もうすぐ小学校入学式!ビデオ撮影のコツ3つ!混雑の中で我が子をバッチリ撮る方法は?


いよいよ、我が子の小学校の入学式となれば、親のテンションも上がってしまいますよね。ピカピカのランドセルを背負うかわいい我が子の姿を眺める絶好のチャンスですが、親には逃したくない行事でもありますね。


ばっちりとビデオを用意して、一生に一度しかない入学式を映像に残さなければなりません。そのためのコツをご紹介しましょう!


スポンサーリンク

もうすぐ小学校の入学式!ビデオ撮影のコツ その1 【道具編】

まずは道具となるカメラについてです。最近のハンディカメラはどれも小型で軽量化されたものですね。様々な機能が搭載されているので、初心者でもうまく撮影できると思います。


なので、ハンディカメラが一台あれば問題ないと思います。そんなカメラ機能でおさえておきたいポイントは、手ぶれ補正です。初歩的なものですが、きちんと補正がなされているか事前に確認しておきましょう。


また、操作中の音はOFFにしておくのも大切です。
会場で機械音が鳴らないようにしておきましょう。


さらに、三脚があった方が便利です。長時間、手で持っていると疲れて手ぶれが発生してしまいます。また、デジカメでの写真撮影も同時に行うには、三脚が必需品となります。場所を取らないポールポッドがおすすめですよ。


また、当日に必須なのが、予備のバッテリーです。途中でバッテリー切れになることが多いと思うので必ず用意しましょう。もちろん、バッテリーは二つともフル充電しておくことを忘れないでください。



また、デジカメ用に望遠カメラもきちんと用意しましょう
かなりステージまで距離がある場合も多いので、写真を撮影する際に重宝すると思います。


ベルボン ポールポッドEX



ビデオカメラ 動画撮影のコツ① 〜カメラの動き〜




もうすぐ小学校の入学式!ビデオ撮影のコツ その2 【場所取り編】


さて、場所取りはとても大切なポイントですよね。
通常、保護者席は子供たちのさらに後ろになります。
なので、ステージからかなり離れてしまいます。


ですが、我が子を撮影するのが重要なポイントなので、真ん中を陣取ったからと言って勝ち組になるとは限りません。なぜなら、我が子が右端に座っていれば、子供の後ろ姿すら撮影が難しい状況に陥ってしまいます。


ですが、クラス分けは当日にならないと分かりません。
我が子が座る場所は勘で当てるほかありません
子供が座る席の斜めが取れるのがベストです。


そんなポジションをゲットするには、最低でも30分前には会場入りが必要でしょう。また、少し早く行って、子供と奥さんの晴れ姿を撮影するのも良いでしょう。例えば、入学式と書かれた看板の前で写真撮影するのが定番ですよね。


もうすぐ小学校の入学式!ビデオ撮影のコツ その3 【撮影のポイント編】

撮影する際には基本的に脚立を使用して、
カメラをしっかりと固定しておくといいでしょう。


そして、子供を撮る際には子供の目線と同じ高さになるように気を付けましょう。
子供を上から撮ると不自然な表情になるので気を付けてくださいね。


また、会場が寒いことが多いので、暖かい恰好をしていきましょう


前半でのポイントは子供の入場ですよね。
子供をしっかりと追って撮影しましょう。


その後は、席に着いた子供の自然な姿を撮影しておきましょう。
時おり、ステージ全体や会場の全体の雰囲気を引きの絵で撮影するとよりよいでしょう。


ただ、入学式は卒業式のような長いものではありません。
我が子が光る瞬間もありません。


式よりも、その後のクラスでの机に座る我が子や担任の先生、新しい学び舎の雰囲気を撮影する方が重要でしょう。新しいクラスメイトと我が子を撮影しておくと、後々、楽しめるのではないでしょうか?


また、子供のおめかしした服装と同時に、
奥さんの力の入った姿も映像に納めておきましょう。これで夫婦も円満です。


初心者のための簡単!ビデオ撮影のコツ【映像クリエイター 和田真】



撮影時のマナー、SNSのアップなどの注意点は?


当然、入学式が始まったら自分の席から立ち上がったり、うろついたりすることはできません。なので、席に着いたら、静かに撮影に励みましょう。


ただ、最近は撮影OK区域が決められていることも多いです。その場合は大抵、保護者席のもっと後ろになってしまいます。夫婦そろって我が子を見られないのも味気ないですが、場所が決められている場合はきちんと従いましょう


また、ビデオ・写真撮影禁止という学校も増えています。それだけほとんどの家が撮影に躍起になって厳粛な雰囲気をぶち壊しているということでしょう。


この場合は、PTAが頼んだ業者が撮影したものを後で購入するほかありません。ただ、NGな場合でも、式以外ではもちろん撮影OKなので、式の前後で写真やビデオを撮って満足する他ないでしょう。


最近はたまにYoutubeにアップされている映像がありますが、あれはプライバシー侵害となるので、絶対にやめましょう。どうしてもあげたいのであれば、我が子や家族以外は学校名も含めて全てモザイク処理をしてアップしましょう。


【最後に】


入学式は卒業式のような長さもないですし、新入生なので歌を歌うこともないでしょう。なので、式の途中でバッテリーが切れるようなことはないと思いますが、各教室に移動してからの時間は長めなので、式が終わった後にバッテリーを交換しておくといいでしょう



また、入学式前日などの我が子の姿も一緒に納めておくと素敵な映像作品に編集できると思いますよ。ぜひ撮りっぱなしにせずに編集まで力を入れてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です