大根焚きといえば京都千本釈迦堂!みどころまとめ?了徳寺の大根焚きと何が違う?

スポンサーリンク


京都の各地で行われる冬の風物詩「大根焚き」。他の地域ではあまり見られない京都独特の行事です。この大根焚きは健康増進の効果があるとされているようです。


ではなぜこの大根焚きが健康に良いとされているのか、いつどこでやっている行事なのかなどについて見ていきたいとおもいます。


スポンサーリンク

12月の京都といえば「大根焚き」!どんな行事?


大根焚きってなに?

大根焚き(だいこだき)とは、京都各地のお寺で行われます主に11~12月に多く、まれに1月や2月にも行われています。大根焚きの時期が来ると「ああ冬だなぁ」と京都の人は感じる古くから生活に根付いた行事です。


文字通り焚いた大根を振舞います。お寺ごとに由来が違いますが、冬の寒い時期に温かく煮た大根を食べると風邪をひかないという厄除けの意味があるようです。


お寺によって味が違う!?

由来も違えば味も違うのが大根焚きです。塩味、醤油味、大根と一緒に油揚げを煮ていたり。お寺ごとに特徴が出ます。煮た大根を振舞うだけでなく、梵字(魔除け文字)が書かれた生大根も買うことができます



京都の大根焚きといえば!千本釈迦堂!


千本釈迦堂は幾多の戦火に耐え抜き、1227年の創建当時のまま本堂が残っている京都市内最古の国宝木造建築物として有名です。


梵字を書いた大根を祈祷し、それを油揚げと一緒に煮たものには諸病除けの効果があるといいます。御釈迦様が悟りを開いたとされる12月7日、8日に毎年大根焚きが行われます


千本釈迦堂が大根焚き発祥といわれています。境内では梵字が書かれた生の聖護院大根(丸大根)も販売されています。


千本釈迦堂の大根焚き

住所:京都市上京区今出川七本松上ル

日時毎年12月7日8日 10:00~16:00

料金1杯1,000円

:昆布だしの薄味で小ぶりの油揚げ入り
※2日間で7,000食分を用意


『大根焚き』千本釈迦堂



京都の大根焚きといえば!了徳寺!


親鸞聖人が了徳寺を訪れた際に、教えを説きそれに感銘を受けた村人たちがお礼にと塩炊きの大根をご馳走したことがはじまりとされています。毎年12月9日10日に行われ、この大根焚きを食べると中風にならないとされています。

(中風とは、脳出血などによる半身不随や麻痺のこと)


了徳寺の大根焚き

住所:京都市右京区鳴滝本町83

日時毎年12月9日10日 9:00~16:00

料金大根焚き1,000円、おとき(大根焚きにかやくご飯と大根のお浸しのお弁当付き)1,600円

:伝統の塩と醤油で味付け。大きい油揚げ入り
  京都府亀岡市篠町産の青首大根を使用
 ※2日間で大根3,000本分を用意


了徳寺の大根焚き



京都の大根焚きといえば!三千院!


2月の初午の日周辺に数日間行われます。拝観料は700円必要ですが、大根焚きは無料で振舞われます。「幸せを呼ぶ大根焚き」と銘打って無病息災、開運などのご利益があるとされています。


三千院の参道にある「味工房 志野」という調味料屋さんが作っている出汁で炊かれています。料亭のような上品な味と評判です。お店で出汁と大根をセットで売っているので、自宅でも大根焚きが再現できますよ。


三千院の大根焚き

住所:京都市左京区大原来迎院町540

日時2018年2月9日~12日 9:00~16:30

料金大根焚きは無料(拝観料700円)

:5センチ以上の分厚い大根がドンと1切れ。出汁の効いた醤油味。
  地元 大原で有機栽培された大根を使用
※期間中10,000食を用意


京都大原三千院!冬の名物「幸せを呼ぶ初午大根炊き」



【まとめ】

大根焚き(だいこだき)とは
京都のお寺に伝わる冬の風物詩
炊いた大根を食べて健康増進、開運、無病息災などを祈願する行事
お寺によって開催日、味付け、御利益が違う


おすすめは、
千本釈迦堂(諸病除け)
了徳寺(中風)
三千院(開運、無病息災)


京都に伝わる「大根焚き」の風習。冬至のカボチャで風邪をひかないという言い伝えに通じるものがありますね。大根煮に約1,000円と考えるとちょっとお高い気がしますが、大根と一緒にお守り(御利益)を買ったと思うとお買い得な気がしますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です