療育センター(療育園)とはどんなところ?求人されているのは保育士?看護師?

スポンサーリンク



病院での定期検診や保育園や幼稚園から、我が子に発達障害や自閉症があると言われても、どうしたらいいかわからないですよね。大抵の場合は、その場で療育センターに通うことを勧められるケースが多いのですが、療育センターは聞きなれない言葉ですよね。


どんなことをして、どのくらい通うものなのか、気になると思います。
今回は、療育センターについて言及してみましょう。


スポンサーリンク

療育センター(療育園)とはどんな施設なの?どんな子供が通っている?


そもそも療育センターとはどんな施設なのでしょうか。
簡単に言えば、発達障害や自閉症、肢体不自由など障害を持つ子供が社会的に自立できるように、医師や専門家が医療や保育、機能訓練などを駆使して、その子供を支援するための施設です。


普通の幼稚園や保育園ではカバーできない専門的な訓練を受けることができ、障害を持つ子供への接し方や悩みを親御さんが相談したり、学んだりできる場でもあります。障害を抱えて親子が社会から孤立してしまわないように支援してくれる場でもあるので、診断されたら早めにコンタクトをとるようにしましょう


各自治体によって運営されており、現在は、明確な定義がないために、一言で療育センターと言っても、施設によって支援内容や機能が異なっています。複合施設もあるので、我が子にあった支援を提供してくれる場所を見つけるのがポイントになります。


主な施設に、日常生活の自立支援や遊びの場や学びの場を提供してくれる児童発達支援センター
通常の支援に加えて医療も共に提供してくれる医療型児童発達支援センター
6~18歳の就学児童が放課後などに生活能力向上のための訓練を行う放課後デイサービス
福祉型障害児童入所施設医療型障害児入所施設などがあります。



療育センター(療育園)で働いている人は保育士さん?求人サイトで募集されている人は?


療育センター(療育園)で働いている人の中には、もちろん、保育士さんもいますが、他にも医者、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、言語療法士、臨床心理士、児童指導員、介護福祉士などがいます。


施設によってこれらの数や配置されている役職が異なります。基本的に、療育センターには診療部門と療育部門があります。診療部で診察してから、結果を見て療育が開始される流れです。


ちなみに、療育センターを利用できる対象者は、施設が提供しているサービスが児童福祉法にあてはまるのであれば、療育手帳や身体障害者手帳、精神障害者保険福祉手帳または、受給者証を持っていれば利用することができます。


基本的に、療育センターを利用しようと思ったら、まずは居住区役所で各受給者証を交付してもらう必要があります。交付されたら、直接問い合わせをして相談するのが一般的な流れです。


予約をして、診察に出向いて、どんな療育が必要か検討します。
集団と個別があり、入所や通園などを話し合う場合もあります。


自閉症やADHD気味の我が子・・・ 保育園・幼稚園と療育センター、どちらがいい?


定期検診などで発育が遅れ気味と判断されれば、療育センターへの通院を勧められますが、基本的にはしっかりと判断して病名などを告げてから療育センターに通う流れは主流ではなく、通っているうちにしっかりと判断でき、病名を告げられることがある程度のようです。


グレイゾーンやちょっと発育が遅い子でも療育センターに通うことがあり、そう言った子の場合は、2歳から3歳くらいで勧められることが多く、月に2回や週2回など不定期で毎日通うことは一般的ではありません


普段は保育園や幼稚園に通いつつ、療育センターにも通園するのがいいでしょう。子供にあった支援が受けられれば、2か月~1年程度で通園を止めることができるケースもあります。


また、通園のおかげで、小学校は普通の学校に通うことができるようになるケースも多いようです。


『うちの子は自閉症-My son has autism』 想い出がありすぎて… 療育センターにて



療育センター(療育園)での子どもの1日は?いつ卒園するの?


療育センターでは、子供だけが通園する場合と、親子で通園する場合があります。基本的には、朝の8時半ごろから、昼の2時頃までのスケージュールをこなすことが多いようです。中には夕方の5時まであるケースもあります。


幼稚園とほとんど変わらない流れでスケージュールが組まれており、給食が用意されているのがほとんどです。あいさつがあったり、レクリエーションがあったり、着替えや歯磨きの時間があるのも一般的です。



レクリエーションではごっこ遊びやリズム運動などが多く、親子グループの場合は親子遊びや親子体操などが一般的です。また、保護者のグループ活動も並行して行われ、保護者間のコミュニケーションや療育方針の確認、子供の発達確認などが主な内容です。


療育センターの卒園は、その施設にいる医者が通園の必要なしと判断した場合です。知能テストなどを定期的に行って、平均値となれば問題なしと判断される場合が多いようです。幼い子供の発達はあるタイミングでぐーんと伸びることもあるので、突然、卒園となることもあるでしょう。


【最後に】


療育センターを勧められるのは2歳半から3歳までの定期検診が一般的です。言語発達に遅れがあると、すぐに療育センターを勧められることが多いので、最近は療育センターに通っているからといって障害児という考えは古く、ただ単に上達を促すために専門家に任せるぐらいの考えで通わせる方がいいでしょう。


幼児の言語発達は特に放っておいてもいつの間にか平均値になっていることがあるものなので、療育センターに通わせることで語彙力を伸ばせると前向きに考える方がいいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です