春から中学生!おすすめの部活動は?自分にあった部活の選び方は?


いよいよ待ちに待った中学校生活!!
きっと「なんの部活に入ろっかな!?」と楽しみにしていることでしょう。


小学生の時とは違って、学校生活の一部としての“部活動”があるので、
どうせやるなら、3年間続けられるような部活動を選びたいと思っているはず!!


いざ、入学してみると“運動部”に“文化部”。
なかには、小学生の頃には思いもつかなかった部活まで存在していて、
どう選べば良いか迷ってしまいますね♪


そこで、最近の“人気部活動”についてちょっと紹介して見ますね。
参考になれば、嬉しいです(^_^)V


スポンサーリンク

春からいよいよ中学生!中学生に人気の部活動は?


子育て・教育情報大手の「ベネッセ」の2016年の調査によると、


中学生の子どもが入部している部活は?
サッカー部:15%、バスケットボール部:12%、テニス部:10%、吹奏楽部:8%、野球部:7%、その他:48%
http://benesse.jp/kyouiku/201602/20160226-2.html


という結果が出ています。


男子の人気の部活動

1位 サッカー
2位 バスケットボール
3位 野球


女子の人気の部活動

1位 テニス
2位 吹奏楽
3位 バスケットボール・バレーボール


運動部の人気は今も昔もあまり変わりないようですが、
近頃では、指導者となる先生も増えたこともあり、
女子“軽音学部”や“ダンス部”
男子“パソコン部”なども非常に人気が高いと聞きますよ♪
それも、時流なのでしょうね!!


ただ、何部に入っていても、
中学生は“学習と部活の両立をめざしている!”子供たちが多い
ということにも感心させられました。



男子中学生におすすめの部活動は?その理由は?


サッカー部

サッカー部を選ぶその多くの理由は、
小学校の頃から地域のスポーツチームに入っていた流れで、
中学校に入っても続けているという事でした。


本人のさらなる向上心を高めることにもつながり、
また親のサポートにおいても万全であると言うことなのでしょう!



昨今、多くの日本人選手が海外でも活躍している!ということも魅力のひとつになっているようです。


パソコン部

今やパソコンがないご家庭は無いのでは?と思われるほど普及していますね。
幼い頃から、ゲーム機を初めとしたスマホ世代の子供たち。


パソコンの基礎知識から、プログラミングなどの応用などまで様々な知識を得ることができるので、理系、工学系を目指すきっかけにもなるでしょう。



女子中学生におすすめの部活動は?その理由は?


テニス部

テニスは時流に関係なく相変わらず人気が高い!?
ユニホームは格好カワイイし、
ラケットカバー(ケース)やバッグまでもがオシャレです。

ただ、人気が高いのは、ファッション映えするだけではありませんよ。(笑)


中学に入って初めてテニスをするという人が多いので、
初心者でも安心して入部できる競技だと言うことです。



また、基本的には個人競技ではありますが、
常にチームで活動するのでほどよく協調性を学べるのも魅力ですね♪


吹奏楽部

ピアノやバイオリンなど小さい頃から習っている人は、
自然と吹奏楽部を選ぶようですね。
また、何か楽器を演奏できるようになりたい!音楽に関わりたい!と思っている子供たちには、とっても良い機会です♪


演奏できるようになれば、
運動部の試合応援・学校行事 etc など活動の場も広がります


ただし、思いのほか練習が厳しい!という声もチラホラ。
でも、その厳しさを乗り越えて一つの作品を演奏しきったあとの、
達成感はハンパないと言います。



そして、こういった音楽つながりで、卒業後や大人になってからも趣味とするなどで、交友関係を継続することができるところも吹奏楽部のホットなところでしょうか♪


部活動がたくさんあって迷う・・・自分に合った部活動の選び方は?


部活選びで気をつけて欲しいことがあります!
“友達が入るから、自分も一緒に…なんとなく”と決めるのはやめましょう


中学の部活動は土日にも行われるので、勉強との両立が大変になってきます。
気の進まない部活動を3年間続けるなんて、まず無理!!


学校によっては、県大会・全国大会を目指す部活動もあります。
自分がどんな中学校生活を送りたいのか!?を、
きちんと考えたうえで入部する
ようにしましょう。


どこの学校でも、部活見学・体験入部(仮入部)などがあるので、
興味のある部活へは積極的に参加してみましょう


また、知っている人や先生になどにも色々なことを確認しておくことも大切です。
練習等のハードさとか、先輩との上下関係とか…
部活にかかる費用もチェックしておくといいでしょうね。


体験入部中に先輩方が妙に親切だな?というのも要チェック!!
そのまま本入部してしまうと……優しかったはずの先輩方からの厳しい指導とのギャップに驚くことになるかも… !?(゚〇゚;)マ、マジ…


【最後に/まとめ】


まずは、中学校に入学すると生活環境が一変してしまいます。
3年間続けることを前提にした自分自身がやりたい部活を選びましょう


高校入試に関わるとされる“内申書”には、
部活動で良い成績をおさめたことや、
部長等をしていてチームのまとめ役だったなどのプラス面が記載されます。


推薦入試では内申書の内容は重要視されることは多いですが、
一般入試であれば当日の試験結果のほうが重用されることになります。


また内申書には、部活動状況のマイナス面(目立った活躍が無い・サボり気味だった事など)は記載されることはないので、それほど神経質になる必要はないと思いますよ!


有意義な中学校生活を送るためにも、
部活動選びは、自分自身の気持ちとしっかり向き合って決めてくださいね。
p(*^-^*)q がんばっ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です