飲み会での失言・暴言・しゃべりすぎ・・後悔先に立たず。失敗をリカバーするには?

スポンサーリンク


会社員ではなくても、飲み会の席で上司や取引相手、先輩や同僚、部下や友達に暴言や失言してしまうことってありますよね。酒に酔った勢いで言ってしまったことでも、相手がしっかりと覚えていれば忘れているフリなど意味がありません。

どうすればいいのか悩んでいる方はぜひいっしょに考えてみましょう。


スポンサーリンク

飲み会での失敗・後悔 その1:上司や部下・同僚に暴言や失言をしてしまった

飲み会での席で一番やってしまう失敗が、言わなくていいことをつい言ってしまう失言でしょうね。ちょっと強い口調で言えば、それは暴言にもなるでしょう。そんな失言や暴言は、相手を傷付ける言葉になります。


大抵の場合は、言われた側はいつまでも覚えています。どんなに酒の席での無礼講と謳われても、言われた側は気にしているし、根に持つでしょう。なので、酔っていて覚えていないと知らないフリをしたいところですが、きちんと謝罪をするべきです


さらに、謝罪する前置きとして、「酒に酔っていて」とか「お酒の席とはいえ」など、酒のせいにするのはやめましょう。相手は不誠実だと取りかねません。


きちんと、「昨夜は失礼なことを言ってしまい、誠にすみませんでした」や「昨日の非礼をお詫びします」などと言い、深々と頭を下げましょう。相手が「もういいですよ」とか「頭を上げてください」と言われるまでは頭を下げたままがいいでしょう


さらに、「今後はこういったことがないように気を付けます」などの反省も伝えましょう。相手が「気にしていませんよ」や忘れたフリをしてくれていても、最後にもう一度、「この度は誠に申し訳ありませんでした」と謝りましょう。それぐらい必死に謝らないとリカバーできないと思ってください。


コミュ障の私は、飲み会が大の苦手です。【もえりんちゃんねる!】




飲み会での失敗・後悔 その2:余計なことまでしゃべりすぎてしまった


喋りすぎというのも、失言と変わらないでしょうが、こちらは話し相手を怒らせると言うよりは、その場にいる人全員をドン引きさせるような場合が多いと思います。


ただ、しゃべりすぎの場合は、時としては相手に対して良きアドバイスとなる場合もあります。本音を言って、後の関係が良好になったり、深いものになったりするケースもあります。周りが普段思っても言えないことを言ってしまうのは、その後の職場を円滑にさせる効果もあります。


もちろん、言ってしまった本人はしゃべりすぎたと自己嫌悪に陥ることでしょう。言われた相手もショックを受けることでしょうから、きちんと次の日に謝罪をするべきです


酒のせいにせずにきちんと謝罪をしましょう。

取引相手の場合菓子折りを持参するのもいいでしょう。




また、直接会えない場合次の日にとりあえず電話やメールでしっかりと謝罪しましょう。そして顔を合わせた際にもう一度きちんと頭を下げるといいでしょう。


飲み会での失敗・後悔 その3:口論から喧嘩に発展をしてしまった

飲み会の席では、口論になることもありますよね。それがエスカレートすると、男性同士の場合は殴り合いのような喧嘩に発展してしまうこともあり得ます。


多くの場合が上司や先輩社員が間に入って殴り合いまでは発展しないでしょうが、殴り合いとなってしまった場合はどちらかが一方的に殴られ、怪我がひどい場合は警察沙汰になってしまうこともあるでしょう。


もちろん、被害届を出さなければ、示談で終わるでしょうから、問題ありませんが、喧嘩をした両方が周囲から浮いてしまうでしょう。喧嘩をしてしまった場合は、次の日に二人そろって各デスクを回って、飲み会参加者全員に謝るのが良いと思います。


二人で話し合って謝れば、周囲は仲直りをしていることも分かりますし、それ以上は言及しません。喧嘩する場合は両方に非があります。片方が責められることはないでしょう。


また、飲み会での口論や喧嘩はいいガス抜きにもなります。仲が悪かった者同士の距離が縮まることもあります。言いたいことを言い合えるので、悪いことばかりではないと思います。


飲み会での失敗・後悔 その4:酔い潰れてしまった、お店を汚してしまった


酔いつぶれるくらいは、さほどきにしなくていいんじゃないでしょうか?お酒の席では必ず一人か二人は潰れる人がいるものです。もちろん、毎度同じ人であれば、周囲は呆れるでしょうが、弱いと分かっている人が飲んでいると周りがとめてあげるのもやさしさです。幹事の人や上司、先輩が気にかけてあげるべきことです。


また、飲めない人が介抱役に回ることも多いと思います。
酔いつぶれた際に世話を焼く人の株も上がるのが通説ですし、悪いことじゃないと思いますよ。


ただ、次の日にはお菓子を上司に渡して、「昨夜はご迷惑をおかけして、すみませんでした」と謝る方がいいでしょう。自分で配ってもいいですが朝の業務の邪魔になるので、上司から皆にお菓子を配ってもらうようにすればいいと思います。


吐いてしまうこともあるでしょうが、お店としては飲み放題などを行っていると日常茶飯事のようです。想定内としているところも多いので、あまりにひどい場合は弁償を請求されるかもしれませんが、そうそう問題にはならないでしょう。


もちろん、トイレにこもるのが一番としているので、
吐く場合はトイレに駆け込むようにしましょう


【最後に】


飲み会の席での失敗は、無礼講と言う言葉で片づけられないものです。酒のせいにはせずに、きちんと謝罪すればだれもが許してくると思います。酒の席でやった失敗を詫びたのに、ひどい扱いをされる場合はパワハラやいじめとなるでしょう。


誰もが一度はやってしまうことでしょうから、
失敗した場合は反省して二度とやらないように対策を考えましょう。


ただ、飲み会は本音や素の自分を職場の同僚に見せる場でもあるので、失敗が自分をその職場に居やすくすることもありえます。失敗を恐れずに、ぜひ飲み会に参加して楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です