大型台風が接近!出勤・自宅待機の基準や判断は?労災になるの?

スポンサーリンク


夏が過ぎると台風がよく接近する季節になり、天気予報や台風情報が気になるようになりますね。
最近は大型の台風が接近し大きな被害になることも多く、安全面なども本当に警戒しなければならない季節でもあります。


そうなると気になるのが、「台風が来た場合の出勤はどうすれば良いの?」「自宅待機の基準はあるの?」といった、自分の生活に直結する部分ですよね。
学生の頃は学校に基準があり、その基準で動いていましたが……社会人となったあとはそういった基準もなく、判断に迷ってしまいます。


大型台風が近づいてきたときなどは出勤するべきかどうか、自宅待機するべきなのかの基準や判断について、チェックしておきましょう!


スポンサーリンク

【9月といえば台風の季節!出勤停止・自宅待機の基準は?】


台風がいつ接近するのかと言うと、もちろん季節外れの台風も記憶にある方もいらっしゃいますが、大体は「9月頃」になりますよね。
でも実は台風の発生はもっと幅が広く、「台風の季節」と見るならば、この期間はもっと長いです。


しかし春や秋の台風は緯度が低い赤道のほうで発生することが多く、発生場所の東風に乗ってフィリピンやベトナム、中国南部のほうに移動することが多くなります。
そして夏から秋にかけての季節は太平洋高気圧が強まり、台風が日本の方に引き寄せられてしまっているんですね。


ですから台風が多い季節は7~10月、特に「9月頃」という印象が強くなるのです。


ちなみに出勤停止や自宅待機の明確な基準があるかという疑問なのですが……実は、ありません。
気象警報が出ている場合に法令上で「就労させてはならない」というルールはなく、出勤停止や自宅待機といった判断は会社が行っています。


会社で台風におけるルールをまとめていることもありますので、疑問に思ったら台風の季節になる前に確認しておくと安心ですね!




【台風の影響で駅が大混雑!こんな場合でも出勤すべき?】

台風が来て、それでも会社で明確なルールがない場合は基本的に出勤するしかないですよね。
頑張って駅までついたものの大混雑で動くこともままならず、電車も動かず……こうなった場合、どうしたら良いでしょうか。


基本的には会社の業務もありますし、電車が無理ならタクシーなど違う手段を取って行くことも可能ですので、「そのまま帰る」なんてことはしてはいけません。
しかしこのまま無理をして出勤しても帰る電車が確実になくなる(運休する)なども考えられますので、その場合は大混雑による遅刻の連絡も含め、一度会社に連絡して相談するのが一番だと思います。


自分の判断だけで「今日は無理! 帰る!」としてしまうと、後から無断欠勤扱いされてしまう可能性もありますので、必ず自己判断せず連絡し、相談するようにしましょう!

スポンサーリンク

台風7号が直撃したのでホテル内から動画を撮ってみた。


【九州・沖縄の会社勤めの人はどうしている?】

一口に台風と言っても、影響をよく受ける地域……例えば「九州や沖縄の方と、あまり影響を受けない東北方面では台風時の過ごし方も違うのでは?」と思われるかもしれません。
基本的に地域によって大きく差を作るようなルールがあるわけではありませんが、やはりしょっちゅう影響を受ける地方の場合、台風への対策や判断方法も繰り返すことによって明確になっているということはあります。


ですから人によって「最大限出勤の努力をする」「バスが止まっていたら休む」など、バラバラのようです(もちろん会社が許容する範囲です)。
特に沖縄の方は車通勤も多く電車などの運行休止なども基準にならないので、こういった傾向が強いんですね。


しかし先程駅の混雑のところでも「タクシーなどを使って出勤は可能」と言いましたが、こうやって出勤したところでタクシー代は基本的に出ません(会社によるとは思います)。
身の安全が確保出来ない、帰るルートが確保出来ない……こういった場合には、やっぱり早めに連絡し、対応していくことが大切なことに違いはありませんね。


【台風の日に出勤をして怪我をした!これって労災認定される?】

台風の日に頑張って出勤した結果怪我をしてしまった場合、労災認定されるかどうかも気になるポイントです。


最初に回答を言うと、残念ながら基本的に自然災害による怪我の場合、労災認定はされません。


労災は基本的に仕事中の怪我、そして通勤途中の怪我などの災害に対して支払われます。
これだけ見ると「台風が原因の場合も可能なのでは?」と思ってしまうのですが、台風の場合は「自然災害」なんですね。


しかし明らかに天候が悪い日(大型台風が接近していて危険が予測される日)や事業内容、条件(台風の場合に災害を被りやすい時間・場所である場合)などは、通勤も含め認められる場合もあります。
「通勤時だから絶対に労災認定される」というわけではないというだけで、状況も踏まえて一度相談してみると良いですね。


またそういった場所へ台風が来ているのに出勤を会社が命じた結果怪我をした場合は、会社が「安全配慮義務違反」に当たる可能性もあります。
重大な事故になってしまった場合は会社としても大きな被害となりますので、会社側としてもきちんと考えられると良いですね。


【まとめ】

台風時は出勤するだけでも一苦労ですし、どうしても交通機関のストップなどで出勤が不可能になる場合もあります。
そういった場合も自己判断せず、会社や上司に連絡を入れて相談するようにしておくと安心ですね。


またもちろん会社でルールが決まっている場合もありますし、大企業は比較的余裕を持って定時を早めたりすることもあります。
台風が接近してしまってから焦るより、今のうちからルールがあるかどうかを把握し、知っておくと安心だと思いますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です