東武博物館に子供と行こう!混雑予想は?初心者向け見どころガイド!

スポンサーリンク
乗り物
スポンサーリンク

東京スカイツリーから2駅となりの東向島駅にある東武博物館

東武鉄道に関する資料や模型が展示してあり、お子さん連れでも楽しめる知る人ぞ知る博物館です!

なんと入館料が大人200円、子供100円!

お財布に優しいので、週末のお出かけにぴったりですよね。

今回はそんな東武博物館についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

機関車が動く!東武博物館ってどんなところ?

東武博物館には、実際に使われていた電車や資料の展示はもちろん、お子さんに人気の電車やバスの運転シミュレーションや、実際に走っている電車を間近で見ることの出来るコーナーもあります!

蒸気機関車が動くSLショーや、関東平野をモデルにした巨大ジオラマを電車が走るパノラマショーも人気です。

ショーの開始時間が決まっているので、事前に確認して見逃さないようにしてくださいね!

東武博物館の概要

入館料(一般):大人200円、子ども 100円(4歳~中学生まで)

入館料(団体):大人100円、子ども 50円(4歳~中学生まで)

場所:〒131-0032 東京都墨田区東向島4-28-16

電話:03-3614-8811

開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

アクセス

東武博物館

公共交通機関:東武スカイツリーライン東向島駅下車。都営バス「百花園前」下車 徒歩約7分。都営バス「向島消防署前」下車 徒歩約3分
車:首都高速をご利用の場合:向島出口より1.5km

駐車場:当館入口より鐘ヶ淵駅方向へ約150m直進した高架下に、当館専用の駐車場があります(無料・12台)

東武博物館 公式ホームページ

東武博物館
東武博物館のご案内。東武鉄道の歴史をひもとく東武博物館。館内のご案内、実物車両、展示内容、体験コーナー、友の会、イベントニュース、ミュージアムショップについての情報をご案内します。

5号蒸気機関車

東武博物館といえばコレ!見どころ3選!

SLショー

東武鉄道開業時に運行していた蒸気機関車を見ることが出来るSLショーは迫力満点です!

汽笛を鳴らして動く蒸気機関車の様子は、電車好きでなくても楽しいと思います。

ショーの開催時間は11:00、13:40、14:40、16:00の4回なので、見逃さないように時間と場所をチェックしておくのがおすすめです!

【東武博物館】SLショー

パノラマショー

関東平野をイメージした巨大なジオラマを模型電車が走るパノラマショー。

13分間のショーは東武鉄道の1日を紹介しています。

自分が住んでいる街や普段使っている電車が見られるかもしれません。

開催時間は10:30、11:25、13:15、14:15、15:30の4回です。

こちらも事前に時間と場所を確認しておきましょう!

ウォッチングプロムナード

東向島駅を通る電車を間近で見ることの出来るウォッチングプロムナード。

普段見えない電車の車輪部分が見えるのはここだけ!

通過する電車も近くで見ることができ、そのスピードは迫力満点です!

ぜひ足を止めて、電車を見てみてくださいね。

5700形モハ5701号

 

赤ちゃん連れでも大丈夫?レストランや授乳室はあるの?

東武博物館はお子さん連れでも安心して楽しめます。

授乳室やおむつ交換台もあり、入口にはベビーカー置き場もあります。

また、無料のコインロッカーもあるので、荷物を預けて館内を楽しむことができます。

休憩コーナーがあるので、お弁当を持参していっても良いかもしれません。

周辺にはレストランがほとんどないので、昼食は持参するか、外で食べる場合は押上まで行くのをおすすめします。

4

東武博物館の混雑予想!土日は?春夏冬休みは?

土日は子供連れや電車好きの方で混雑しますが、平日は比較的空いています。

ただ、平日に幼稚園などの団体が来ていることもあるので、気になる方は東武博物館に問い合わせてみましょう。

土日は混雑するとはいえ、驚くほど混んでいることはありません。

人気の体験コーナーも5~8人並んでいる程度。

もし並びたくない場合は、お昼過ぎや閉館が近い15時など、時間をずらしていくといいかもしれません。

また、夏休みや冬休みにいは工作体験やコンサートといったイベントも開催しています。

特に夏に行われるプラレールフェスティバルはお子さんに大人気!

大きなプラレールに乗ったり、限定グッズが販売されていたりと、電車好きにはたまらないイベントです。

情報はホームページにアップされているので、事前にチェックしていきましょう!

 

動態保存している8000系8111号

まとめ

・東武博物館は東武鉄道の電車や歴史を見て触れて学べる施設

・見どころは「SLショー」「パノラマショー」「ウォッチングプロムナード」

・お子さん連れでも安心!昼食は持参がおすすめ!

・平日は空いている、土日もすごく混んでいるわけではない

 

電車好きにはたまらない東武博物館は、都内の穴場お出かけスポット。

あまり電車に興味がないお母さんや女の子も、迫力と臨場感を体験したら楽しめること間違いありません!

ぜひ家族で足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました