富山県とやま健康パークのじゃぶじゃぶ池いつから遊べる?テントはOK?楽しみ方ガイド!

プール・じゃぶじゃぶ池・水遊び

暑い夏の日、子どもたちにはクーラーの下でダラダラするよりも、のびのびと水遊びをしてほしいですよね。

でも小さい子でも安全に水遊びできる場所が分からないという親御さんも多いのでは?

そこで今回ご紹介したいのが富山県国際健康ぷらざ(愛称 とやま健康パーク)のじゃぶじゃぶ池!

安心して子どもたちを遊ばせるための楽しみ方ガイドをしていきたいと思います。

富山県とやま健康パークじゃぶじゃぶ池ってどんなところ?魅力は?

富山県富山市友杉151番地にある、とやま健康パークにはいろいろな施設があり、その中でも『じゃぶじゃぶ池』は無料で利用することが出来ます

水の深さは大人の膝下くらいの場所から、それよりももっと浅い場所があり、大きい子どもも小さい赤ちゃんも遊べるのが魅力的ですね!

広さも大勢の子どもたちが遊べるほど広く、富山県にあるじゃぶじゃぶ池の中で一番広いと言われています。

赤ちゃんでも安全に遊べる深さの場所があるのは、小さい子どもをもつ親御さんにとって、かなりポイントが高いですね!

とやま健康パーク

公共交通機関:JR富山駅(南口)下車→タクシーまたはバス利用
タクシー利用 約20分/バス利用 約30分

車:富山IC~国道41号線・岐阜方面~空港口交差点を右折~「富山迎賓館」を左折~約400m、富山ICから約5分

駐車場:無料 普通車386台

健康パーク じゃぶじゃぶ池

富山県とやま健康パークのじゃぶじゃぶ池はいつから遊べるの?混雑するタイミングは?

じゃぶじゃぶ池が利用できる期間は春季~秋季で、具体的な期間はその都度決定しているため、問い合わせが必要になります。

富山県国際健康ぷらざ(愛称 とやま健康パーク)
〒939-8224 富山県富山市友杉151番地
電話番号 076-428-0809

定休日は月曜日ですが、祝日に当たる日だった場合はその翌日が休みになるので気を付けてくださいね!

空いている時間は午前10:00~午後5:30となっています。

私のおすすめはじゃぶじゃぶ池がオープンしたての温かい午前中です!

昼過ぎの日差しの強い時間帯は親御さんも疲れてしまいますし、子どもの熱中症も心配になるためです。

ママやパパのお仕事が休みの日はやはり混雑するようですが、池がかなり広いので子どもたちが遊ぶ場所には困らなさそうです。

小さな赤ちゃんも水遊びOK?水鉄砲などのおもちゃの持ち込みは?

水が浅い場所があるので0歳児の赤ちゃんでも遊べますが、池には岩などの危険も潜んでいるため、遊ばせているあいだ目は離さないようにしましょう

オムツが外れていなければ入れない施設も多く存在しますが、とやま健康パークのじゃぶじゃぶ池はオムツが外れていなくても大丈夫!

しかし普通のオムツでは水に濡らすと膨らんでしまうので、水遊び専用のオムツを着用させるようにしましょう。

じゃぶじゃぶ池で遊べる年齢制限は特にありません

おもちゃの持ち込みも禁止していないので、お気に入りのおもちゃを持ってくるとさらに楽しめるかもしれませんね♪

日差しが強い!テントの持ち込みは大丈夫?飲料・お菓子などの売店はあるの?

真夏となると気になるのが日差しの強さですよね。

屋内の施設で暑さをしのぐことも出来ますが、ものすごい混雑が予想される日は、屋内もいっぱいになっていて座る場所がない…なんて可能性もあるので、簡易テントなどを立てて日差しを避けましょう!

売店はありませんが、屋内に飲料や軽食を買える自販機が設置され、軽食コーナーではワゴン販売を行っています

トイレは多くの人が使用するので心配な所ですが、清潔な状態が保たれているようなので安心してくださいね。

じゃぶじゃぶ池だけじゃなく、プールもあるよ

とやま健康パークには、屋外のじゃぶじゃぶ池のほかに、健康スタジアムの中に屋内のプールもあります。

小学生以下のお子様は、保護者同伴でご利用ください。(同伴だけでも保護者有料)

プールは、健康スタジアムの中の一施設ですので、小学生から大人まで料金は割高だと思います。

興味のある方は、公式HPで確認してください。

とやま健康パーク 公式HP

とやま健康パーク
健康づくりと癒しの空間として、とやま健康...

まとめ

とやま健康パークのじゃぶじゃぶ池は、岩や小さな滝のようなものまであるので、子どもの冒険心を掻き立てるいい機会になります。

子どもたちの笑顔にママやパパも癒されること間違いなしですよ♪

今年の夏はぜひ普段できないのびのびとした水遊びを、とやま健康パークのじゃぶじゃぶ池でさせちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました