ペットシッターと飼い主のトラブル4選!トラブル解決方法とは?

スポンサーリンク
ペット・猫・犬・動物
スポンサーリンク

ペットは家族の一員でもある大切な存在です。用事などでお世話ができない時は、ペットホテルに預けることもありますよね。

最近では、自宅に来てもらえるペットシッターにお世話をお願いすることも増えてきています。

ペットホテルと比べると、環境が変わらない自宅でお世話をしてもらえるため、人気が高まっています。

そんなペットシッターですが、実際のところ、トラブルはあるの?その時の解決方法は?など、皆さまの疑問にお答えしましょう!

スポンサーリンク

【ペットシッターと飼い主のトラブル4選!その1:お世話が不十分】

一日のスケジュールやペットの癖、好きなこと嫌がることなど、念入りに説明した上で依頼します。

ですが、いざ帰ってきてみると、あら?っとなっていることがあるようです。

なんか汚れているみたい…え、臭い⁉えさが食べ残してある?

放置されていた…とまではいかなくても、お願いしてあったお世話が、不十分だったり中途半端になっているとガッカリですよね。

そうならないように、事前の打ち合わせや自宅の下見にきてもらうなど、準備は十分すぎるくらいしておく必要があります。

そして、不備があった際は、シッターさんに伝えるだけでなく、会社に直接伝えましょう。会社からシッターさんに注意してもらったり、今後の業務改善に繋げてもらうためです。

【ペットシッターと飼い主のトラブル4選!その2:ペットが怪我をした】

自分がお世話をしている時でも、もちろん、思わぬ突発的なトラブルなどで怪我をしてしまうことはあります。

躾をしていても不意な行動などで止めようがないことや、ついうっかり、ということも、ない訳ではありません。

仕方がないとは分かってはいますが、預けるペットシッターはプロなので、プロとして細心の注意を払ってもらいたいと、思ってしまいます。

小さな怪我でも困りますが、後遺症が残るような重大な怪我や、最悪亡くなってしまうケースともなると、本当に辛いです。

ですので、例えば、散歩に連れて行ってもらう場合などは、散歩コースの入念な下見や危ないポイント、気を付けてほしい場所など、しっかりと伝えることが必要です。

自宅でも、普段から危ないものなどは置いていないはずですが、いつもより更にリスクとなり得る物は片づけておく、といったように細心の注意を払いましょう。

そして、シッターさんの方で、保険などの加入やトラブルがあった時、どこまで補償してもらえるか、など事前の確認が必要ですね。

【ペットシッターと飼い主のトラブル4選!その3:不要な場所まで立ち入られる】

家の中でシッターに不要な場所、例えば寝室に入った形跡がある、とか、シャワーを勝手に使われた、というトラブルも聞いたことがあります。

見ず知らずの方を、留守の自宅に入ってもらうので、やはり不安はありますよね。

事前の打ち合わせで、立ち入ってほしくない場所の説明はしているはずですし、シッターさん自身がシャワーをするなど、とんでもないです。

動画を撮って送ってくれるサービスを導入している所もあるようなので、そういったところを選ぶのも不安軽減になりますよね。

あとは、普段からペットモニターを設置している方もいるかと思いますので、それらで確認するというのも方法の一つですね。

【ペットシッターと飼い主のトラブル4選!その4:まさかの盗難⁉】

以前に、芸能人の方でベビーシッターや家政婦さんに、金品の盗難に遭ったというニュースを聞いたことがありますよね。

ペットシッターさんも、カギを預けて留守の自宅に入ってもらうので、同じことが言えます。

盗難などは、シッターさんや会社にとってその存続にも関わる信用問題になるので、まさかないとは思っていますが、ないとは言い切れないですよね。

合鍵を作られたらどうしよう
施錠等セキュリティはしっかりしている?
物が紛失したり、破損、盗難なんてないかしら…

などなど、打ち合わせで話をしているとは言え、やっぱり心配になってしまいます。

どうしても、不安で心配…気になってしょうがない…という方は、ペットシッターはお勧めできないかもしれません。

シッターさんに自宅に来てもらう前には、せめて貴重品の保管場所は施錠するなど、盗難防止対策は必要ですね。

【まとめ】

ペットにとっては、普段通り自宅で過ごせるのでストレスが少ないペットシッターサービスです。

とは言え、留守の自宅に入ってもらうため、やはり心配はつきものですよね。

トラブルが起きないように、綿密な打ち合わせはもちろん、各種保険や保証などについても、事前にしっかりと確認をしておきましょう。

動物看護師や提携の獣医さん、トレーナーなど、プロの資格を持つ方が所属しているかも、要確認です。

また、打ち合わせの段階で、ペットとの相性が良さそうかどうかも見ておくと良いです。

大切なペットをお願いするので、より信頼のおけるペットシッターの方に依頼したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました