看護師さんの異動のストレスの原因3選!ストレスの対処方法は?

スポンサーリンク
仕事・就職・転職
スポンサーリンク

今までいた病棟からの異動は本当にドキドキしますよね。
新しい環境でまた色々覚えなくてはいけないこともあるし、大変です。

その上、他のスタッフとの関係性も良好でないと大きなストレスになります
異動した事で様々な問題を抱え、悩んでいる看護師も多いのではないでしょうか?

看護師として異動を何度か経験した事のあるライターcocoaが、異動によるストレスの原因とストレスへの対処方法を教えたいと思います。

スポンサーリンク

看護師の異動の実態

異動のタイミング・異動辞令はいつ発表?

私の経験上、異動のタイミングは4月や10月が多いと思います。
またそれ以外にもそれぞれの科で欠員が出た際には急な異動もあるでしょうし、タイミングはそれぞれの病院や施設でも違いますよね。

異動辞令に関しては私の勤務していた病院では2週間前くらいに出ることが多かったです。
その間に引き継ぎや異動先の情報収集をしていました。

希望通りの異動は出来るの?

これはかなりの熱意と理由が必要になります。
自分が勉強してみたい科への異動だったり、家庭の都合等で日勤の部署への異動だったりと、希望の理由はさまざまあると思います。

その旨を総看護師長に申し出て、希望の部署への異動をお願いしてみるといいでしょう。

私も結婚前は別の科への異動願(消化器外科⇒整形外科)を出したことがありますが、それは受け入れられませんでした。

総看護師長はきっと、私が消化器外科でもっと一人前になってから異動する方がいいのではと考えてくれたのかもしれません。

それ以外には結婚後に夜勤の少ない病棟への異動願は通り、実際に希望の部署へ異動することが出来たこともあります。
いかに自分の気持ちを伝えるかが大切だと思います。

異動は嬉しいもの?

希望が通った異動に関しては本当にうれしいものです。
新たな気持ちで勉強しようという意欲も生まれますし、充実した看護もできるでしょう。

しかし、予想していないタイミングで、希望していない部署への異動となると話は別です。
特に欠員補充といった形での異動では、異動先の病棟はバタバタしていますし、一つ一つ業務を教えてもらうのも一苦労です。

大きなストレスとなるでしょう。

異動によるストレス その1:異動先の上司と合わない

異動先の上司と合わないことが私の中のナンバーワンのストレスだった経験があります。

質問しても忙しいからか全く反応がなく、無視されたり、挨拶をしても返してくれない事もありました。
仕事を教えてくれないのは本当に困ります。

そんな風に上司との人間関係で悩んでいる人はまず、声をかけやすい先輩看護師を探しましょう

どんなに忙しくても優しく仕事を教えてくれる神様のような看護師は各病棟にきっと一人は居ます(実際はもっといるかもしれませんが・・・笑)

無理してまで、気の合わない上司に合わせようとしなくてもいいんです。

どうしても我慢できないときには主任や病棟看護師長に相談するのも大切です。

異動によるストレス その2:今までいた病棟とは違う看護業務

私は外科から療養病棟に異動した事がありました

外科は術前・術後の検査や処置、一日に何人も来る入院患者さんの説明や手続き、抗がん剤の点滴等の施行・・・本当に毎日激務でした。

そのような激務からまったく離れ、急に毎日が単調になりました。
おむつ交換や体位変換、入浴介助や食事介助等、求められるのは基本的な看護技術のみで、正直退屈でした

きっと中には私の逆で急に忙しく部署への異動をすることになった看護師さんもいると思います。

自分が勉強したい科への異動ではないときには本当に苦痛だと思います。
辞めてしまおうかと思う事もあるでしょう。
そんな状態で異動しても、いつまでも使えない看護師のままです。

これは看護師にとってスキルアップするチャンスなのです。
いずれその部署で学んだことを生かせる機会があると、前向きに考えてみましょう。

いつまでも同じ部署で同じことをしていては、スキルアップ出来ません。看護師として一つステップアップするチャンスが出来たんだと切り替えることが大切です。

でもどうしても我慢できない時には異動を取り下げてもらうよう、総看護師長に直談判するといいでしょう。

異動によるストレス その3:病棟の流れがつかめない。

今までの部署と違うことは、それぞれの部署ごとにあるルールです。
例えば掃除は週末にする部署もあれば、週初めにある部署にあるし、薬品や物品の場所もそれぞれ違う事が多いです。

私の異動先で在庫チェックの曜日が違っており、慌てたことがありました。
また精神科病院で、閉鎖病棟では朝していたラジオ体操が。認知症病棟では夕方にしていました。

それぞれの病棟独自のルールは慣れるまでに時間がかかるものです。

異動先では常にメモを持ち歩き、早くその病棟の流れをつかみましょう。
異動したからにはその部署に柔軟に対処することが大切です。

まとめ

異動することで、自分の生活が一変することがあります。
勤務時間が変わったり、残業や夜勤が増えたりと大きなストレスを感じることも多いでしょう。

そのストレスで退職を考える人もいるのではないでしょうか?

異動のストレスで退職を考えたら転職サイトに登録をして、まずは相談をしましょう。
環境が変わることで、新たな自分と出会えるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました