女の職場の人間関係は本当にめんどくさい!乗り切るコツ3選!

スポンサーリンク


派閥、陰口、妬み、いじめ…。
これ、全て『女の職場あるある』です!
まるで中学校のいじめ問題みたい…。と、思いますよね?


でも、もしかしたら女の職場はそれ以上に陰湿かもしれません。
私もかつて女性が多い職場代表、そう、『看護師』として働いていました。


女同士の人間関係に悩んで、3ヶ月ほど何も話せなくなったこともあり、
今振り返るとうつ気味だったのかなぁ…。(涙)


このようにストレスを抱えながら働いていると、
やがて身体症状に表れて、うつ病やめまい発作などを起こすこともあるのです!


しかし、女性は複雑な生き物のようですが、その性質が理解できると結構単純明快なもの。
実はちょっとした気持ちの切り替えで、人間関係を円滑にすることができます


今回、そんな女の職場でどっぷりと約20年浸かっていた経験を元に、
元看護師ライターかなさが女の職場の人間関係を円滑に乗り切る方法を伝授します!


スポンサーリンク

女の職場って本当にめんどくさい!なんでこんなにめんどくさいの?


これは、実際に私が経験した話


当時24歳の私が異動となった手術室は、スタッフのほとんどが30代前後と若く、
既婚者どころか彼氏もいない人だらけ…。


入職時の『部署希望アンケート』に“手術室”と書いてしまった無知な私は、
その日から3年間、その恐ろしい環境で過ごすことになるのです。


まず、異動初日から質問攻めです。


「なぜ、内科から手術室に来たの?」
「いくつ?」
「家はどこ?」
「出身は?」
「彼氏いる?」

その時の私は、完全に病棟の中で注目の的でした。
このように根ほり葉ほり聞かれたことで、初日からグッタリ…。
それはもう、初日から不安で不安で仕方がありませんでしたよ。


それから最低半年間は、常に『監視』されている状態
「教育する」という立場もあったと思いますが、かなり度を超えているのです。


私が誰としゃべっていたのか、
今日着ていた服、弁当の中身などについて、休憩室で噂をしていたり。


先約を理由に職場の飲み会を断ると、
その後の仕事では浮いた存在になり、「新人なら先約を断ってでも参加すべき」などと愚痴を言う。


正直、仕事と関係ないよね?と思うと辛くて人間不信の状態に。
このように、女の職場って、本当に色々めんどくさいんです。


それには女性特有の性質が影響しているといえます。


1. 噂話が好き

噂話はある意味、女性のコミュニケーションツールです。
それが相手の悪口につながることでもお構いなし。
噂話をすることでお互いに同じ価値観かどうかを確かめ合い、信頼関係を築いていこうとするのです。


2. 仲間同士でつるみたがる

女性は集団行動が好き。
用事があろうとなかろうと、誘いを断る人は「変わった人」ととらえてしまいます。
一度そういうレッテルを貼られると、なかなか剥がすことができないのも特徴です。


3. 人のチェックをする

どんな面でも相手より優位な立場にいたいのが女性。
彼氏持ち、既婚者、どこへ旅行に行った、ブランド物の数、相手よりも痩せている等々…。
仕事以外の面で常に張り合っているのです。


私は病棟の中で一番若いというだけで、張り合う対象にされていました。


[star5][star5]


元気だけが取り柄の私でしたが、前の部署の先輩看護師に心配されるほど、
ご飯も食べられなくなり会話もしない、笑うこともない。
今思い返しても、本当に辛い時期でした…。


しかし、こんな私も次の方法を実践することでこの状況を乗り切り、
たくましくも1年後には、本来の自分を取り戻すことができたのです。



女の職場のめんどくささを乗り切るコツ その1:仕事力をつける


周囲とのコミュニケーションを避け、完全に一匹狼だった私
私が休憩室に入ると異様な空気が流れる気がしていたので、
常にそこでは手術の本を読み漁っていました。(正直、休憩になっていない)


手術についている時間が一番楽だった。
本当にすごい集中力だったと思います。


そのせいか、手術介助のスキルがみるみるうちに上達し、通常1年かけて出来ることが私の場合は半年でクリア。医師も「すごい新人看護師が来た」と褒め、そうなると周囲の先輩看護師も私のことを認めざるを得ない状況に


これまでの私は「変わり者」として噂話の中心だったのですが、その内容にも変化が見られ、
「真面目に頑張る子」とか「期待の新人」と噂されるようになりました。


女の職場のめんどくささを乗り切るコツ その2:職場とは全く無関係の人に愚痴を言う


私の愚痴を聞いてくれた人。それは『』でした。


少し離れたところに住んでいるのでなかなか会えなかったのですが、
たまに会いに行っては職場の先輩看護師のことを実名で愚痴る


そのうち姉も、先輩看護師の名前と愚痴の内容が一致するようになり、説明する手間も省けてさらに会話も弾むようになりました。


最終的には先輩看護師の失敗を面白おかしくネタにしてみたり。
姉の前では完全に先輩のことをコケにしていました。(笑)



相手のことを実名で愚痴ることって、結構ストレス解消になりますよ!


女の職場のめんどくささを乗り切るコツ その3:旅行で現実逃避


私が働いていた病院では年に一度、長期のお休みが取れます。


その休みを利用したり、シフト上たまたま3連休があるとすぐに友人と旅行へ行き、
素晴らしい景色を見て、美味しいものを食べて、現実逃避していました。


旅行から帰る時は、「また、現実の世界に戻るんだ…。」と、悲しくなりましたが、
また次の旅行計画を立てることで気持ちを奮い立たせていました。



お金はかかるけど当時は一匹狼で仕事以外にやることがなかったから、お金を使うところもなく、
ちょうどよかったんですね。


お財布事情が許すのなら、旅行で現実逃避することはすごくオススメですよ!


【まとめ】


このように、女の職場はかなりめんどくさいです。(笑)


私の場合、
・仕事力をつけること
・姉に愚痴ること
・現実逃避すること
によって乗り切ることができましたが、その中でも、
「仕事力」をつけるように努力することは、乗り切り術の基本です。


女性は常に相手よりも優位な立場に立ちたいのだから、仕事ができない人に対しては厳しくなるのも当たり前。仕事力をつけたうえで、自分をリフレッシュさせるための行動をとってくださいね!


それでも、その職場に馴染めずに辛くなってしまったら…。


比較的男性が多い職場に転職することです。
看護師なら、臨床工学士のいる透析関係、リハビリ師のいる整形外科、介護士がいるデイケア関係。


すぐに転職サイトに登録して相談しましょう。
きっと、あなたに合った職場環境の情報を提供してくれるはずですよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です