曼陀羅寺公園江南藤まつり2017!見頃・開花状況は?駐車場情報などまとめ!

スポンサーリンク

「曼陀羅寺公園江南藤まつり」は愛知県江南市にある藤の名所 001
style=”color: blue”>尾張の名刹曼陀羅寺(まんだらじ)公園
で毎年4月下旬から5月上旬にかけて開催されます。早咲き、遅咲きを始め様々な色や形の藤が咲きほこり、県内外から多くの観光客が来園します。


曼陀羅寺公園は昭和45年に曼陀羅寺の一部を、市の管理のもと公園として整備されたもので、観光のお寺として有名になりました。


そこで今回は「江南藤まつり」情報や藤の開花予想などを探している方へ、見所や駐車場情報などをまとめてみました。


スポンサーリンク

【圧巻の風景!曼荼羅寺公園江南藤まつり2017の概要は?】

曼荼羅寺公園江南藤まつりでは12種類60本の個性的な藤を鑑賞することが出来ます!
平成29年の詳細は未定ですので、平成28年に開催された「第51回曼荼羅寺公園江南藤まつり」の詳細を参考までにご紹介します!


■曼荼羅寺公園江南藤まつり2016情報♪

・開催日程:平成28年4月21日(木)~5月5日(祝) 会場:曼陀羅寺公園(江南市前飛保町寺町202)
・来場者数:約53万3千人
・アクセス:名鉄犬山線「江南駅」下車、名鉄バス「江南団地行き」で「曼陀羅寺」(約15分)で下車徒歩2分(バスは約15分間隔で運行、臨時便も増発)
名鉄本線「名鉄一宮駅」及びJR「一宮駅」下車、名鉄バス「江南団地行き」で「曼陀羅寺」(約30分)で下車徒歩2分(バスは約1時間間隔で運行)
名神高速道路「小牧IC」から約20分 関西方面からは東海北陸自動車道「一宮木曽川IC」から20~30分。


無料シャトルバス(曼陀羅寺公園 一 音楽寺 一 フラワーパーク江南 一 すいとぴあ江南 )も運行します。4/24(日)、4/29(祝)、4/30(土)、5/1(日)、5/3(火)~5(木)


・駐車場情報:観光協会指定の駐車場があります。(3時間500円)
藤まつり期間中は、駐車場の満車が続きます。例年、ゴールデンウィーク中は混雑しますが少し待てば余裕があるようです。


公園前の道は狭く、駐車場に入るために並べません。駐車場前にいた時に運良く空きがあった場合は入れますが、それ以外はそのまま素通りしなければならず、駐車場に入るのも運試しのようです!少し離れた場所にも指定駐車場はあります。


駐車場が混雑している時の裏技があります!先にシャトルバスの停車するフラワーパーク江南(無料駐車場約360台)とすいとぴあ江南(無料駐車場約300台)、音楽寺などの施設に行き見学させてもらってから、無料シャトルバスで曼陀羅寺公園の藤まつりに向かうのです! ただし、夕方16時~17時がバスの最終便になるので注意して下さいね!


江南藤まつり運営協議会事務局(江南市役所 商工観光課内)
TEL 0587-54-1111 内線336


動画「【曼荼羅寺】第51回江南藤まつり 2016-05-01 VTR
https://youtu.be/rz_HtSi6-NU



【江南藤まつり2017!見頃・開花状況予想!】

お天気にも左右される開花ですが、2016年の状況から予想してみましょう!


002

■藤の開花予測

2016年は藤の花はオープニングの頃から見頃で、4月末には九尺藤も満開でした。また、5月の連休の頃には、遅咲きの白藤も見頃になりました!


4月中旬頃:早咲き開花
(紫カピタン藤(紫花美短藤)、白カピタン藤(白花美短藤)、野田一歳藤、ジャコウ藤(麝香藤)、長崎一歳藤、赤カピタン藤(赤花美短藤)
4月下旬頃:一般開花
(六尺藤(熊野の藤、黒木の藤)、九尺藤(牛島の藤)、八重黒龍藤、高山白竜藤、
5月上旬頃:遅咲き開花
(野田白藤(昭和白藤)、本紅藤)


江南市観光協会の開花状況でチェックしてみて下さい!
藤の花 開花状況

【江南の藤まつり2017!見どころ3選!】

昭和28年、曼陀羅寺奉賛会が曼陀羅寺を「藤の名所にしたい」と考え、植えたのが始まりで、昭和33年に藤棚が作られました。 昭和41年には、第1回藤まつりが開催されました。それからに藤の数も増えてきて、12種類約60本という規模になり、曼荼羅寺奉賛会の願いが叶ったわけですね?そこで江南の藤まつりの見所を3つご紹介します!


1.12種類60本の個性的な藤

江南の藤まつりでは早咲きから遅咲きまで、紫・紅・白と様々な色や長く優雅な花房から短く可憐なものまで12種類約60本の藤が咲きほこります。見た目だけでなく、甘い香りも楽しんでみて下さいね!


江南の藤まつりの藤の種類
1 紫カピタン藤
2 白カピタン藤
3 野田一歳藤
4 麝香藤
5 長崎一歳藤
6 赤カピタン藤
7 六尺藤
8 九尺藤
9 八重黒龍藤
10 高山白竜藤
11 野田白藤
12 本紅藤


ライトアップは、まつり期間中藤棚だけ実施されます(18:30~21:00)。明るい中の藤も素敵ですが、幻想的な美しさを見せてくれる夜の藤の花もまた格別です!夜は人混みもだいぶ落ち着き、ゆっくりお散歩ができますよ?


2.盛り沢山のイベント

おまつり開催中は公園内ではステージが設置され、毎日いろいろなイベントが行われていますので、チェックしてくださいね。また、クラフトや特産品なども出店されます。敷地内には、本誓院・世尊院・修造院・光明院・常照院・寛立院・慈光院・霊鷲院などがありますので、こちらもあわせて見ることをおすすめします。


公園内には屋台が出ていますので、お祭りの雰囲気も楽しめます。お昼を買ってベンチなどで、食べたりすることもできますので食事の心配はありません!


3.人気の屋台

おまつりで大人も子供も楽しみなのが屋台ですね?江南の藤まつりでは入口からあるたくさんの屋台もお楽しみの一つです!その中でも東海道五十三次の吉田宿の名物料理の赤味噌の豆腐の田楽と菜飯をセットにした「菜飯田楽」は、この地ならでは料理です。公園に来る観光客もこの「菜飯田楽」を楽しみにしているほどの名物料理なのです!


他にも、おでんや飲食関係のお店もたくさんあり、藤に関連した商品や地元の特産物などの露店でにぎわっています!

003

【藤まつりに行く前に知っておきたい「藤」の知識!】

「藤」の花は、日本最古の歴史書「古事記」の時代から鑑賞されている歴史のある花です。日本の藤は「ノダフジ」と「ヤマフジ」の2種類で、花房の長さとつるの巻き方が違います。一般的に日本で藤の花と呼ばれているのは「ノダフジ」という品種です。


・ノダフジは、花房の長さが長く、つるは右巻き
種類:「九尺藤」「白野田藤」「曙藤」「八重黒龍藤」
・ヤマフジは、花房の長さが短く、つるは左巻き
種類:「紫花美短藤」「白花美短藤」などです。名前に「短」が入っているのがヤマフジなのでしょうか?ひとつひとつ確認して見て回るのも楽しそうですね?


花の色は青紫、紫、ピンク、白があります。また、藤の花はよく公園で藤棚として見られますが、自宅でもちゃんと管理すれば育てることができます。自宅に藤棚も夢ではないです!(参考 藤の育て方)
ちなみに藤の花言葉は「優しさ」「決して離れない」「恋に酔う」の3つで、「4月5日」と「5月31日」の誕生花のようです。素敵ですね?


■江南藤まつり以外の藤の名所5選

1牛島の藤花園

[埼玉県春日部市牛島786]TEL048-752-2012 藤花園
江戸時代から粕壁のフジと呼ばれ、弘法大師が植えたといわれる推定樹齢1200年の老樹が見られます。
・東武野田線「藤の牛島駅」より徒歩10分 東北自動車道岩槻ICより約10分
・常磐自動車道柏ICより約20km(約30分)


2亀戸天神

[東京都江東区亀戸3丁目6番1号 TEL03-3681-0010]
東京都内の藤の名所です。新宿から約20分で行ける都心とは思えないほど落ち着いた空間です。東京スカイツリーと 藤のコラボレーションが見られます!
・総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分 総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車北口より徒歩15分 都バス亀戸天神前停留所下車すぐ


3白井大町藤公園

[兵庫県朝来市和田山町白井1008 TEL079-670-1636]
大町藤公園は、山陰随一の藤の名所と言われていて、藤棚の総延長が500mあります。しだれ桜で有名ですが、藤の夜間ライトアップが圧巻です。お仕事帰りでも見られますね?
・和田山ICより約10km ドライブインやくのより3.5㎞ 和田山ICより鯨峠経由約10㎞。


4白毫寺

[兵庫県丹波市市島町白毫寺709 TEL0795-85-0259]
花穂の長い藤で「白毫寺の九尺藤」が有名です。下まで咲くと、これまで最も長いもので180cmまで伸びます。ライトアップもあります。
・JR福知山線市島駅下車。タクシーで8分 舞鶴自動車道春日ICより福知山方面へ車10分。


5河内藤園

[福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48 TEL 093-652-0334]
海外で「世界の絶景TOP10」として紹介され、世界各国から多くの外国人のも大人気の観光スポットです。宣伝をしていないため、穴場です。
・北九州都市高速道路大谷ICから約20分 山路ICから約20分

004

【最後に】

曼陀羅寺公園江南藤まつり2017の総まとめはいかがでしたか?毎年桜の時期があっという間に過ぎた後に、藤の花の見頃がやってきます!手入れが行き届いていて時を経てもなお美しさを保っている曼荼羅寺公園の藤を見ようと2017年も多くの人が訪れるでしょう!


期間限定の藤の花を見に、ぜひ藤の名所「江南藤まつり」へ足を運んでみて下さいね!お見逃しなく!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です