ひなまつりといえば菱餅!形の由来と3色の意味に納得!食べ方作り方は?

スポンサーリンク

hinamatsuri_hishimochi

ひなまつりといえば、赤、緑、白の色とひし形が特徴的な菱餅がひな祭りの定番として欠かせませんが、ちょっと謎の物体ですよね。なぜ、菱餅を飾るようになったのか、菱餅の色の意味など、皆さんも疑問に思っているであろうことを明らかにしたいと思います!


スポンサーリンク

ひなまつりと言えば「菱餅」!雛人形になぜ?

hinamatsuri_odairi_ohina

そもそも、ひな祭りのルーツは、古代中国の3月の最初の巳の日に厄払いをした上巳節だそうです。この時に、母子草(ハハコグサ)をくれて作った丸いお餅を食べていたのですが、これが日本に伝わった際に、母子草を入れた餅をつくのは縁起が悪いということから、邪気を払う力があるとされたヨモギを入れて作るようになります。


その後、上巳節は3月3日に制定され、上流階級の人気の遊びだった「ひな遊び」と結びついて、現在のひなまつりに発展していったそうです。



菱餅の形の由来、色の意味は?

wormwood-1338208_1280

江戸時代初期に菱餅はヨモギを入れた緑色の餅と栗のような味がする菱の実を入れた白い餅を菱形にして、3段や5段重ねにしたものが一般的だったそうです。なぜ、菱の実なのかというと、菱の実に子孫繁栄と長寿の力があるからだそうですよ。


それが3色になったのは、明治時代です。クチナシの実を入れた赤い餅が加わります。赤は魔除けの意味があり、おめでたい色、さらに桃の花の色でもあることから加わったと考えられます。


特徴的な菱形ですが、起源には諸説あり、ひし型は女性の象徴菱の実を模して菱形になった、心臓の形を表している、角が魔除けとなっている、四角を伸ばして長寿を祈願したなどが挙げられます。


菱餅を作ってみよう!レシピの紹介

白玉粉で作る甘い和菓子系菱餅

抹茶、牛乳、いちごジャムと白玉粉を混ぜて作る菱餅です。甘いもちもちのお菓子に仕上がりますよ。


Wagashi Hishi mochi ~和菓子 ひし餅



ういろうバージョンの菱餅

小麦粉と砂糖、食紅で作ることができるので、気軽にトライできますよ。


【手作り和菓子】菱餅の作り方 ひなまつり Making cooking&sweets



本格的なお餅の菱餅

よもぎ、食紅、普通の白いお餅で作っている菱餅です。切るのに苦労していますが、本格的ですよ。


【2016年雛祭り♪】お内裏様とお雛様に今年の菱餅です!!12合分!?よもぎは自家製、お庭のを使いました♪



それで、、菱餅はどうやって食べるの?保存方法は?

frog-1729802_1280

菱餅の食べ方に決まりはないそうですが、縁起の良い食べ方として、角をちぎって丸くしながら食べるとよいそうです。丸くすると、人付き合いで角を立てずに丸く生きることができるそうですよ。


アレンジとしては、普通の餅に色が付いたものなので、うどんに入れたりお雑煮にしたり、小さくカットしてぜんざいにしてもよいでしょう。


保存する際も、餅と同じでOKなので、乾燥しないように冷凍保存用の袋に入れておくか、ラップに包んで冷凍保存しましょう。


【最後に】

10-03-007_s

いかがでしたか?菱餅はゼリーになっているものが定番かもしれませんね。菱餅の3色にそれぞれ意味があるのが興味深かったです。お餅の本格的な菱餅も素敵だと思うので、ぜひ機会があれば自分で作ってみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です