長野のゼロ磁場「分杭峠」って?ゼロ磁場の効果とは?その他ゼロ磁場のスポットは?

公園・テーマパーク・観光スポット

長野のゼロ磁場「分杭峠」ってご存知ですか?

良く知らない人は、まずゼロ磁場に疑問を持つでしょうし、分杭峠と言う場所も知らないでしょう。

観光地とは違い、仏閣のある聖地でもない場所なのですが、多くの人が連日訪れる人気のパワースポットなのです

きっとどんな場所か知れば、あなたも訪れてみたくなりますよ!

長野のゼロ磁場「分杭峠」ってどんな場所?なぜ人気なの?

分杭峠(ぶんぐいとうげ)は、長野県伊那市にあります。

分杭峠とは、日本最大で、最長と言われる大断層地帯の中央構造線上にある地盤のもろい場所で、2つの地層がぶつかっている場所です。

ちなみに、大断層地帯上には昔から聖地が置かれることが多いそうです。

分杭峠がゼロ磁場であると発見されたのは1995年のことで、中国の公認「元極学(気の集団)」の創始者で気功師の張さんでした。

そして、土日にもなると、1,000人を超える人が訪れる人気のパワースポットです。

パワースポットとして紹介されていますが、神格的な場所ではなく、科学的に癒し効果があると信じられている場所です。

科学的にきちんと癒しの効果がある場所と証明されているわけではないのですが、ゼロ磁場という化学好きにはたまらない不思議スポットであるのは事実です。

この場所に来たことで、腰痛や肩こりが治ったという不思議な体験をする人が多く、人気のスポットとなってしまったことで、現在では毎日運航されているシャトルバスでしか、訪れることができない場所です。

このシャトルバスは4月下旬から11月下旬までの運行で、料金は、大人(12歳以上)800円、小人(12歳未満)400円となります。ただし、2歳以下の乳幼児で座席を利用しない場合は無料です。

栗沢駐車場というところから、シャトルバスが運行しており、8時から15時までの時間で、土日祝日は30分間隔です。

峠までの所要時間は約15分です。

ちなみに、栗沢駐車場までは中央自動車道の伊那ICから車で40分ほどです。

分杭峠シャトルバス 公式HP:

分杭峠シャトルバス
日本のパワースポット!分杭峠のゼロ磁場へ行くためのシャトルバスを運行しております。

2016初夏「分杭峠 ゼロ磁場」

ゼロ磁場がパワースポットといわれる所以、ゼロ磁場とは?

さて、分杭峠はゼロ磁場であるために注目されているわけですが、このゼロ磁場はとても珍しい場所なんです。

なぜなら、言葉の通り、磁気がない場所のことなんです。

地球にはN極やS極があり、方位磁石が必ずどこかを指しますよね?

でも、このゼロ磁場では、方位磁石はぐるぐると回転したり、振動したりして、方角を指せない状態になります。

それこそが、その場所に磁気がないことを示すわけです。そのため、カーナビやGPSも狂ってしまいます。

先ほど磁気がないといいましたが、実際にないわけではなく、厳密には正反対の磁気が打ち消し合う場所がゼロ磁場の定義となります。

どういうことかというと、ゼロ磁場はちょうど、N極とS極の正反対の磁気がぶつかり合って打ち消してしまい、磁力の高低の変動が大きくなり、結果として全体的に磁気がゼロに近い低い状態で保たれる場所なのです。

【驚愕】謎だらけ!未だ解明されていないゼロ磁場とは?日本のパワースポットまとめ 分杭峠、諏訪大社、豊川稲荷、伊勢神宮(瀧原宮)【衝撃】

分杭峠やゼロ磁場の効果・ご利益・効能とは?

そんな磁気がゼロに近い場所に行くと、どんなことが起こるんでしょうか?ここからは科学的根拠があるようでないので、ただの個人の体験談です。

挙げられる体験談で、肩こりが治ったとか、腰痛や頭痛が治った、毎月来るようになって人間ドッグで悪い数値だったものが正常値に戻ったとか、足が悪かった犬がその帰りには普通に歩けるようになった、生活習慣病が治った、首の後遺症が治ったなどがあります。

ただ、これらの体験談はほんの一部の人に起こったものです。

実際は、登山道であるため、長時間坂道を歩くため体を動かしたことでポジティブになれたり森林浴の効果もあり、気分がリフレッシュしたり、気持ちが落ち着いたりすることがある程度だと思います。

ただ、ゼロ磁場であることは間違いないので、感受性が強い人は、めまいや嘔吐してしまう人もいるようです。た

だ、帰り道ではすっきりとした気持ちで帰れるようです。

分杭峠の水を他の水と比較

分杭峠だけじゃない!ゼロ磁場の有名スポット3選!

百間滝

ゼロ磁場の滝という異名がある愛知県新城市大野にある滝です。

こちらもゼロ磁場と言われているので、近くだと言う人はぜひ訪れてみてください。

百間滝

陣賀山

2006年に発見された場所で、島根県松江市にあります。

こちらは中央構造線の活断層上にあるわけではないのですが、ゼロ磁場であると言われています。

私有地となっているので、入場には入場料が必要ですよ。

伊勢神宮

言わずと知れた神格的、人気のパワースポットですが、こちらもゼロ磁場地帯に建てられたものなのです。

伊勢神宮に限らず、諏訪大社、豊川稲荷、天河大弁財天、高野山も同じようにゼロ磁場地帯にありますよ。

まとめ

ゼロ磁場として最も知られているのが、今回紹介した分杭峠ですが、昔から注目されている不思議スポットだったのでしょうね。

現在でもとても有名な聖地とされる神社やお寺のある場所も調べてみると、ゼロ磁場であることが多々あります。

実はあなたも知らないうちにゼロ磁場のパワースポットに訪れていたかもしれませんね。

ゼロ磁場に興味を持った方は、ぜひもう一度、意識して訪れてみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました