とうもろこしを主食にすると病気になるって本当?効能・カロリー・糖質は?

スポンサーリンク

甘くて美味しい新鮮なとうもろこしは、そのまま食べても美味しいですよね?


とうもろこしは、いろどりも綺麗なので、サラダのトッピングやスープなどにも重宝します。


暑い夏、食欲がない時などに、しょうゆをつけて焼いたとうもろこしは、食欲をそそります。また、子供のおやつにもぴったりです。


今回はとうもろこしに焦点をあて、効能やカロリー、糖質などが気になる人に向けて、情報をまとめてみました。


スポンサーリンク

【とうもろこしを主食にすると病気になるって本当?】

世界の主食は、主に「米」「小麦」「とうもろこし」の3つが中心です。「とうもろこし」は野菜ではなく、穀物に分類されます。


日本を始め、東南アジアやインドなどでは、お米を主食としていて世界の約半分の地域では、お米が主食です。


メキシコやペルー、ブラジル、南米、アフリカ、ヨーロッパの一部で、とうもろこしを主食としています。


私達も知っているメキシコのタコスの生地「トルティーヤ」は原料がとうもろこしです。


とうもろこしはペルーが原産地で、現在のペルーの主食は米、パスタ、パンなどもありますが、元々はじゃがいもととうもろこしだけでした。


また、ペルーには、とうもろこしを発酵させて作る独特なアルコール飲料があるそうです。


とうもろこしを主食にしている地域で「ペラグラ」という病気が発生し、「トウモロコシ中毒」と言われたことがありました。


「ペラグラ」というのは、「ナイアシン」という物質の欠乏とタンパク質の摂取量が少ないことにより、発生する代謝内分泌疾患です。


不規則な食事で、アルコール多く摂取する人にみられる疾患です。


症状は皮膚や消化器系、精神神経に異常が現れます。その原因は、とうもろこしの原産地での処理方法にありました。


とうもろこしは、アルカリで処理することで、ナイアシンを吸収しやすい状態になります。その後「トルティーヤ」などに加工して食べていました。


ところが、とうもろこしがヨーロッパに伝えられた時に、そのような処理方法までが伝わらず、加工されて食べられていたそうです。


その結果、「ナイアシン」が吸収しづらくなり、「ペラグラ」を発症したようです。


結果的には、とうもろこし自体の問題はなく、処理方法のしかたに問題があると言われていました。




【とうもろこしを主食にしている地域はどうやって食べる?】

日本では、とうもろこしは焼いたり茹でたりして食べるのが一般的ですね?他にはサラダやポタージュにしたり、保存の効く缶詰も市販されています。


とうもろこしを主食にしている地域では、どうやって食べているのでしょうか。


◆1. トルティーヤ

トルティーヤはメキシコの料理で、タコスを作る時に使う薄焼きパンのことです。トルティーヤの原料はとうもろこしと小麦粉の2パターンあります。


メキシコ料理ではトルティーヤに合挽き肉や野菜など、色々なものを巻いて食べます。


動画では、とうもろこし粉に小麦粉を混ぜて作っています。


動画「トウモロコシ粉に少しの小麦粉トルティーヤ」
https://cookpad.com/recipe/3886572

◆2. とうもろこしのおかゆ

南アフリカのジンバブエで食べられている「ザザ」という固い練りがゆです。とうもろこしの粒をそのまま煮上げる料理です。


動画「コーンミールのハーブおかゆ」
https://cookpad.com/recipe/2051028

◆3. アレパ

アレパは南米ベネズエラなどで食べられているパンで、メキシコのトルティーヤより厚みがあります。とうもろこし粉から作ったパンです。

スポンサーリンク

動画のコーンフラワーは、とうもろこしを挽いた粉です。


動画【グルフリ】南米料理 アレパ」
https://cookpad.com/recipe/2701196

【とうもろこしの効能・栄養価は?】

とうもろこしは、食物繊維が豊富で、便秘や大腸がん予防に効果があります。また、子供の成長を促す成分も豊富な食材です。


また、妊婦さんにもおすすめで、実を食べるにも良いですが、むくみに効果のある「とうもろこしのひげ」のお茶で飲むのもおすすめです。


とうもろこしの栄養は、主に炭水化物で、カロリーは、とうもろこし1本で子供用のお茶碗1杯分です。


とうもろこしは栄養素をバランスよく含んでいて、胚芽部分にはコレステロールを下げるリノール酸やビタミンB1・B2・E、カリウムやリンなども含まれています。


リノール酸はコレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化の防止に有効です。


ビタミンEには抗酸化作用があり、血行や代謝を促進し、更年期障害を緩和したり、肩こりや冷え性などに効果があります。


とうもろこしの実の表皮には、セルロースと「不溶性食物繊維」が含まれています。不溶性食物繊維は、便のカサを増やし、大腸のぜん動運動を促進して、排泄を促すなどの働きがあります。


とうもろこしの栄養分は水溶性のものが多く、茹でると栄養価が激減してしまいますので、茹でるよりも蒸した方が、栄養価が落ちにくいようです。


【とうもろこしを食べすぎると太るらしい?糖質は?】

とうもろこしのカロリーって考えた事ありますか?とうもろこしにはあまり太るイメージはないですよね?


とうもろこしは甘みが強いので、カロリーが高そうだと思われがちです。


実は、とうもろこしのカロリー自体はそこまで高くはないですが、糖質が多いので、食べ過ぎると肥満につながってしまいます。


ご飯100gが168kcalなので、それに比べると、とうもろこし100gが生で92kcal、ゆでると99kcalで、穀物の中では低カロリーです。


また、他の主食と比較すると、ご飯100gで168kcal、食パン100gで264kcalなので、それほど高カロリーには感じませんよね?


しかし、とうもろこし1本で37.4gほどの糖質を摂取することになり、その糖質と油分と結びつくと脂肪として蓄積されやすいようです。


栄養素としての糖分は、エネルギーを作り出すために必要で、糖質が不足してしまうと、眠くなり、頭がボーッとします。


朝に糖分を摂取した方が良いと言われるのは、そのためですね?1日を元気に過ごすためには欠かせない栄養素です。


しかし、食べ過ぎてしまうと血糖値が上がってしまいます。


特に糖尿病などでカロリーをコントロールしている人や、流行の糖質制限ダイエットをしている人などは、食べ過ぎないように注意が必要です。


ダイエット中でも、甘いものが欲しくなった時の、お楽しみとして取り入れると、お菓子を食べてしまうよりは良いかもしれませんね?


【最後に】

「とうもろこしについてのまとめ」はいかがでしたか?


とうもろこしが原因で病気になってしまうことがあったなんて、信じがたいお話ですね。


最後にまとめると


1 とうもろこしを主食にしている国は、メキシコやペルー、ブラジル、南米、アフリカ、ヨーロッパの一部


2 とうもろこしを主食にしている地域で「ペラグラ」という病気が心配されていた


3 とうもろこしを主食にしている地域では、粉にして薄焼きパンやおかゆなどにして食べられている


4 とうもろこしは、主に炭水化物で、食物繊維やリノール酸、ビタミンBなどの栄養価がある


5 とうもろこしは糖質が多いので、食べ過ぎると肥満につながる


などをご紹介しました。参考にしていただいて、とうもろこしを上手に摂取していただければと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です