茨城の3月といえば「鹿島神宮祭頭祭2022」!どんなお祭り?みどころ完全ガイド!

3月のお祭り
2022年3月11日

現今の新型コロナウイルス感染症感染拡大の状況を鑑み、左方泉川郷・右方居合郷両祭事委員会、関係諸団体、当宮で入念な協議を致しまして、この度の令和4年祭頭祭執行にあたり下記を決定致しました。この度の執行につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止並びに今後の感染拡大を懸念致しまして、この度の祭頭祭諸祭行事の日程を変更することとなりました。下記の日程通り執行致します。

※1 祭典時に特例にて「次年度の祭頭祭を担う郷」を占う「神占之儀」を執行致します。
※2 泉川郷「囃込み」は、大鳥居から本宮前の間となります。交通規制はありません。
泉川郷「祭頭囃し出陣式」(午後1時)は鹿島神宮 第一駐車場にて執行されます。
※3 居合郷「囃込み」は、仲町、角内、大町を経て神宮境内に進みます。交通規制が実施されます。
居合郷「祭頭囃し出陣式」(12時30分)は鹿島神宮 第一駐車場にて執行されます。
※4 春季祭は、特例にて4月2日に執り行います。

両字(泉川郷・居合郷)の祭頭囃しの日程が異なる点におきましては、両字ともに新型コロナウイルス感染症対策を万全に計画し実施することを大前提にしながらも、数十年という周期でしか廻って来ないこの「当番字」という栄誉ある記念の年にあたり各郷各集落の住民方々の思いをまず第一に尊重致しました結果、当宮・関係諸団体の合意の上、表記の日程となりました。
この決定につきましては、本来であれば例年の日程通り執行すべき祭典であることは、関係各位充分な認識のうえに立ちながらも、各郷ほか参加者の健康保全並びに感染拡大防止という社会的責務を全うすべく、幾度と無くまた長い時間を用し協議を重ね、各郷並びに関係諸団体の苦渋の決断の上なされましたことを附記致します。
祭頭祭諸祭行事を愉しみにされておられました皆様におかれましては、誠に恐れながら御理解を賜れたらと存じます。
鹿島神宮公式サイトより

春の訪れを告げるお祭りとして有名な鹿島神宮の祭頭祭、毎年茨城県で行われていることをご存知でしょうか?

祭頭祭は色鮮やかな衣装がたくさん見られる、華やかかつ勇壮なお祭りとして知られています。

「春の訪れを告げる」として「鹿島立ち」なんて言葉もあるほどで、その起源はなんと奈良時代まで遡るんです。

五穀豊穣や天下泰平を願う祈願祭の意味もある祭頭祭、ぜひこの機会にどんなものなのか、何が見どころなのかをチェックしておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました