ガソリンの使用期限情報まとめ!携行缶のガソリン・バイクのガソリンはいつまで持つ?

スポンサーリンク
生活の知恵・裏ワザ
スポンサーリンク

よくガソリンも腐ると言いますよね。

2か月も3か月も車に乗らずに放置する人はなかなかいないとは思いますが、古いトラックや2台ある方は車庫の中に放置して忘れることもあるかもしれません。

そんな時に、大抵の場合はガソリンを入れっぱなしにしますよね。

久しぶりに乗る際は大丈夫か気になるものです。

ガソリンにも使用期限があるのか、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

ガソリンにも使用期限があるの?腐ったり、カビたりするの?

まず、結論としてガソリンにも使用期限がちゃんとあります

長期間使わずにいると、腐るような現象がおきます。

一般的に密閉された温度変化の少ない場所で保管した場合は、6か月程度と言われています。

中には、1年以上放置しても大丈夫という意見もありますが、安全圏は6か月程度でしょう。

さて、6か月以上たって異常が発生したガソリンは「腐る」などと表現されますが、これは実際には正しい言葉とは言えません

実際には、ガソリン内の揮発成分が抜けてしまったり、酸素に触れることで酸化したり、タンク内に結露などが発生して水分が混入してしまうことで、劣化していくという方が正しいです。

劣化したガソリンの特徴ですが、通常は赤いガソリンが黄色みがかり、悪臭を発するようになるそうです。

この辺りになったものは、使用しない方が良いでしょう。

携行缶に3ヶ月ぐらい入れっぱなしのガソリンって使える?

最近の大きな災害の影響で、家での備蓄を徹底している家庭も多く、ガソリンに関しても携行缶に入れて備蓄する人が増えました。

ホームセンターなどで購入できる携行缶ですが、車のタンク内で保管するよりも通常良い状態で保管できると思います。

まず、きちんと密閉して空気に触れない状態にすることが大切です。

さらに、温度や直射日光に気を付けて保管すれば、6か月は品質を保つことができます

1年くらいは問題ないと言われていますが、劣化し始める可能性もあるので、6か月ほど経っても使わない場合は、一度入れ替えを行った方が良いでしょう。

6か月経過した携行缶内のものであれば、車に入れても全く問題ないと思うので、破棄せずに普段使いでの入れ替えで問題ないと思いますよ。

X-EUROPE BT-1000 ガソリン 携行缶 の実際の給油

車やバイクのタンクにはいっているガソリンはいつまで使える?

よくあるガソリン放置法として、車やバイクのタンク内に入れっぱなしにするケースがありますね。

この場合は、最初に記載した条件で保存されているとは言えませんね。

温度変化が激しい場所であり、密閉度も高いとは言えないでしょう。

このような状況下にある場合は、6か月の半分である3か月が使用期限と言われています。

実際に放置してしまった人の多くは1年くらいは大丈夫だったという人が多いですが、車に乗る際には一度、ガソリンの状態を見てから使用することを強くお勧めします

劣化した状態のガソリンを使用して車に乗ると、度合いにもよりますが、始動性が悪くなったり、カーボンが溜まりやすく、ドロドロとした状態のガソリンの場合はエンジンに詰まって車の故障を引き起こすのでとても危険です。

バイクのタンク内放置がより危険!

さらに、車よりもバイクのタンク内に放置した方がより劣化が早く危険です。

屋根付きの車庫内にある場合は多少はマシでしょうが、屋外にある場合はタンクに直射日光が当たりやすいので、半分や残り少ない状態でタンク内に3か月以上放置するのは止めましょう

どうしてもタンク内放置する場合は?

車でもバイクでも、タンク内に放置する場合は、満タンにした状態で放置した方が良いでしょう。

結露ができる隙間があれば水分が混入しやすくなるからです。

もしも、タンク内に結露ができてしまった場合は、ガソリンを使用する前に水抜き剤を使用しましょう

水抜き剤を使用する場合は規定値を絶対に守ってくださいね。

やっぱり新鮮なガソリンと古いガソリンだと車・バイクの燃費は違うの?

新しいガソリンの場合は揮発性が生きています。しかし、古くなると、炭酸飲料の炭酸が抜けていくように揮発性がなくなるので、引火性が悪くなります

もちろん、排気も燃費も当然ながら悪くなります

ですが、古いガソリンに新しいものを混ぜたからと言って、その古いガソリンが1年もの程度であれば、燃費に違いは見られないというのが一般的です。

覚えておきたいガソリンの知識

少し話が異なりますが、地域や季節によってガソリンスタンドで販売されているガソリンの性質が異なっているのをご存知ですか?

なので、真夏に入れたガソリンで真冬に走って本来のガソリンの品質を発揮することはできません

なので、燃費を気にするのであればきちんとこまめに使い切って新しいものを入れた方が良いでしょう。

ちなみにですが、車を長期放置した場合には、ガソリンの劣化に加え、エンジンへの給油経路内にたまったガソリンの劣化、バッテリーの劣化もしくは死亡、座席のシートにカビが生えるなどの不調も起こしやすくなります。

特に大きいのは、バッテリーが上がってしまうことです。

ガソリンが劣化するほど放置するとバッテリーが死んでおり、まずすぐに乗ることが難しいでしょう。

乗る機会が減った場合でも、短時間でいいので車を走らせた方が良いでしょうね。

まとめ

ガソリンは長期保存する場合でもタンク内に放置する場合でも6か月から1年でしっかりと入れ替えを行うようにしましょう。

一番、安全なラインは3か月なので、3か月を目途に入れ替えやドライブを行うようにしましょう。

バイクの場合は屋外にあるのであれば、3か月を目途にしっかりとガソリンの総入れ替えを行った方が良いでしょう。

きちんと安全を守ってガソリンと付き合っていってくださいね。

よく読まれている記事
生活の知恵・裏ワザ
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました