春から大学生!一人暮らしの不安と寂しさの解消方法まとめ!


希望の大学に合格し、春から一人暮らしを始めることになり、その心境はいかがですか?楽しみ?それとも不安?


今まで、家族と一緒にいるのが当たり前の生活をしていた人にとって、一人暮らしは未知の世界で、色々な気持ちが入り混じっていることと思います。


そんな一人暮らしに対する不安を解消して、
楽しく充実した大学生活を送りたいと思いませんか?


今回、過去に10年程一人暮らしの経験がある元看護師ライターかなさが、
一人暮らしの不安解消法と注意点について伝授します!


スポンサーリンク

春から上京していよいよ一人暮らしをするけど・・とっても不安!


一人暮らしをしながら大学生活を送る時、特に不安に思うことは、

1. 寂しさ

2. そもそも、生活出来るのか。

3. 寝坊してしまうのではないか。

以上の3点が多くあげられています。


高校生の間は、親元を離れて生活する人はほとんどいません。
ですから、もちろん黙っていても食事が出てきて洗濯も出来上がり、朝も起こしてもらえる。自分でやっていたのは、部屋の掃除くらい。


それなのに一人暮らしによって、全てのことを自分でやらなければならず、しかも家に一人きり…。まだ幼さが残るこの年代では、それらのことは大きな不安につながる要素だと思います。


それでも一人暮らしをやらなければならないあなたのために、その不安の解消法をお話しましょう



一人暮らしの不安をどのように解消すればいい?


1. 寂しさ。


一人暮らしの生活が寂しくて、ホームシックにかかっていますか?
ホームシックは、今の環境に慣れていないことが原因で起こります。


楽しかった実家の環境と、寂しい今の環境を比べてしまっているのです。
大ざっぱな解消法かもしれませんが、一人暮らしの寂しさは「時間」が解決してくれます


ですから、寂しさを乗り越えるためには、「とにかく忙しく過ごす」こと。
一人でボーっと考え事をする時間を作らないことが大切です。


好きな読書に没頭したり、DVDを見たり。忙しく家事をやるのも良いでしょう。
このように忙しく過ごしていると、いつの間にか「寂しい」と思う気持ちも薄れてきますよ。


2. そもそも、生活出来るのか。


実家にいると、何の心配もせずに生活出来るので、
自分一人で生活出来るのかと不安になるはず。


もしも可能ならば
最初の2週間程、母親に泊まってもらい、生活リズムを作っていくのも良いでしょう。


それが出来ない人は、
実家にいる間に一人暮らしを想定して料理や洗濯をしてみてください。


何かを経験して一人暮らしを始めることで、必ず不安は解消されます。
面倒に思わないで頑張ってみましょう!


3. 寝坊してしまうのではないか。


実家にいる時は、二度寝しても起こしてもらうことが多かったのではないでしょうか?大学生活で寝坊をしてしまうと、授業を受け損ねて単位を落としてしまうこともあります。


寝坊しないためには、

・早く寝る。(基本!)

・目覚ましをベッドから離して複数セットする。



・寒いときは、起床1時間前に暖房をタイマーセットする。

などの対策を講じてみましょう。


寝坊でだらけた生活にならないように注意しましょう。


このような対策を講じ、努力してもうまくいかない場合もあります。
そのためにパニックになってしまったら、まず、一人でいることを避けなければなりません


パニックに陥る心理状態の時に一人でいることは危険です。
すぐに信頼できる誰かに相談しましょう!


家族・友達と離れて一人暮らしで寂しい!寂しさの解消法は?


先ほども寂しさ解消法については簡単にお話しましたが、さらに細かく例をあげてみましょう。


1. 大学のサークルに入る。

2. アルバイトをする。

3. 趣味に没頭する。

4. 家に友達を呼ぶ。

5. 外に出かける。


大学生活が始まるとサークルの勧誘が盛んにあり、新歓コンパなどがあります。事前にネットなどで情報を得たうえで、いくつかの新歓コンパに参加してみましょう。そこで友人が出来、良い先輩が見つかるかもしれません。


また、アルバイトを始めることでお金も入り、生活にゆとりができます。
学業に支障がない程度にアルバイトをしてみましょう。


そうして友人が出来たら、家に呼んでホームパーティーなどを楽しむのもいいですね。しかし夜、女性が集まると、楽しさで無意識に大きな声が出てしまうものです。
近所迷惑にならないように気を付けてください。


このように、一人暮らしの寂しさを紛らわすには、
とにかく積極的に外に出かけて、たくさんの友人をつくる努力をすることが大切です。


女性の一人暮らしで怖い!防犯や困った時はどうしたらいい?


私も、一人暮らしを始めた当初は全部親任せで、
親に決めてもらったアパートに何も考えずに入居しました。


看護師の仕事を始め、準夜勤の仕事を終えて帰宅した時、空き巣被害に気が付いたことがありました。空き巣犯は、トイレの窓の鉄格子を丁寧に外し、窓を割り鍵を開けて侵入していました。


家に入った瞬間荒らされた室内を見て、恐怖で全身が震え、腰を抜かしてしまいました。すぐに兄に連絡し、警察に通報するよう促され、警察を呼んだのですが。


その時警察官に、「空き巣に入る奴はそのために日々体を鍛えているんだ。だから2階以上のアパートでも安心してはいけないよ。」と言われました。
そして、「鉢合わせにならなくてよかったよ。」とも。


もちろん、すぐに親に話して引っ越しをしました。
このような経験から、私の物件選びはかなり慎重になりました。


女性の一人暮らしでは空き巣ストーカー被害
近隣住民トラブルなどに巻き込まれることはないかと不安になりますね。


このようなトラブルを避けるために、

1. オートロックで2階以上の物件を探す。

2. 窓には補助錠、防犯フイルムを使用する。



3. 入居時、玄関鍵の交換を確認する。

4. 個人情報漏えい予防のため、ポストに鍵をかける。

5. 戸締りをしっかりする。

6. 宅配業者などのなりすましに注意し、インターホンがなってもすぐに玄関を開けない。

7. 帰宅時は、音楽を聞きながら、スマホを見ながら歩かない。

8. 生活パターンを固定しない。

9. 出来る限り早めの帰宅を心がける。

10. 防犯ブザーを持ち歩く。



以上のことに注意しましょう。


それでもトラブルに巻き込まれてしまった場合は、
すぐに親に相談し、引っ越しをしたほうがよいでしょう。

離れて暮らす両親は、常にあなたの事を心配しています。
必ず力になってくれるでしょう。


【まとめ】


皆さんも、一人暮らしをすることのデメリットばかりが気になり、不安になるのではないかと思います。


一人暮らしに対する不安を解消するために、
1. 寂しいと思う暇がないほどに忙しく過ごす。
2. 一人暮らしを始める前に、実家で家事を行いシミュレーションする。
3. 早寝早起きの生活習慣を身につけ、寝坊しないようにする。
4. 学生生活を充実させ、友人をつくる努力をする。

ことが大切です。


そして、トラブルに巻き込まれないように、先にあげた防犯に努めましょう。


皆さんはまだ学生なので、ひとり立ちしたわけではありません。
困った時には家族を頼り、どんどん甘えましょう。
困っていることを知らないほうが、親は心配しますよ?


家族に頼ってもいいんだと思えると、肩の力も抜けるはず。
楽しい学生生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です