夏休み新聞の作り方・書き方ガイド!題名の付け方は?見本・テンプレートはどこにある?

スポンサーリンク

夏休みの宿題で、「夏休み新聞」が出された子供も多いかと思います。日記というとピンと来ますが、新聞となると少し身構えてしまいますよね?


お父さんたちが毎日読んでいる新聞は、大きな題名と見出しが目を引きます。夏休み新聞は記事の内容だけではなく、レイアウトも考えなければならず、子供たちも迷ってしまうと思います。


そこで今回は小学生の夏休みの宿題である、夏休み新聞の作り方を調べている小学生や、小学生の親御さん向けへ、情報をまとめてみました。


スポンサーリンク

【小学生向け!夏休み新聞の作り方!人気の記事は?】

まずは新聞に書くネタですが、あれこれ考えずに、夏休みに体験したことなどを書くのが1番書きやすいと思います。


例えば、家族で旅行した時のことや、おじいちゃん、おばあちゃんの家に遊びに行った話など、身近に実際に起こった出来事をテーマにします。


書きやすいテーマの例は、


1.身近に起こったこと
2.夏休みに心に残った体験
3.自分が住んでいる町の歴史や、おすすめの場所の紹介
4.自分が読んだ本でおもしろかった本の紹介


その他にも、何か自由研究のテーマから気になるテーマを見つけて、それについて新聞にまとめてみると、面白い新聞が出来そうですよ?


例えば、下のサイトの「 集めるだけでできる! 自由研究!」の中にある「町の名前を集めよう!」を見てみました。


自分が住んでいる地域の町名を集めてみて、その町名がいつから使われているのか、またなぜその名前がついたのかなど由来を調べる、など、ネタは豊富にあります。


参考サイト:「夏休み自由研究プロジェクト2017」
夏休み!自由研究プロジェクト2017 | 学研キッズネット
自由研究のことなら何でも解決!小学生・中学生の夏休みの自由研究を、学研キッズネットが強力サポート!テーマさがし、進め方からまとめ方まで、500以上のたくさんの研究テーマで、きみの「好き」がきっとみつかる。



【ネタが決まったら、どうやって書く?記事の書き方のコツは?】

基本的に新聞は縦書きに書きます。とにかく最初にテーマが決まったら、記事をどんどん書いてみて、後から見出しやタイトルを考えます。


文章の全体の組み立て方は、「結論(結果)本文」の順にします。出来るだけ無駄を省いて、簡潔な文章の方がまとめやすいです。


レイアウトなどは、後に紹介するテンプレートなどを参考にして、作ってみましょう!


1.最初に記事を書いて行きます。5W1Hで「いつ、どこで、だれが、なにを、どうした」に従って書いて行くと、簡潔でわかりやすい記事が書けます。


2.見出しやタイトルは短めでわかりやすく、みんなが興味を持つようなタイトルをつけます。


3. 写真を入れると記事にメリハリがつきます。


4.参考になるテンプレートがあれば、見出し、記事、写真などを入れて行きましょう。


【夏休み新聞の題名の付け方は?どんな題名が人気?】

新聞の題字(新聞)は、基本的には上の右端か、上に置きます。夏休み新聞では、内容を1つに絞ったが題名がつけやすいです。

スポンサーリンク

歴史について書くなら「歴史新聞」、好きな本について書くなら、「読書新聞」のような感じです。


迷ったら、記事の内容がわかりやすいものを、題名に付けるのが良いと思います。


例えば、電車について調べたら、「線新聞」、ドクターヘリについての記事なら「ドクターヘリ新聞」などです。


「お手伝い新聞」で、毎日お母さんのこんなお手伝いをして、それに対してのお母さんの言葉を載せるとかでも、おもしろいかもしれません。


他には夏の風物詩「花火」「お祭り」「スイカ」などを使うのもありかと思います。


【参考にしよう!夏休み新聞の見本・テンプレートが掲載しているサイトは?】


新聞のレイアウトには色々なパターンがありますが、基本的には1番上に最も読んでもらいたい記事を置き、下に他の記事を置く形です。


記事の区切りに線を入れて、見やすいようにして、小さい記事は囲みを入れるなど、人が見やすいように作ります。


新聞作りの参考にして欲しいサイトをご紹介します。各テンプレートイメージを参考にし、丸写しはくれぐれもしないで下さいね?


◆1. 家族新聞(海水浴)(Microsoft Office テンプレート)


夏休みに家族で行った海水浴など写真をつけて、楽しい新聞を作れます。家族の顔写真を入れられて、レイアウトにそって文章を入力するだけなので簡単です。


・データ形式 PowerPoint
・用紙の設定 A4 普通紙




◆2.新聞のテンプレート3種 – マネして使えるレイアウト見本


縦書き、横書き、ランダムレイアウトの3種類があります。どのようなデザインで新聞を作ればよいのかなど、レイアウト見本や割り付け見本は、この記事を参考にしてみて下さい。


新聞作成用紙(B4版)の紹介もあります。


◆3. 【初めての小学生新聞づくり】超簡単な作り方からコンクール用の上級テクニックまで徹底解説!


小学生の新聞づくりの疑問が、すべて解決できるように細かく解説をしているサイトです。


1~2年生、3~4年生、5~6年生の新聞づくりに分けて、解説しているのでわかりやすくて参考にしやすいです。


テンプレートもそれぞれあります。


【最後に】

「夏休み新聞の作り方・書き方ガイド!」はいかがでしたか?


夏休み新聞を作る時は、日記と違い人に伝わるように作ることが、大切なポイントですね。子供が何に興味を持っているかを探れば、ネタは結構あちらこちらにあると思うのですが、いかがでしょうか。


今回ご紹介したのは、


1 新聞のネタは、夏休みに体験したことなどを書くのが1番書きやすい


2 記事は、「結論(結果)本文」の順に書き、写真を入れたほうが興味を引きやすい


3 参考にしやすい夏休み新聞のテンプレート


などをご紹介しました。 今年は是非、親子で夏休みの楽しい思い出などを、新聞にしてみて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です