【大雪対策保存版】雪かきのコツの疑問解決!お湯はNGなの?凍結している場合は?雪かきのタイミングは?

スポンサーリンク
雪遊び・雪・氷
スポンサーリンク

雪かき・除雪のコツを知っていると、それだけで雪かきがとても効率的に進みます。

経験がないと、意外と間違った方法を取ってしまいがちです。

間違った方法を行えば、事故や怪我、故障などを引き起こしてしまうので、ぜひ、事前に知っておいてください

今後は、異常気象で雪かきが全国的に一般的となる日が来るかもしれませんね。

スポンサーリンク

雪かきのコツの疑問! その1:お湯を使ってはいけないって本当?

お湯をかけると、あっという間に雪を除去できる気がしますよね。

10cm程度なら、それもありですが、その後にまた雪が積もりそうな状況であれば、水がそのまま凍結して危険な状態になることもあります

ツルツルのスケートリンクが出来上がりますよ。

さらに、お湯をかけたとしても溶けるのは、ほんの一部の雪だけなので、効率がとても悪いです。

水になった雪は急激に冷やされるので、氷となってしまいます

雪だった部分が氷になってしまうと、雪かきがさらに大変になるので、お湯は使わないようにしましょう。

車にお湯をかけがちですが、膨張してガラスが割れてしまう恐れもあります。

さらに、大量のお湯が必要となりますし、時間を置くと、凍ってきてしまうので、お湯だけで溶かすのは物理的に不可能だと思います。

雪かきのコツの疑問! その2:凍結している場所や凍っている場所の対処方法は?

雪は車が何度も通ったり、人が歩くことで、溶けては固まるを繰り返して、氷状態で固まるアイスバーンという現象になりやすいです。

こうなると、通常の雪よりも、除去が難しくなります。

こうなってしまったら、一番手っ取り早いのは、融雪剤をまくことです。

これをまくと、即効性があるので、すぐにシャーベット状になって、雪を取り除きやすくなります。

ただ、多くの融雪剤には、塩が入っているので、コンクリートや車などを腐食させてしまいます。

コンクリートならひび割れてくることがありますし、車ならサビてしまい可能性があります。植物の近くであれば、塩害によって枯れてしまうでしょう。

なので、融雪剤を選ぶ際は無塩のものを探すようにしましょう。

他には、ピッケルを使う方法があります。

別名、つるはしですね。

ピッケルで氷を割って細かく砕くことで溶けやすくできます

スコップで叩き割ろうとすると、手が痛くなりますし、スコップが曲がってしまうこともあるので、ピッケルを一つ用意するといいでしょう。

雪国の必須アイテム!三種の除雪グッズ(ママさんダンプ・除雪機HS760)

雪かきのコツの疑問! その3:雪かきの最適なタイミングはいつ?

雪かきを行う最適なタイミングは、いくつかありますが、まずは雪が止んだ時です。

雪が積もって時間が経つと、雪が硬くなってしまうので、積もってすぐの柔らかいうちがベストです。

さらに、出かける前ならば、雪がない時の起床時間の2時間前が良いでしょう。

車の周りや車の雪かきならば、2時間前で間に合います。

さらに、もしも雪が止まない状態でも、だいぶ雪が積もっている場合は、早めに雪かきを始めましょう

そうしないと、雪かきができない量になってしまう場合もあります。

10cmでも積もったら、雪かきを始めた方がいいですよ!

一番いいのは、就寝前に一度雪かきをしておいて、起きたらまた雪かきを行うパターンです。

雪かきのコツの疑問! その4:塩をまくと雪が早く溶ける?

雪が積もりにくい場所ってありますよね。それは融雪剤を撒く道路ですよね。

この融雪剤は、塩化カルシウムなんだそうです。

つまり、です。

現在は、安く上げるために本当に塩を撒いている場合も多いんだそうです。

なので、家の周りで雪が積もってほしくない場合は、ぱらっと塩を撒いておけば大丈夫なんです!とても簡単でしょう?

なぜ、塩を撒いただけで雪が積もりにくくなるのかというと、塩を撒くと、水を凍らせる凝固点が下がります。マイナス15度以下にならないと、塩水は凍らないんです。

なので、0℃前後くらいしか温度が下がらない地域では、塩を撒いておくことで、積もった雪が次々に溶けていくので、塩水が留まることとなり、いつまで経っても雪は積もらないんです。

ただ、塩を撒く方法は、庭など植物の近くでは行わないようにしましょう。

植物を枯らせてしまいますよ。

まとめ

雪国育ちであれば、知っている雪かきや雪に関する知識でも、普段、雪に慣れていない人は知らないことだらけで、適当にやってしまい、失敗することも多々あります。

雪かきした雪はなるだけ日当たりが良い、アスファルトやコンクリートの上に置くようにしましょう。

また、早めに雪かきの道具を揃えておくようにしましょうね。

雪国ではない場合は、あっという間に売り切れてしまいますから、見つけたら買っておくといいでしょう。

よく読まれている記事
雪遊び・雪・氷
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました