この春から看護師になるけど病気になったら病欠できるの?予防策は?

スポンサーリンク


患者さんの病気の回復のために、日々激務をこなしている看護師のみなさん。
あなたは自分自身をいたわってあげていますか?


忙しい毎日に追われ体のだるさが取れない、長期間咳が続くなどの症状を抱えながら仕事をしていると、そのうち精神的にも深刻な状況になってしまいますよ?患者さんに笑顔で接するためには、看護師だって健康でなければいけません


肉体的にも精神的にも元気で仕事をするために、今回元看護師ライターかなさが、看護師がかかりやすい病気と予防策
病気休暇を取得するときに気を付けるポイントについてお話します。


スポンサーリンク

患者さんに日々接する看護師は病気になりやすい?


ストレスを多く抱える看護師は、常に免疫が低下しやすい状況にあります。


看護師がかかりやすい身近な病気として、

・風邪
 夜勤などが続くと免疫力が低下し、風邪をひきやすくなる。

・インフルエンザなどの感染症
 外来受診した患者さんからうつる。

・膀胱炎
 忙しくてなかなかトイレに行けず、尿意を我慢するため。

・腰痛
 体の不自由な患者さんの移動介助や、処置などの中腰姿勢が多いために腰を痛める。


などがあり、私の周りにもこのような病気の症状で辛そうにしている看護師がたくさんいました。私もよく風邪をひいていたのですが、夜勤続きで疲れがとれない時に子供からうつることが多かったです。



看護師だから気をつけたい!病気の予防策とは?


患者さんの健康の手助けをする立場にある看護師が、風邪などで辛そうにしていると、逆に患者さんに心配されてしまいますね。


そうならないためにも、日頃から次の点に注意しましょう。

1. 病院内ではマスクをする
2. 出来るだけ、バランスのとれた食事を意識する。
3. トイレを我慢しない。
4. 一人で患者の移動介助をしない。
5. 休めるときはゆっくり休む。
6. 症状が軽いうちに市販薬を飲む。


私は上記のことに加えて、毎日ヨーグルトを200g摂取するようにしていました



ヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂取することによって、腸内環境を改善し免疫力を上げる効果が期待できます。実際に私もこの方法で、風邪に罹りにくくなりました


もし風邪など病気にかかってしまった場合、看護師でも病欠可能?


いくら日々気を付けていても、不規則な毎日を過ごすことで体調を崩してしまうこともあります。
しかし、ただでさえ人手が少ない看護師の職場。
そんなに簡単に休めるの?と不安ですよね。


一般的に看護師は、仕事を休むという概念が無い人が多く、
・インフルエンザなどの感染症に罹った、または疑いがあるとき。
・長期間症状が全く改善せずに倒れる寸前。
になる以外は働き続ける人が多いようです。


ですから、当然私も薬を飲んで熱が下がれば出勤したし、生理痛等で休むなんてことは絶対にありませんでした。


それでもやむを得ず病欠を取得したときは、早急に病院を受診して症状改善に努め、早期に出勤できるようにすることも大切ですね。その行動を起こすことによって、病欠に対する信憑性も高くなりますし。


いつも忙しい看護師は、同僚の病欠に対して結構厳しい意見を持っている人が多くいます。出勤できない状態だと証明するためにも必要な行動なのですね。(悲)


そして、大切なことをもう一つ。
病欠を取得するときに、病院に連絡をいれるタイミングです。


私が働いていた病院では、病欠の電話連絡をするタイミングとして、

・日勤・・・当日の朝早い時間
・準夜勤・・・当日の午前10時までに
・深夜勤・・・当日の午前中に

という暗黙のルールがありました。


これは、病欠を取得する人の代わりに勤務しなければならない人の立場を考えて、自然に作られたルールでした。


もちろん連絡方法はメールやラインではなく、直接上司に電話連絡すること
これは社会人として最低限のマナーです。


しかし中には、病欠の連絡を入れた時に怒りだす上司もいるかもしれません。
あなたが本当に辛くて病欠をとるのなら、後ろめたく思う必要はありません。
しっかり休んで、早く元気に出勤するよう努力するだけです。


家族が病気にかかり看護が必要になった場合は?


子供はよく体調を崩します。保育園で感染症に罹ってしまうことも多く、そのたびに子供の看病で休暇を取ることは大変ですよね。


そんな時にどうしても、身内の協力が得られない場合は、

1. 病(後)児保育
2. ファミリーサポートセンター

などの公共機関があるので、利用してみるのもいいですね。しかし子供の病気の種類によっては利用できないこともあるので、注意しましょう。


私も次男に喘息があり、よく発作を起こしていたので、月に1度は看護休暇をとっていました。周りのスタッフに対しても、「申し訳ない」という気持ちでいっぱいでした。


その時に私が意識して努力していたことは、
出勤している時は、手を抜かずに一生懸命仕事を行うこと。


日ごろ、後輩の見本になれるような行動を意識して、とにかく勤務時間内は手を抜かない。病棟の係りや委員会も、出来る限り協力して頑張る。


そのせいか、上司も普段の私の行動を認めてくれて看護休暇の申し出をしても、いつも快く受け入れてくれ、怒られた経験は一度もありませんでした


【まとめ】


夜勤をこなし、不規則な生活を余儀なくされる看護師は、体調を崩しやすいものです。


そうならないためにも日頃から、

・病院内ではマスクをし、感染経路を絶つこと。
・バランスのとれた食事と十分な休養を意識すること。
・勤務中は声をかけあって協力し合うこと。
・風邪かな?と思ったら、早めに市販薬を飲み対処すること。

が大切ですね!


それでも何らかの辛い症状が出たときは、タイミングに注意して電話連絡をし、割り切って一日ゆっくり休むことです。その後出勤した時に、一生懸命仕事をすればよいのです。


もしもあなたが、普段の仕事を一生懸命頑張っても認められずに、体調を崩してしまった時に怒られてしまうようなことがあったら…。その職場は、あなたのことを大切に思っていません。


そんな時は、転職サイトに登録して、自分に合った働き方がないか相談するといいですよ。午前のパートや週3回勤務など、いろいろな働き方があります


看護師だって働き方を選べる時代です。体調を崩すことなく、育児や家庭と両立させながら生き生きと働く職場を探してみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です