは知りたくない言葉かな、と思います。


実はこの習慣自体、かなり新しいものなんです。
なので、絶対にやるべき習慣ではないのですが、ちらっと知っておくと、周りにせがまれた際に驚かなくて済むと思います。


スポンサーリンク

知らなかった!「お盆玉」ってもはや常識?迷惑との意見も・・・

お盆玉は、山形地方にある「お盆小遣い」という風習が元になったものです。お盆玉という言葉ができたのも数年前と言われているので、知らない人の方が多いと思います。


しかし、皆さんは子供の頃、祖父母の家に墓参りに行って、帰り際にお小遣いをもらった記憶がありませんか?これはまさに、お盆玉ですよね?


言葉自体は最近になって生まれたものですが、祖父母が夏休みに遊びに来た孫にお盆が終わって帰る際に渡すお小遣いとなんら変わらないので、習慣自体は昔からあったと言っていいでしょう。まだ、祖父母ならいいでしょう、でも、叔父叔母にあたる人達にとっては迷惑の他の何物でもないですよね?


元となった山形のお盆小遣いは、江戸時代に奉公人にあげていた風習なんだそうです。当時はお金ではなく、下駄などの物を贈るものだったそうですが、昭和初期に子供にお小遣いをあげる習慣へと変わっていったそうです。


山形の包装紙の製造を行っているマルアイという会社がポチ袋を売るためにお盆玉という言葉を作り、全国の店舗で販売したことで、全国を巻き込む騒ぎになったようです。これはかなり迷惑ですね。


「お盆玉」じわり浸透!知名度3割、平均5900円!




お盆玉をあげる時にはポチ袋に入れるの?お年玉のポチ袋と一緒でもいい?

しかも、お盆玉はお年玉と同じように広めたいようで、ポチ袋に入れて渡すのが流れとなっています。ですが、ポチ袋は冬やお正月を前面に出したお年玉用のポチ袋ではなく、夏の風物詩やお盆玉と書かれたお盆玉専用のポチ袋でなくては奇妙に見えます。


もちろん、この風習自体、一つの会社がポチ袋売るために作ったものですから、風習でもなんでもないと言い切ってしまえばそこまでですが、お盆玉をあげようと思うのであれば、お年玉用を使わずにお盆玉用のポチ袋を購入した方がいいでしょう。


ポチ袋(お盆玉袋)の作り方 シールやマステで簡単手作り♪



お盆玉の金額相場は?渡し方のタイミングは?


お年玉のような古い文化ではないので、細かいルールがあるわけではありません。何歳まであげるのか、誰にあげるのか、お盆玉を渡すタイミングも何も取り決めはありません。


なので、お盆玉の金額はお年玉と同等の額か少し少なめにするといいでしょう。あげる相手は、孫、姪や甥、息子、娘など年配者が子供に渡すのが一般的だと思います。お金に余裕がある人が渡せばいいと思います。


渡すタイミングは帰り際がいいと思います。お年玉のように新年のあいさつがあるわけではないので、帰り際が一番スマートですよね。旅費の足しにして、と言って渡せばとっても自然ですからね。


お盆玉をいただいたらお返しはどうする?どのタイミングで?


お年玉の場合もお返しはかなり親御さんにとって負担ですし、頭が痛い問題ですよね。お盆玉に関しても、お返しを考えると、とっても迷惑だと思っている親御さんが多いようです。


基本的に、お年玉と同じ対応で良いと思います。つまり、祖父母からの場合はお返しは不要で、子供がいる家庭からの場合は同等の額を相手の子供に渡せばよいでしょう。子供がいない家庭の場合は、同額程度の菓子折りや品物などを贈りましょう。


自分の兄弟や姉妹であっても、大人になって自分の子供に対して贈られたお盆玉にはきちんとお返しをした方がいいでしょう。それが面倒だと思うのであれば、事前に要らないとはっきりと断っておきましょう。


【最後に】


賛否両論あるお盆玉ですが、ほとんどの人が迷惑だと感じているようです。もちろん、この意見は子供ではなく、子供を持つ親、親戚に子供がいる大人の意見ですが。


子供にお金をあげた所で、欲しいものを買って終わるのですから、あまりためにもなりませんから、お金ではなく、書籍や勉強道具を贈るといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です