鯖江の2月の風物詩「すりばちやいと」とはどんな行事?ご利益は?

スポンサーリンク

福井県の鯖江市で毎年行われている珍しい行事、「すりばちやいと」をご存知でしょうか?


突然「すりばちやいと」と聞いても、名前からはどんな行事なのかさっぱり想像がつかないですよね。


本当に不思議な伝統行事ですが、ご利益があるということで行列ができるほど人気があります。


福井県鯖江市で行われる不思議な伝統行事「すりばちやいと」について、この機会に詳しく知ってみませんか!


スポンサーリンク

【鯖江の2月の風物詩「すりばちやいと」とはどんな行事?】



すりばちやいとは鯖江市にある中道院というお寺で行われる行事で、年に2回開催されています。

日程は2月20日と3月2日、毎年2回この時期にすりばちやいとは行われているんですね。


具体的にどのようなことをするのかというと、すり鉢型の護摩炉を頭の上に載せてお灸をすえるというものです。

こうすることによって頭痛などの病が治る、そして頭が良くなるというご利益があり、時期柄もあって受験生の合格祈願としても人気が高いんですね。


すりばちやいとはこのようなご利益があることからお年寄りの方や受験生、そして受験生の孫を持つお年寄りの方などで毎年人気が高く、行列になるほどの方が訪れます。

すりばちやいとという不思議な名称も、この頭にかぶる護摩炉がすり鉢に似ているというところから来ているのですね。


ちなみに中道院は鯖江市の中心にある天台宗のお寺であり、別の名として「元三大師」とも呼ばれています。


中道院の歴史は1200年と長く、泰澄大師によって創建し、平安時代に元三大師によって再建されたので別名が「元三大師」にもなっているのですね。

元三大師は天台宗の中興の祖としても知られていて、お寺の名前として残っているのも納得かもしれません。




「すりばちやいと」のご利益とお作法は?】



護摩炉を頭にかぶってお灸をすえる、と言葉にすると簡単ですが、なかなか想像がつきにくくもありますので、まずは動画で確認してみましょう!


すりばちやいと



すりばちやいとにどの程度人が集まるのかというのも動画で分かりますが……かなりの方

が集まっていますね!


すりばちやいは頭痛を治す、頭を良くするなど、「かつて参拝者の頭に護摩炉をかぶせてお灸をすえ疫病が治まった」という言い伝えからのご利益があると言われています。


そのためにはまず手にした御札、写真などを護摩炉の下に置いてから鉢を頭にかぶらせてもらい、読経に合わせて静かに合掌します。

そして無病息災や家内安全、受験合格などを願い、頭から護摩炉を外されて終了です。


また受験生のお孫さんのために参拝にくる方も多く、そういった場合は人数分の御札と写真を護摩炉の中にいれてから読経を唱えてもらうそうですよ。


【どれぐらい混雑をしている?混雑を避けるには?】



すりばちやいとは朝の7時半頃開始という早朝からのスタートとなるのですが、8時頃に到着してもすでに長蛇の列となっているほどの人気があります。

もし「1番最初に並びたい!」と思われているのでしたら、よっぽど早めに並びに行ったほうが良さそうですね。


行列になるのもありますがお孫さんの合格祈願などを兼ねている方も多く、こうなると一人ずつ拝んでもらうことになるので更に時間がかかります。

どの程度の時間になるかは時間帯やお天気にも左右されると思いますが、かなり時間に余裕を持っておくことをおすすめします!


ちなみにすりばちやいとは「無料で受けられる」となっていますが受付で志が渡せ、500円ほど払って紙に名前を書いてもらうことが多いそうですよ。


【すりばちやいとだけじゃない!冬の鯖江の魅力とは?】



鯖江市はすりばちやいとだけではなく他にも観光スポットがありますので、せっかくの機会、鯖江市のことをもっと知っておきませんか!


鯖江市の3月頃の気温は平均で最高8℃・最低1℃とまだまだ寒い時期で、特に早朝からすりばちやいとに並びたい場合はできるだけ暖かい格好をして行くことをおすすめします。

昼間もそこまで気温は上がりませんが、念のため重ね着などで調節しやすくしておくと安心です。


また鯖江市の観光スポットをいくつか紹介しますので、すりばちやいとのあとはぜひ鯖江市をゆっくり観光してみてくださいね!


◎めがねミュージアム

「鯖江市といえばメガネ」という認識の方も多いのではと思いますが、鯖江市はメガネの聖地として有名です。

日本製のメガネフレームの9割は福井で作られ、今も伝統の技を受け継いだ職人がたくさんいます。



そんなメガネの聖地である鯖江市に行くのですから、めがねミュージアムはぜひおすすめしたい観光場所です!


営業時間:10時から19時

定休日:年末年始

住所:福井県鯖江市新横江2-3-4

◎西山公園

西山公園はレッサーパンダを見学出来る西山動物園やフィールドアスレチック「パンダらんど」がある子どもも大人も楽しめる場所で、日本の歴史公園100選にも選ばれています。

まだ寒い季節ではありますが、ぜひかわいいレッサーパンダもご覧になっていただければと思います!


住所:福井県鯖江市佐倉町3

◎春日神社

春日神社延喜式神名帳にもその名を確認出来る古い社で、現在の本殿は1613年に再建されたものになります。

せっかくの鯖江市、ぜひ日本の歴史にも触れてみてはいかがでしょうか!


住所:福井県鯖江市鳥井町


【まとめ】

すりばちやいとという不思議な名前の行事ですが、実際にする行動もなんとも不思議な、それでいてご利益のありそうな内容でしたね。

受験合格の祈願のため、頭痛など病気の回復のため、本当にたくさんの方が毎年すりばちやいとに訪れています。


今年受験の方や病気が気になる方、そうでなくとも不思議なすりばちやいとを体験してみたい方、ぜひ次回のすりばちやいとを受けてみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です