ピンポンダッシュで迷惑を被っている!ピンポンダッシュは罪にできる?

スポンサーリンク


ピンポンダッシュ、皆さんも幼いころに一度はやったことがあるんじゃないでしょうか?幼くても悪いことだと言うのは分かりますよね?でも、子供の頃ってやられた方の気持ちを深く考えられずに、スリリングはゲーム感覚でやってしまうものです。


ただ、大人になって、ピンポンダッシュの被害にあうと、迷惑極まりないですよね。困っているという人は対処法があるのか、気になりますよね?


スポンサーリンク

早朝や深夜にも・・・突然のピンポン!出ると誰もいない。


まずそもそも、ピンポンダッシュがどういったものか言及しておきましょう。ピンポンダッシュとは、用事もないのに他人の家のチャイムを鳴らして、家人が対応に出る前に走って逃げ去る、一種のいたずら行為をさします。


いたずら目的のピンポンダッシュ

通常は、幼稚園児小学低学年の子供がスリリングないたずらとして行います。幼い子供だと悪いことだとは分かっていても、重く考えない場合が多く、一度強く叱られない限り止めないケースがほとんどです。また、特定の家に対して行うと言うよりも、無差別に行うケースが多いです。


嫌がらせ目的のピンポンダッシュ

ただ、ピンポンダッシュは子供のいたずらだけとは限らず、時には嫌がらせ目的として行われることもあります。この場合は、小学生高学年から大人まで幅広く、特定の家に対して行う場合がほとんどです。この嫌がらせ目的の場合は、一日何回もやったり、夜中に鳴らしたりと、いたずら目的よりも悪質になります。


下調べ目的のピンポンダッシュ

最後に、下調べ目的で行われる場合があります。これは空き巣がターゲットにする家を物色する際に行う方法で、家にどの時間帯に人がいるかを調べています。また、ストーカーも同じ目的でインターホンを鳴らす場合があります。どちらであれ、犯罪に巻き込まれる可能性があるので、気を付けなくてはならないケースです。


インターホンが壊れている?

また、あまりありませんが、インターホンが壊れている場合も誤作動で鳴ることが十分にあるので、騒ぐ前に一度、機器の故障を疑ってもいいでしょう。



ピンポンダッシュは罪になる?罪にできる?


基本的には、ピンポンダッシュを罪にするのは難しいです。
明確に法律などに記載があるわけではありません。


自治体の迷惑防止条例をチェック

ただ、各自治体で「迷惑防止条例」が設けられています。そこであてはまるようであれば、県警などに容疑者を書類送検することができるでしょう。実際に京都府警でピンポンダッシュを繰り返し行った人物が書類送検された事例があります。なので、条例に当てはまると思えば、条例を根拠にして、警察に申し入れして、厳重注意や必要な措置を行ってもらうことも可能です。


精神的なダメージを負った場合は?

また、ピンポンダッシュのせいで、ノイローゼになってしまったり、不眠症になってしまったりと精神的なダメージを負った場合は、刑法204条の傷害罪に問うことも可能です。傷害罪と聞くと、身体的損傷に限ると思いがちですが、精神的損傷でも該当するんです。なので、刑事処分を受けることも十分に考えられます。


また、民法上の『不法行為』という違法な行為に該当するため、精神的損害を受けたとして慰謝料を請求することも可能です。こうなれば、立派な犯罪ですね。


子供の場合は罪に問われないのではと思う方も多いでしょうが、例え子供がやったとしても、その親が監督責任に問われて、賠償義務を負うケースは十分に考えられます。なので、子供がやったからと諦めずに、被害を受けた場合は積極的に対処しましょう。


ピンポンダッシュの犯人を見つけるためには防犯カメラが必要?

罪に問うことができるかもしれないと分かったところで、犯人が誰か分からなければどうしようもないですよね。どうやって犯人を見つければいいんでしょうか?


まず、子供が行う場合が多いでしょうから、何度かあればパターンが見えてくるでしょう。特定の時間や曜日に行われることがほとんどなので、絞り込んで犯人を見つけることもできるかもしれません。


ただ、パターンがない場合や高校生以上や大人による犯行の場合は、掴みにくいでしょう。そういった場合はやはり防犯カメラを設置するのが手っ取り早いでしょう。


ただ、防犯カメラを設置するのは結構コストがかかるので、嫌だなと思うのであれば、ソーラパネルなどで電池をまかなうライトを設置するのも効果的です。そういったライトの場合は人が近づくと反応しますよね、なので驚いたり、警戒したりするでしょうから、撃退することもできると思います。



ダミーカメラを設置するのもアリだと思います。こちらならば、1000円程度で購入できるでしょう。さらに、インターホンの上に「防犯カメラ作動中」と看板をつけておけば効果的でしょうね。


最終手段は、インターホンの電源を切断してしまうことです。こうしておけば、用がある人ならば、大声で声掛けしてくれたり、ノックしてくれるので大丈夫ですね。インターホンの上には「故障中」としっかりと張り紙などを張っておきましょう


パナソニック防犯カメラ 取付け



ピンポンダッシュの犯人が登下校中の小学生だと判明!どうする?


もしも運よく犯人を捕まえたとして、犯人が小学生の子供だった場合は、まずは直接叱りましょう。知らない人に強く怒鳴られれば、大抵の子供はビビってもう二度と近づきません。


ただ、中には強者もいて、まったく響かないこともあるでしょう。その場合は学校と親の両方に電話を入れましょう。これで再犯防止できると思います。ですが、中には親がモンスターペアレントである場合もあるので、親にクレームを入れる時には十分に注意してください。


子供の様子を見て変だと思えば、親には電話せずに学校にクレームを入れて対応してもらいましょう。
ここまでしても、ピンポンダッシュがやまないようなら、一度警察に相談するといいでしょう。


【最後に】


ピンポンダッシュに対する対策はいくつもありますし、方法によってはあっと言う間に解決できることでしょう。ただ、それは相手がある程度わかった場合です。


子供なのか、大人なのか、どんな目的なのかで適した対処法は違ってくるので、まずは犯人が誰か特定するのが先決です。根気のいる作業ですが、犯人が分かれば解決できると思うので、頑張ってくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です