春から子供が保育園に!保護者会の内容は?役員の仕事は?

いよいよ春から子どもが保育園に入ることになり、準備も進めている段階となると……お仕事の再開準備も含め、これから忙しい時期になりますよね。


もちろん保育園に入ってからのこともいろいろと考えるのですが、気がかりなものとして「保護者会」があるという方も多いと思います。


保護者会もしくは父母会など園によって呼び方は違う場合もあるものの、そもそもどんな仕事があるのか、役員に当たったらどうすればいいのかなど、どうしても心配になってしまいます。


はじめて子どもを保育園に預けることになって保護者会が心配な方に、具体的な内容などをまとめてお伝えしていきますので、事前にチェックしておきましょう!


スポンサーリンク

【春から子供が保育園!保護者会は何をする目的の集まり?】



保護者会とは名前の通り保育園に預けている両親、保護者が集まって活動する集団で、基本的には保育園の先生は関与しません。

ですから保育者は参加しないことがほとんどですし、保育園も会議の場などを提供することはあってもそれ以上の関わりは基本的にありません。


保護者会費なども書類を配るために園を通すことはありますが主催は保護者であり、活動内容は保育園や規模によってもかなり違うものになります。

もちろん保育園と保護者会が連携しておこなう合同レクリエーションなどもありますので、そういった場合は保育者も関わります。


保護者会の目的としては保育園の子どもたちが過ごしやすい環境を作るための保育園との協力・連携、そして保護者同士の懇親を深めるというものです。

同じ保育園に通っているだけでは保護者についてほとんど分からないということもありますので、保護者同士も懇親を深め連携を取りやすくする……こう聞くと、保護者会も大切だと思えますね!


保護者会の活動は園や保護者会によってかなり違い、頻度は「このくらい」と言い切ることは出来ません。

保育園の場合はそれぞれ仕事もあるので頻度は高くはないところが多いですが、これもやはり最終的には「園次第」です。


近頃は「役員をしたくないから保護者会に入らない」と言う保護者も見かけるのですが、基本的に保護者会には参加しておくことをおすすめします。

目的である保護者と保育園の連携、保護者同士の連携は子どもの生活のためにもあったほうが良いのは間違いなく、また保護者会主催のイベントなどに子どもが参加できないなどの不利益も考えられます。


子どもからしてみれば「みんなが楽しんでいるイベントに自分だけ参加できない」「みんながもらっているものを自分だけもらえない」なんて思いをさせることになり、これは親としても嫌ですよね。




【保育園保護者会役員の仕事は結構大変!役員の仕事内容は?】



保育園の保護者会はやはり集団ですから役員、つまりリーダー的な存在を決める必要があり、会長1名、副会長が2~5名(園の規模によります)、会計と書記が1名ずつ決められることが多いです。


これに事務員などが加わることもありますが役員の規模も園や園の規模によってかなり違いますので、詳細は問い合わせてみたほうが良いですね。



役員は立候補で決まることもありますが基本的にはくじ引きや推薦などで決める事が多く、筆者が関わった保護者会も一覧から推薦者を決める方法で役員を決めていました。


役員、特に会長は「保護者会代表」としてイベント時に挨拶することなどがあり、仕事量もかなり多くなります。

また副会長以下の役員も行事になるとやっぱりお手伝い、場合によっては挨拶などもする必要があります。


また会計となると保護者会費の管理がありますので責任は重く、しっかりこなしていく必要が出てきますね。


これだけ聞くと本当に大変な役員ですが基本的に報酬などはなく、それでいて土日の行事への出動や平日夜の会議など、生活面でもかなり関わってくることになります。


保育園の場合は特に親が働いていますのでお互いのために時間帯も考慮されていることが多いですが、それでも負担は少なくないと思っていたほうが良いですね。


これだけの仕事がある役員、見ているだけでも大変ですし、やっぱり


・どうしてもやりたくない
・断りたい
・片親で忙しくてやれない


などの問題も出てきます。


しかし誰かがやらないと保護者会が立ち行かなくなり、またそれぞれ小さい子どもを抱えて大変な事情は同じですので、基本的に断ることは出来ないと思っておいたほうが良いです。


どうしても無理な理由がある、仕事の都合上絶対に仕事がこなせないなどがある場合は役員の話しが来た段階でしっかり相談し、その上で考慮してもらう、変わってもらうなどを考えましょう。

「めんどくさいからしたくない」はほぼ通りませんが、どうしても無理な場合は役割と多少変更してもらうなど対応も出来ますので、黙っているのではなく相談してくださいね。


【意外と多い!保育園保護者同士のトラブル!対処法は?】



保護者会で懇親を深め親同士の連携を取りやすくするのが保護者会の目的のひとつでもありますが、それでもどうしてもトラブルは起こります。

最も多いものとしてはやはり子どもが関わるトラブルで、「○○ちゃんがうちの子に怪我をさせた!」などがきっかけになってこじれてしまうことが多いですね。


円満に解決する方法としては、まず何よりも子どもの社会と大人の社会を混同しないことです。


子どもはときにケンカなどもしながら人間関係を覚え、それがこれから生きていくための知恵にも繋がります。

一度ケンカしたからといって「○○ちゃんには近づいちゃダメ!」など大人が口を出してしまっては、子どもの成長の機会すら奪ってしまっているんですね。


もちろん怪我をさせた場合は相手の親に謝罪する、などは必要ですし、それを受け入れる気持ちも必要です。


「怪我をさせるような教育しかしていない」と相手を見下し無視したりするトラブルも多く見かけますが、それでは保護者の連携なんて到底出来ませんよね。

また自分の子どもの言葉を鵜呑みにして相手の子が悪いと決めつけ、実際は先に手を出していたのは我が子だった……なんて可能性も、もちろんありえるんです。


子どもの世界は子どものものであり、そこで子どもは人間関係や力加減など、様々なことを覚えていますので、見守る姿勢も忘れないでいましょう。


どうしても解決しない保護者感のトラブルは、保育者に相談してみるのもひとつの手段です。

解決しないからといって他のママ友に愚痴るなどでは不穏の種を蒔いているだけですので、出来るだけ中間に立てる人に相談するようにしましょう。


【保護者会の懇親会の挨拶のポイントは?保護者同士の正しい距離感は?】



保護者会がいよいよ動き出すと懇親会などが開かれることもあり、そこで挨拶などもまた悩んでしまいますよね。


とはいえ堅苦しく考えることはなく「同じクラスの子どもを持つ親の集まり」ですから、基本的にしっかり大きな声で挨拶をする、初めての保護者会である場合は不慣れであることをしっかり告げて相談に乗ってくださいなど素直に話しておけば何も問題はないと思います。


共通の年代の子どもがいる親同士ですから、そこまで悩まずとも気がつけばいつの間にか話題も尽きることがありません。


ただあまり親しくないうちからLINEの交換など、極端に距離を近づけるのはあまりオススメしません。

グループを作って保護者は基本的に加入、なんてところもありえますが、出来れば最初は軽く挨拶、ちょっとした会話で止めておくと安心です。


LINEはどうしてもトラブルに繋がりやすく、また一方的に頼られて困る……なんてこともありえますので最初は程よく距離を置き、気が合う、親しくなってきたと判断してからのほうが、トラブルもなく過ごせますよ!


【まとめ】

保育園に入るとなると子どもにとってもはじめての集団生活となり、どうしても人間関係のトラブルが起こってしまいやすくなります。


子どもの世界は子どもの世界として大切に見守り、親はいざというときの連携のために保護者会の行事なども積極的に参加することでトラブルも減らせます。

保護者会、特に役員になってしまうと緊張しますが基本的に同じ年代を持つ親同士、気楽にし、その上でわからないことは素直に相談しておけば何も問題なく過ごせると思いますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です