プールの塩素が原因で肌荒れした?プールの塩素の影響とは?

スポンサーリンク

夏はプールに入る機会が増えそうですが、小学校の時などプールの時間が終わると、何故かお腹を壊してしまったことはありませんか?


プールのあの独特な臭いの「塩素」は気になってはいたけれど、どこまで体に影響があるものなのかはわかりませんよね?


しかし、水泳を始めてから、何だかお肌が荒れたり、赤くなったり、かゆみが出てきた場合は、その塩素が原因なのかもしれません。


そこで今回はプールの塩素の体への影響について、まとめてみました。

スポンサーリンク

【プールの塩素、そもそもなんのため?】

不特定多数の人が利用するプールでは、水質を保って「プール熱」などの感染症を予防するために、塩素を溶かしています。


「プール熱」は、夏を中心に流行する急性のウイルス感染症で、塩素濃度の管理が不十分なプールで感染することが多いため、その名前がついています。


実はプールの塩素の量は、厚労省の「遊泳用プールの衛生基準」、文科省の「水泳プールに係る学校環境 衛生基準」などの条例によって塩素濃度が義務付けられているのです。


条例で定められている塩素濃度は、遊泳用、学校プールどちらも0.4mg/L~1.0mg/Lです。水道水の塩素濃度は0.1mg/L ~1mg/Lなので、プール用塩素のほうが少しだけ塩分濃度が高いですが、それほど違いがないようです。


その塩素がお肌の表面に活性酸素を発生させます。この活性酸素がお肌にダメージを与えてしまい、肌荒れの原因になるのです。


ただし、自宅で水遊びができる子供用プールは、同じ水のまま何日も使うことはありませんので、塩素消毒の必要はありません。




【プールの塩素で肌が荒れることってあるの?】

長く水に浸かったお肌は、角質が豆腐のように柔らかく、傷つきやすくてはがれやすい状態になっているそうです。


アトピーなどの敏感肌や乾燥肌の場合、プールの塩素の刺激をダイレクトに受けてしまいます。


まれにプールに入ってからにきび肌が改善したという声も聞きますが、塩素がにきびの元のアクネ菌を殺菌してくれているとも考えられますが、逆ににきびが出来やすくなったとう人もいます。


また、プールの塩素は思っている以上に皮膚から体に吸収されてしまうようです。


今までに一度もプールの水を飲み込んだことがない人は、恐らくいないと思いますが、もしも誤って飲んでしまった場合でも、水質基準によって管理されているはずなので、そんなに心配しなくても大丈夫です。


しかし、塩素消毒によって、多くの病原体は死滅していても、中にはしぶとい病原菌のいるようで、それによってまれに下痢などになってしまう場合もあるようですね。

スポンサーリンク

【プールからあがった後に塩素を落とすには?】

プールから上がった後、まず塩素を落とすために、水道水で顔を洗い、ぬるま湯のシャワーを全身に浴びて塩素を洗い流して下さい。


次に塩素で傷ついたお肌のスキンケアをします。必ずクリームなどを塗って保湿をしてから帰宅するようにしましょう。


特にヘアケアやハンドケアにも使える保湿性のあるシアバターがおすすめです!


そして、お風呂ではゆっくりと湯船に浸かり、毛穴の奥にたまった塩素まできれいに洗い流しましょう。


プール後は塩素でお肌が傷ついている状態なので、お風呂でも石鹸は使わないようにして下さいね?


入浴後、お肌が乾燥していたら、無添加のお肌に優しいタイプの化粧水を塗ります。顔だけでなく、クリームを全身に塗って、必ず保湿をして下さい。


【髪の毛への塩素の影響はあるの?】

水泳選手のように、毎日長時間プールで泳いている人の髪の毛は、塩素によって黒いメラニンが少なくなり茶色っぽい髪になってきます。


また、プールで濡れた髪の毛を洗い流さないままにしておくと、少しずつ髪の色が茶色くなっていく場合もあります。


髪の毛がパサパサになってしまうのも、塩素によりキューティクルが溶け出してしまうことが原因です。


しかし、海やプールに入ることは髪へのダメージが避けられないということはある程度、覚悟が必要です。それでも髪の毛への影響を最小限抑えるためには、


1.シリコン製のキャップをしっかりと被り、髪を出来るだけ濡らさないようにする
2.海やプールに入る前に、UVカットスプレーをつけておく
3.洗い流さないタイプのトリートメントをつけて髪の表面を保護しておく


水泳後は出来るだけ早くシャンプーでプールの水を洗い流し、洗い流さないトリートメントをしておきます。

【最後に】

「プールの塩素の影響について」まとめてみました。水泳は、お肌と髪に塩素による影響があることがわかりましたが、それを防ぐための対策があることもわかりました。


プールに入った日だけではなく、プールに入っていない日でも、保湿をしっかり行うようにしましょう。


ここまでをまとめると、


1 プールでは、水質を保ち感染症の予防のため、水道水より少しだけ強い塩素で消毒をしている。


2 プールの塩素は皮膚から体に吸収されてしまい、まれに下痢などになる場合はあるが、あまり心配はいらない。


3 プールに入った後は道水で顔を洗い、ぬるま湯のシャワーを全身に浴びて、お肌に優しいクレンジングクリームや無添加の化粧水などを使う。


4 入浴をして毛穴から塩素を洗い流した後、保湿力の高いシアバターなどのクリームで全身をしっかり保湿する。


5 プールの水を洗い流さないままにしておくと、少しずつ髪の色が茶色く脱色していく場合がある。髪の毛への影響を最小限抑えるための予防策がある。


以上をご紹介しました。水泳をしている人は塩素に負けない様に、しっかりとケアをして下さいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です