砺波(となみ)チューリップフェア2018みどころまとめ!混雑予想と駐車場やアクセス情報!

スポンサーリンク



国内最大規模でチューリップを眺めることが出来る、砺波市の「砺波チューリップフェア」をご存知でしょうか。


砺波チューリップフェアの規模は700品種、本数は300万本というレベルで、チューリップを眺めるだけではなく様々なイベントも予定されている大きなイベントです。


見ているだけでも圧倒されるほどのチューリップ、それが更にたくさんの催しで楽しめるのが砺波チューリップフェアなんですね!


今年、2018年の砺波チューリップフェアはいつなのか、そして混雑予想や駐車場など、砺波チューリップフェアを楽しむための情報を今のうちからチェックしておきましょう!


スポンサーリンク

【砺波(となみ)チューリップ フェア2018!】



砺波チューリップフェアは毎年富山県砺波市で開催されているチューリップフェアであり、たくさんのイベントと共にチューリップを愛でることが出来るイベントです。


どうしてチューリップがここまで親しまれているのかといえば、砺波市の花がチューリップなんです。

砺波市でチューリップの栽培が始まったのは1918年、今年2018年で100年を迎える歴史があり、チューリップは砺波市民に愛されているお花なんですね。



砺波市の水や気温はチューリップの生育に適していて、現在は日本一のチューリップ球根生産量を誇る街でもあります。

会場となるチューリップ公園には高さ20mのチューリップタワーもあり、砺波市民のチューリップへの愛を感じますね!


そんな砺波チューリップフェア、今年2018年の開催概要は以下のようになっていますので、まず最初にチェックしておきましょう。


開催期間:4月20日(金)から5月5日(土)まで

開催時間:8時半から17時半(最終入園は17時、期間中チューリップ公園は無休となります)

料金:大人1,000円、子ども300円(前売り券・20名以上の団体の場合は100円引き)

駐車場:3,800台(普通車500円、マイクロバス1,000円、大型車2,000円必要です)

公式サイト:
[公式]チューリップ四季彩館
チューリップ四季彩館の公式サイト。チューリップ四季彩館の展示やカフェ等の施設案内、催事やお知らせ、チューリップの開花情報などを掲載しています。


イベントとしては体験コーナーやステージイベント、その他イベントなどが計画されていますが、詳しくは公式サイトの更新を楽しみにしておきましょう!


毎年の来場者数ですが期間中で30万人ほど、平日はそこまで大した混雑もなく、ゆっくり砺波チューリップフェアを楽しめると思います。

一方休日やGW期間、特に5月5日は毎年大きな混雑が発生しますので、出来れば余裕を持って行動しておきましょう!




【砺波(となみ)のチューリップの見頃は?】



砺波のチューリップの見頃時期ですが、開花飲み頃は4月の中旬から5月の上旬となります。

つまり砺波チューリップフェアの時期が最も見頃で、一番きれいに咲き誇るチューリップを見られる期間ということですね!


フェアの時期のチューリップは本当に見頃ですし、平日であればそこまで大きな混雑もなくゆっくり見学出来ると思います。

動画でも見頃の美しさ、華やかさ、そしてたくさんのチューリップを確認出来ますので、ぜひこちらもチェックしておいてくださいね!


となみチューリップフェアダイジェスト映像



【チューリップフェアへのアクセス/駐車場・混雑予想は?】



砺波チューリップフェアが開催されるチューリップ公園には広い駐車場があり、3,800台駐車できるので停められないということは混雑日以外はそうそうないと思います。

北陸自動車道の砺波インターチェンジ、もしくは高岡砺波スマートインターチェンジから5~7分ほどですので、詳しくは公式サイトを参考にしてみてくださいね。


電車の場合の最寄り駅はJR北陸線の砺波駅になり、徒歩でも15分ほどでチューリップ公園に行くことが出来ます。

シャトルバスも用意されていてJR砺波駅、そして指定駐車場から無料シャトルバスを利用することが出来るのでご安心くださいね。


特に砺波チューリップフェア期間中の土日祝、GW時期は混雑が予想されるので、シャトルバスの利用がおすすめです!


混雑していない環境でゆっくりチューリップを眺めたいという場合、やはり期間中の平日をおすすめします。

GWや週末はどうしても家族連れも増え混雑しやすくなりますので、ゆっくりしたい場合は是非平日に予定を合わせてくださいね


【チューリップを見る際の注意事項!勝手に抜いてもいいの?】



チューリップを見る際の注意点ですが、基本的なマナーをしっかり守っていれば大丈夫だと思います。

もちろん花を勝手に抜くなんてことはいけませんし、チューリップは見て楽しみ、子どもがうっかり触ったり踏んだりしてしまわないように注意してあげてください。


砺波チューリップフェアの時期は大分暖かくもなっていますのでそこまで服装に警戒することもありませんが、それでもやはり肌寒いと感じることはあります。

長袖のシャツやカーディガンなどはおれるもの、重ね着ができる上着などで調節出来るようにしておきましょう。


雨の日に見るチューリップもまた違う魅力があると思いますが、寒くなる可能性もあるので無理はしないようにしてくださいね。

携帯の電波が通じないという情報はなかったので大丈夫だと思いますが、念のため行く前に「砺波チューリップフェアに行く」と伝えておけば安心です。


またトイレなどももちろん公園内にありますが、ゴミはゴミ箱があればしっかり分別して捨てる、ない場合は持ち帰るなど、こちらもマナーをしっかり守っておきましょう!


【まとめ】

砺波チューリップフェアは動画を見るだけでもたくさんの色とりどりのチューリップ、そして魅力的なイベントがたくさんあることが伝わってきます。

もちろん実際に見るとまた違った魅力もたくさんありますし、それを見つけるのも楽しみのひとつですよね。


時期も暖かくなったGW頃と最高に楽しめる時期ですので、ぜひ今年のGWのお出かけ先のひとつとして、砺波チューリップフェアを考えてみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です