十六団子の由来は?読み方は「じゅうろうだんご」?十五夜との関係性は?

スポンサーリンク

3月は卒業の月でもあり桃の節句など華やかな行事もたくさんある忙しい月ですが、そんな行事の一つとして「十六団子の日」があるのをご存知でしょうか。


十六団子の日は3月16日になり、「お団子を用意する日」と認識している方もいらっしゃるかもしれませんね。


十六団子の日はしっかりとした由来があり、16という数字も意味が込められている大切な数字なんです。


せっかく準備を整えて十六団子の日を迎えるのなら、十六団子の意味も知っておきたいところですよね。

十六団子の由来や読み方など、十六団子の日について今のうちに詳しく知っておきましょう!


スポンサーリンク

【十六団子は何をする日?由来・いつからはじまったの?】



十六団子は最初にお話した通り毎年3月16日に行う伝統行事であり、16個の小さな団子をお供えする日となっています。


日本では古くから山には神様が住んでいるという風習があり、神様が3月16日に「農神おろし(田の神おろし)」という、山から種子を抱いて里におりてくるから団子をお供えするという理由があります。


つまり十六団子とは「里におりてきた神様をおもてなしするための団子を用意し、今年の豊作を祈願する」という意味があるんですね。


十六団子は東北や北陸地方を中心に広まっている行事ですが、お祝いの方法や当日の行動などは地域ごとに様々な風習があります。

また昔は「餅つきをする音によって神様を呼ぶ」という意味合いもあったそうですが、現在ではほとんど米粉や上新粉などで作るお団子が主流となっていますね。


お住いの地域によっては恵比寿様や大黒様に十六団子をお供えする場合もありますが、現在としては行事のひとつとしてお供えし、そのまま家族そろって食べるのが一般的になっています。




【十六団子の読み方は「じゅうろうだんご?」「じゅうろくだんご」?】



十六団子と書かれてあると普通に「じゅうろくだんご」と読んでしまいますが、昔からの正しい読み方は「じゅうろうだんご」なんだそうです。


またもちろん地域によって違う読み方があったり、世代によって変わってきている場合もありますが、「どちらでも正解であり問題ない」というのが答えです。

大切なのは行動や気持ちであり、読み方にこだわる意味などは最初からないのかもしれませんね。


またなぜ16の団子を用意するのかについてですが、これについては和菓子の歴史も重ねて見る必要があります。


日本では古く……室町時代頃に「嘉定喰い(かじょうぐい)」という風習があり、これは陰暦の6月16日に16個のお餅を無言で食べて無病息災を祈願するというものでした。

江戸時代になるとこの風習が少し変化し、「16文で購入したお菓子を笑わずに食べきると病にかからず元気でいれる」というものになっていったんです。


そしてこの風習に習って悪疫を追い払うために賀茂神社へ16個の和菓子を祀った、これが現代にも続く十六団子の風習へとつながっています。

現在も6月16日は「和菓子の日」であり、16という数字と和菓子……つまりお団子も、長い歴史によって繋がっているのですね。


【十五夜の月見団子との関係は?十六団子の材料も一緒?】



十六団子、名前を見ていると十五夜、つまり月見団子とも関係がありそう……と考えますよね。

でも実は、そもそも日本人はあらゆるタイミングや行事に合わせてお団子を用意しているんです。


月見団子は十五夜に用意して月に備えるお団子であり、十六団子は神様が里におりてきたあとおもてなしするためのお団子です。

他にも花見だんごやヨモギ団子、みたらし団子、きびだんご……団子と言っても本当にたくさんの種類があります。



ちなみに作り方や材料に変わりはなく、レシピなどを調べても「十五夜・十六団子のお団子」なんてものもありますよ!

基本的には粉を捏ねて丸め、茹でて冷水に取れば完成(茹でない地域もあります)というお手軽さですので、いつでも気楽に作ることが出来ます。


【十六団子の飾り方・並び方の作法はあるの?いつ食べるの?】



十六団子の並べ方ですが実は地域によっても違いがあり、また細かくこだわらないところもあるので、一般的には「割と自由」で問題なさそうです。


白い紙を敷いて並べるのが一般的ですがお皿でも問題はなく、並べ方も正方形の方法などあります。

ともあれあまりこだわった結果何度も触って形や味を崩してしまうより、美味しく食べるほうをおすすめします!


飾り方や方角についても地域によって決まっている場合もありますが一般的には特に決まっておらず、3月16日にしっかりお供えすれば食べるのも自由で良いと思いますよ!


【まとめ】

十六団子の日はもしかしたら知らなかったという方もいらっしゃるかもしれませんが、豊作祈願、そして神様をおもてなしする日として、覚えておいて損はないと思います。

また日本では様々な季節に合わせてお団子を作りお供えして食べていますので、季節を感じるイベントとしても楽しめますよね。


毎年日が変わらないのも準備がしやすく、またお団子はお子様がいらっしゃるご家庭などでは子どもも喜ぶおやつになります。

ぜひご家庭に合わせて出来る範囲の十六団子の日を楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です