屋根にできた「つらら」の落とし方とは?巨大つららは危険?つららを落とす道具は?

スポンサーリンク
雪遊び・雪・氷
スポンサーリンク

突然の大雪に閉口しつつも何とか雪かきなどを終えて一息……と思っていたら、屋根に大きなつららができていて怖いなんてこともありますよね。

天気がよく日光に当たっているつららを見ると「いつか落ちてくるんじゃ……」とも思いますし、ましてやその下が通路だったりガスボンベがあったりすると怖いです。

屋根に出来たつららはどうするんだろう、どうやって落とすんだろうと思いはしても、つららを見ることも少ない地域に住んでいるとなかなか方法も分かりません。

ここでは屋根にできたつららの落とし方やつららの危険性、そしてつららを落とすにはどんな道具があるのかをチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

屋根に巨大つららが! そもそも「つらら」はどうやってできる?

つららというもの自体はどんなものか知っているものの、そもそもつららがどうやってできるのかはなかなか知る機会もありませんよね。

ですからまず最初に、どうやってつららができていくのかを動画を参考に見ていきましょう。

ツララ(氷柱)の成長過程 タイムラプス動画  5時間半を1分半で

この動画は5時間半を1分半で見られるようになっているつららができていく過程ですが、どんどんつららが伸びていっているのが分かります。

つららは漢字で書くと「氷柱」で、この漢字のまま、氷が柱になったもの……つまり、つららは氷なんです。

しずくが寒さによって固まり、また温度が高くなることによって氷が溶け、溶け始めたところで再び温度が下がって氷になる……この繰り返しでつららができるわけです。

つららはほんの小さな数センチのものから数メートルに達するものまで様々で、長くなると地面に届くような大きさもありえます。

つららを放置するとやはり突然落ちてくる危険性があり、下が通路であれば人に対する危険はもちろん、自動車などに刺さって破損する可能性もあります。

屋根や軒先にできた「つらら」の落とし方は?

できてしまったつららはできるだけ周囲の安全が確保できているうちに落としてしまいたいものですが、落とす際はできるだけ打撃圧の高いハンマーなどを使います。

このときのポイントとしては根本から一気に折ろうとするのではなく、先の方から少しずつ落としていくことです。

落としたら危険だからつららを落としたいのに根本から一気に落としてしまうとそれこそ下にあるものも危険ですし、屋根にも大きな負担がかかるのでご注意くださいね。

危険!我が家の氷柱(つらら)を落としましょう!

この方は雪国の方ということでどのつららが落ちやすいか、安全かを把握されていますが、分からない場合は本当に無理をせず、ちょっとずつ落とすようにしてくださいね。

つらら落としをする際はこの動画のようにつらら落とし用のアイテムを使うのも便利なので、次の商品も是非参考にしてみてください。

つららを落としのタイミングはいつ?つらら防止策は?

つららを落とす適切なタイミングというのはあまりありませんが、一度つららを落とし始めたら大きくならないうちにこまめに落としていく方法がおすすめです。

大きくなるとまた一気に危険も増しますので、夜など視界が届かないタイミング以外でこまめに落としていくと安心ですね。

またつららができなくなるようにするためには屋根に融雪装置を設置する、またつららができるのを防ぐ装置を設置するなどの方法があります。

しかしいずれももちろん費用がかかってしまいますし、例年であればそこまでの大雪が積もらないという地域の方はよく検討してから設置することをおすすめします。

つららを落とす作業の注意点は?

つららは自然に落ちるのを待ってしまうと下に人がいた場合に危険ですし、長く伸びたつららが家の方に向いて落ちてきた場合、窓や網戸、屋根などを傷つけてしまう場合もあります。

屋根の雪落としなどでは毎年事故もニュースになっていますし、つららを無理に落とそうとして屋根を傷つけてしまうこともありますね。

つらら落としの際は雪下ろしのときと同様、下に誰もいないこと、危険なものがないことを確認してからはじめましょう。

屋根に登って作業する場合はヘルメットや命綱など安全対策をきっちりして屋根から落ちないようにすることも大切です。

まとめ

つららは、こどものころ「きれい~」と眺めていた記憶がある方もいらっしゃるかもしれませんし、見ているだけなら冬の風物詩と言えなくもないですよね。

しかし実際つららにはこれだけの危険があり、下にあるものや人、車などにとっても大変危険なんです。

できるだけ大きくならない安全なうちにつららをちょっとずつ処理し、危険のないようにしていきましょう!

よく読まれている記事
雪遊び・雪・氷
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました