意外に多い?先生と保護者が恋愛に発展!先生との正しい距離感とは?

スポンサーリンク


子供を小学校・中学校に通わせていると、
保護者が学校の行事や、学校生活の問題、
また進学問題に積極的に参加するような場面が多くなってきます。


またSNSなどLINEの普及により、
気軽に先生と保護者が直接連絡を取れるような状況にあるためなのか、
先生と保護者との間での恋愛・不倫という話も珍しく無くなりました。


子供の進路や成績に大きく関わる先生の存在。
自分の子供のために必死な保護者が、
相談をするうちに親しくなってしまうケースも少なく無いと聞きます。


でも、どんな状況から発展した関係であったとしても、
先生とその生徒の保護者という関係性が崩れたとき、
子供が受けるショックは想像を絶しますよね。


先生との距離感をどのように親として保つべきか!
一緒に探ってみましょう…


スポンサーリンク

意外と多い!先生と保護者が恋愛関係に発展!


何気なく連絡先を交換したことがきっかけで…

PTA役員を任され、事あるごとに学校へ顔を出さなければいけなくなったりすると、電話やメールでも打ち合わせが出来るように、
連絡先を交換することは決して珍しいことではありませんね。


でも学校関係の話だけで済まなくなり、子供の話題から、家庭の話に広がり……
気がつけばお互いのプライベートな話までするように。


自然にお互いに相手を意識するようになっていき、
どちらかがアプローチをかけた瞬間、恋愛関係へと発展していくのです。


子どもが問題を起こして…

子供が問題行動を起こすと保護者は頻繁に学校へ呼び出されます。
つまり、先生と会う頻度が多いということになりますよね。


親身になって相談にのってくれる先生に、
保護者が恋心を抱いてしまうケース。
また、先生の方がその保護者と会いたくて
「お子さんのことで……」などと保護者を呼び出していたなんてケースまで!?


結局、先生と保護者が頻繁に会うようになってしまうと、
関係性に変化が生じてしまうことになってしまうようです。


学校の行事で親密に…

運動会や文化祭など…学校行事やイベントごとに保護者は学校にかり出されます!


初めは“面倒くさい”と思って行事に参加した保護者でも、
準備から関わっていたりすると、
同じ目的をもって作業に励んできた連帯感や高揚感を共有し合ううちに、
どちらかが歩み寄ってしまうと、プライベートな関係に発展してしまいます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『先生から?保護者から?』などというのは決まっているものではありません!
そこは、男と女。


どちらかが“恋愛感情”を相手に持ってしまった瞬間から、
先生と保護者という関係性が“恋愛”に変わってしまうようです!



先生に好意を「もってしまった」場合の対処法とリスクは?


子供や夫(妻)がいても、
異性にときめいてしまった気持ちに一番驚いているのはご本人かもしれませんね!!


しかしながら、先生という立場の多くは、高い倫理観を持っていて、
「生徒やその保護者を、
恋愛対象として見ていない!
見られない!
見るべきではない!
と仕事とプライベートをきっちりと分けていると思います。(信じたいwww)



もし特定の保護者と懇意にしていることが知られると、
転勤などの処分、ことによれば免職も免れない立場におかれているからです。


先生に好意を持つことは自由ですが、
行動に起こしてしまうとたちまち根も葉もない噂話となって、
先生は処分対象とされ、
子供もクラスメイトから非難を受ける対象になりかねません。


そして、何より子供がそのショックの大きさに耐えられるでしょうか!?
少なくとも、子供の在学中はアクションを起こさない!ことが、
先生のためであり、子供のためである!と冷静なることが肝心ですよ!!


先生に好意を「もたれてしまった」場合の対処法は?


先生が保護者に対して、個人的な好意を伝える!?
ずいぶんとリスクの高い行為を選択する先生ですねぇ~。


先ほども述べたように、
世間的に多くのリスクを抱える危険があるにもかかわらず、
その関係性をぶちこわそうとしている訳ですから、
冷静な行動とは言えませんね。


メールやLINEなどSNSによる連絡手段が容易に取れることから、
一方的に送られてきて困っている保護者の方もいらっしゃるかも知れませんね。


お断りするにも“何かしら子供に影響が…”と心配されることでしょうし、
もし、誰かに知られることにもなればトラブルになりかねません!!


まずは、先生に冷静になっていただくよう促すことが必要ですよね。


そして、
先生と保護者の間柄であるうちは、絶対に個人的な交際はできません!
と告げるべきです。


どんな場合であっても、
先生と保護者という立場で恋人関係になってしまうのは避けた方がいいです。


異性の先生と正しい距離感を保つためには?


親しき仲にも礼儀あり!

先生と保護者の関係性には性別による違いは無いと思います。
ただ、それが異性だとより目立ってしまうところに問題を大きくしてしまう傾向があると言えるでしょう。


どこにも話し好きの先生や保護者はいますが、友達感覚で接することはやめましょう。
子供に関係のあること以外での話は極力避け、敬語で話すようにしてください。


敬語を使うことによって、
一線を引いた関係性であることが互いに意識できると思います。

 

先生にタメ口をきいて“先生と親しいのよ!”アピールする保護者が問題視されたケースもありますので要注意です。


【最後に/まとめ】


たとえ互いに恋愛感情を持っていなくても、また異性でなくても、
先生と保護者が仲良くなりすぎる事は、周囲に“嫉み”“嫉み”を生み、
ひどく誤解される危険性があることを知ってください!!


「あの子の親はあの先生と仲がいいからひいきされてる!?」などと勘ぐられて、
噂話となって広がってしまってからでは手の打ちようがありませんよ。


面倒な事態を引き起こす前に、
親としての自覚をしっかり確認してくださいね

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です