パート内でいじめにあっていて辞めたい!相談先は?訴えることはできる?

スポンサーリンク


パートの多くは“兼業主婦”が多いですね。
「少しでも家計の足しにしたい」「子どもの教育費に充てたい」
といった理由によるものです!


パートさんたちというのは、年齢も経歴もバラバラな人たちの集まりであり、
その上、女性ばかりの職場であるケースが多く、
トラブルになりやすい傾向があります!


人間関係というのは、
一度こじれるとなかなか修復できなくてストレスが溜まってしまいます。


パートの職場では、どのようなトラブル(イジメ)が起きているのか?など、
事例をご紹介し、解決策について考えてみましょう!


スポンサーリンク

パートさん仲間からのイジメ事例が増えている!?


パートを始めて3ヶ月のAさん

仕事ぶりが評価されシフトを増やしてもらえることに!
ところが、いざシフト表を受け取って驚きます。


明らかに以前からいるベテランのBさんのシフトが減り
Aさんのシフトが増えていたからです。
その後、Bさんから様々な嫌がらせを受けるようになったと言います。


経歴が長いだけでパートリーダーになった気の人!?

社員ですら腫れ物に触るように扱うものだから、
ますます助長してしまって他のパートさんを、
自分の部下のように使う人って、意外とどの職場にもいるようですねぇ。


自分が差配したあげく、
気にいらないことや、気にいらない人がいると嫌がらせなどしてくることも…。


しかしながら、何年働いていようと会社から見れば、
みんな同じパートさんでしかないのですよ!
勘違いも甚だしい“パワハラ”まがいの“単なるイジメ”ですね。



なぜいじめにあうの?ターゲットにされてしまうパートさんの特長は?


女性の職場では、
仕事とは関係の無いところからもトラブルやイジメを受けやすいものです。


・気が弱くてあまり自己主張しない

・社員や他のパートさんとも仲が良い

・パート仲間では1番若い


気が弱そうな人はそれだけでイジメの対象にされやすい場合もあります。

そういった印象を与えないように注意し、
挨拶や返事は笑顔で元気にするようにしましょう。


また、アナタにとって良いこと(嬉しいこと)でも、
相手に“自分よりも○○!?”と思わせるような状況にあると、
ターゲットにされやすいです。
何かと自分と比較して、
ちょっとでも“ワタシより…”と、妬みを持ちやすい人っていますからねぇ。


夫の勤め先や、子どもの成績のことなど家庭生活の話は、
特にもれやすいのでほどほどにしておきましょう
ね。


パート仲間からいじめられて辛い!辞めたい!誰に相談する?


パート仲間からのイジメの場合、
まずは、会社の上司等に報告して改善してもらう方法が考えられます。
でも、相手が古株のパートさんだからと、
頭が上がらないって上司もいますので話す相手を見極めることが大切です!



上手くやったつもりでも、余計にこじらせてしまうこともあるので、
可能であればシフト変更をしてもらうとかして、
相手から距離を置けるような配慮してもらって対処してくださいね。


また狭い人間関係のなかにあって、周囲との協調性を大事にする人は、
そもそもが、トラブル要因にはならないのが普通ではないでしょうか?(苦笑)


結局のところ、上から注意をされてもスルーできちゃうくらいの人ですから…。
仕返しなんてしようものなら、返り討ちに遭っちゃいます!!
辞めておきましょうね。


パート仲間からいじめられたら訴えられる?ベストな対処法は?


もし、会社の上司等に訴えても解決できなかった場合、
また、本人と対峙して良好な関係を維持できなかった場合は、
『全労連の労働相談ホットライン』にご相談ください。


非正規労働者の強い味方になってくれます。
状況に応じたアドバイスを受けられます。


労働相談ホットライン

フリーダイヤル 0120-378-060



非正規雇用労働者全国センターHP



また、最寄りの「労働基準局の労働問題相談窓口」で相談してみることも良いでしょう。
ただし、“労働基準法”で定められていなく民事的な話し合いが必要と判断される場合は、各都道府県に置かれている「労働局」へ相談する事になります。


まずは、ぜひ「労働相談ホットライン」で、
相談内容についてのアドバイスを聞かれることをオススメします (^_^)V


【最後に/まとめ】


ここまで、事例と対処法をご提案してきた筆者ですが、
正直なところ、
人間関係の修復・改善にアナタが努力した結果、
“ストレスで体調を崩してしまう”のではと心配しています。


パートの仕事に就いた理由はなんでしたか?
“自分の都合の良い時間で、少しでも稼ぎたい!”
ではありませんでしたか?


職場環境の整備に尽力することはとても大切ですが、
トラブルを引きずらないうちに、
早々に退職して次の仕事を探すことにも必要だと思いますよ。


“逃げるが勝ち”と言うように、
今の仕事を続けてストレスを溜め込んでしまうよりは、
思い切って新しい職場を見つけることのほうが、
より建設的だし、勇気ある選択と言えるかも知れませんね!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です