玄米の賞味期限は?未開封だと4年以上保存可能?保存場所は冷蔵庫?

スポンサーリンク


玄米と言えば、健康に良いと言われ、健康オタクの間では定番の食材ですよね。
人気があるので、最近は結構、手に入りやすいと思います。


そんな玄米は栄養価だけじゃなく、賞味期限に関しても、白米より優れています。
今回は、とっても便利な玄米の取り扱いについてご紹介しましょう


スポンサーリンク

ダイエットに玄米が効くらしい!?そもそも「玄米」とは?

まず、精米前のお米が玄米ですよね?
玄米は白米よりも健康に良いと言われ、健康に気を使っている人を中心に好んで食べられています。
なので、農家ではなくても、玄米が家にある人も最近は多いことでしょう。


玄米に含まれる栄養価とその効果

そんな玄米にはどんな栄養価が詰まっているんでしょうか?


まず、玄米には白米の5倍の食物繊維が含まれていると言われています。しかも、水溶性と不溶性のどちらもバランスよく含んでいるので、便秘に効果的だそうです。ビタミンB群が豊富なので、代謝がよくなり、美容面からも魅力的な食材と言えます。


また、玄米を食べ続けると、血糖値が上がりにくくなり、糖尿病予防ができるほか、高脂肪の食事を食べたくなくなるという効果があると言われています。


ダイエットに良い食材と言われる玄米ですが、その理由として血糖値が上がりにくいために、インスリンが出にくくなり、中性脂肪を貯め込みにくくなります。


また、玄米は白米よりも固いために、よく噛まないといけません。このため、少量でも満腹感を得やすく、腹持ちがいいので間食や食事量を抑えることができます。


気を付けたいポイント

ただ、ミネラルを排出させてしまう成分が含まられているので、鉄分や亜鉛、銅が不足しがちになるので、ビタミンCと共に意識的にミネラルを摂取する必要があります。


また、アブシジン酸という毒性があるので、発芽させたり、しっかりと浸水させたものを食べるようにしましょう。この毒性には低体温や免疫力低下、不妊症などを引き起こす可能性があります。


玄米の炊き方(玄米100%の場合)




玄米の賞味期限は4年?いつまで美味しく食べられる?

玄米は、精米前のお米なので、白米よりも長期保存に向いており、約1年は持つと言われています。ちなみに、白米の場合は最長でも3か月が限度だと言われています。


ただ、1年と言っても、きちんとお米にあった保存方法で保存した場合に限ります。白米と同じように、温度が高いところや湿度が高いところでは劣化が早まってしまいます。


家のどこで保存する?

一番いい保存場所はやはり冷蔵庫の野菜室です。ただ、この場合は容器に結露ができないように時々、玄米の状態をチェックしておくのが大事です。


他には、虫に注意しながら、床下収納にするのもいいでしょう。この場合も時おり、状態をチェックした方がいいでしょう。虫よけとして、とうがらしを入れておくといいと言われていますよ。


玄米の恩恵を最大限に受けられる炊き方



玄米の正しい保存方法は?冷蔵庫?常温?


長期間良い状態で保存するためには、湿度を低く、温度も低く保つのが重要です。なので、冬なら寒い廊下などでも大丈夫でしょうが、夏や梅雨の時期には冷蔵庫の野菜室に入れて保存するのがベストでしょう。


冷蔵庫のベストポジションは温度が少し高めの野菜室が良いですが、普通の冷蔵庫でも問題ないそうです。



常温で保存する場合は、なるだけ早く食べきるようにしましょう。夏場であれば2週間以内であり、冬場でも2か月以内といわれています。春と秋ならば、1か月程度でしょう。


ちなみに、開封前であれば大丈夫と考える人も多いでしょうが、お米の袋には穴が開いているのが一般的なため、開封していなくても酸化による劣化のスピードは変わりません。なので、常温で保存するよりも、冷蔵庫で保存するのを強くお勧めします。


玄米から異臭が。。。。食べられる?捨てるタイミングは?


玄米だって湿気が多い場所にあれば、黒や緑色に変色したカビに覆われてしまいます。ただ、色が付いたカビが生えていれば、一目で食べられないことが分かりますね。


カビが生えているかチェックする方法

でも、カビには一目ではよく分からない色の物もあります。そういった場合は、玄米を洗った際に水が黒く濁っているかどうかで判断してください。黒く濁っていれば、カビが生えている証拠ですので、食べない方がいいでしょう。


カビには根っこがあるので、洗い流したくらいではなくなりません。昔は洗ったり、カビが生えた部分を切り落として食べていたと思いますが、危険なのでもったいないですが廃棄しましょう。


保存している容器内に虫が!

さらに、気を付けないといけないのが虫ですね。玄米に湧く虫として、定番なのがコクゾウムシです。この虫は飛んで来る虫であり、玄米の中に卵を産んで、中で幼虫は大きくなります。3ミリくらいの大きさになると、米粒から外に出てきます。


なので、複数の虫が容器内にいると、米粒の中にも虫がいる可能性があります。ただ、この虫を食べてしまっても健康被害が発生することはまれです。


でも、個人差がありますが、アレルギー反応が出る場合もあるので、あまりにも多くの虫が湧いている場合は、食べるのを控えた方がいいでしょう。


【最後に】


玄米は白米と変わらないカロリーですが、白米よりも高い栄養素をもつ食材なので、日常的に白米と混ぜて食べるのが良いと言われていますね。


最近では5分や7分などの精米も販売されていますね。玄米よりも食べやすく、炊きやすいので、初心者はここから始めるのもいいでしょう。ぜひ、日常の食事に玄米を取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です